留学やプロジェクト活動を通じて、世界と、社会とつながる「昭和女子大学」!その学部や入試情報など

大学

1.Abstraction

昭和女子大学世田谷区の三軒茶屋にある女子大学です。音楽が好きな人なら、大学のキャンパス内にある「人見記念講堂」というコンサートホールを知っているかもしれません。この「人見」というのは昭和女子大学の創設者人見圓吉にちなんだ名前です。学園祭でもこの講堂で大物アーティストのライブが行われます。そして教育面での特徴はアメリカのボストンにキャンパスがあることです。この施設を利用した留学を推奨し、学生の積極的な国際交流を支援しています。今回はそんな昭和女子大学について調べていこうと思います。

2.大学概要

大学のルーツは大正時代にまで遡ります。ロシアの小説家であり教育家でもあるトルストイの理想を掲げ、当初から社会や地域に貢献できる人材育成に取り組むような先進性を持っていました。

2.1 学校の沿革・理念・使命など

大学の前身となったのは1918(大正7)年に詩人の人見圓吉を中心として創設された「文化懇親会」です。これが基となり1920(大正9)年に「日本女子高等学院」が創立されました。戦後にこの課程を引き継いだ「日本女子専門学校」は新学制の下で「昭和女子大学」として組織され現在に至ります。

人見はトルストイの理想とする「愛と理解と調和」に教育の理想を見出していました。[i]「日本女子高等学院」の設立当時にもこの精神は引き継がれています。建学の精神である「世の光となろう」「自らを磨き、互いを尊重し合い、社会や地域に貢献できることを目指すもの」ということであり、更に校訓三則として「清き気品」「篤き至誠」「高き識見」(上品で礼儀正しく、誠実で心豊かな、知性を兼ね備えた女性)を掲げています。[ii]

2.2 著名な業績や有名人

世田谷区と産学連携・協力に関する包括協定を締結しているように、社会や地域との繋がりを重視しています。2016年に設立された昭和リエゾンセンターでは地域の人的支援を活用し産学官連携を推進する機関として、教員・学生の地域研究・活動を推進しています。また、昭和女子大学キャリアカレッジなどを中心に女性の自己実現を支援する活動も行っています。

歴史のある大学ということもあり、多くのOGが研究者や文学者、芸術家、芸能人などとして活躍しています。声優の小倉唯さんやタレントの壇蜜さんもここ昭和女子大学の出身です。またオリンピックに3回出場したライフル射撃選手の稲田容子さん(短期大学部)や射撃選手でリオ五輪に出場した石原奈央子さん、同じくリオデジャネイロでのパラリンピックに出場した水泳選手の森下友紀さんなどスポーツ選手も輩出しています。

3.学部・学科

開校当初は学芸学部のみが置かれていましたが、現在は6学部14学科が置かれ幅広い教育を行っています。多彩なプロジェクト科目で在学中に実践的な力を身に付けることができるのも大きな特徴です。

3.1 学部・学科についての概要

学部は国際学部グローバルビジネス学部人間文化学部人間社会学部生活科学部環境デザイン学部の6つが置かれており、その下に以下の学科が設置されています。

  • 国際学部:国際学科、英語コミュニケーション学科
  • グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科、会計ファイナンス学科
  • 人間文化学部日本語日本文学科、歴史文化学科
  • 人間社会学部心理学科、福祉社会学科、現代教養学科、初等教育学科
  • 生活科学部:健康デザイン学科、管理栄養学科、食安全マネジメント学科
  • 環境デザイン学部環境デザイン学科

3.2 入学定員

各学部・学科の定員は以下の表の通りです。

表1 学部・学科の定員

(髙橋作成、転載は名前・記事名を明記の上で許可)

3.3 キャンパス・周辺地域の環境

世田谷区に位置するキャンパスは、昭和の戦災後から続く歴史あるものです。東急田園都市線の「三軒茶屋」駅から徒歩5分ほどで、渋谷駅からも2駅という非常に便利な立地となっています。渋谷や下北沢には歩いていくこともできるようです。駅の周辺にはお店も沢山あるので食事・生活には困らないでしょう。ただし、駅からの道がやや狭く授業の開始・終了の時間帯は混み合うそうです。キャンパス内には教室棟の他にグラウンドや有名アーティストのコンサートなどが行われる人見記念講堂、昭和小学校や附属の中学校・高等学校もあります。

また、この世田谷キャンパスに州立テンプル大学ジャパンキャンパスが設置され、連携した教育を行うようになりました。カフェテリアなどで様々な国籍の学生と顔を合わせることもあり、学内にいながら国際交流が可能です。更に、大学が所有する施設としてアメリカに「昭和ボストン」があり、学生の留学先としても利用されています。

図1 人見記念講堂の客席
昭和女子大学人見記念講堂HPより)

3.4 学科・専攻

ここでは、各学科の特徴などについて詳しく見ていきます。

  • 国際学部
    • 国際学科
      英語の他に中国語、韓国語、ベトナム語、ドイツ語、フランス語、スペイン語の中から選択して履修し、原則全員が長期留学を経験します。留学中のインターンシップを含むプログラムもあります。学びを通し、複言語で自分の意思を表現する力国際社会を生き抜く複眼的視点・倫理観・責任感・バランス感を身に付けることが目標です。[iii]
    • 英語コミュニケーション学科
      原則全員が長期留学(最大1年半)を経験します。高度な英語リテラシーやリーダーシップ、多様性を受け入れ協調する力などを養うことが目標です。「文化・言語」(文化、言語、英語教育について)と「国際コミュニケーション」(ビジネスとメディアについて)の2つの専攻があり、実践的なスキルを身に付けることができます。[iv]
  • グローバルビジネス学部
    • ビジネスデザイン学科
      全員が昭和ボストンへ長期留学し、ビジネスの基本的な知識を学びます。更にケーススタディや企業との連携事業により実践的な力を養い、グローバルに活躍する人材を育成することが目標です。3年次からは「グローバル・ビジネス」「ICTイノベーション」「ビジネス・デザイン」の3領域に分かれ専門性を高めます。[v]
    • 会計ファイナンス学科:
      高度な会計知識とリーダーシップを身に付け、金融業界や企業の管理部門に中核を担い組織を活性化させるビジネスパーソンを育成します。女子大初となる仮想株式売買シミュレーションの導入などが特徴です。2年次からは「会計分野」と「ファイナンス分野」に分かれ専門知識を深めます。[vi]
  • 人間文化学部
    • 日本語日本文学科:
      日本語と日本文学だけでなく、メディアやサブカルチャーなど幅広い対象から日本の言語文化を研究し、人間の本質を追究することが目標です。日本の言語文化に関連する様々な課題を解決し学びを深めるプログラムや、日本語教育を実践できる海外研修も特徴です。3年次からは「言語コース」と「文学コース」に分かれます。[vii]
    • 歴史文化学科:
      日本と世界の歴史・文化を広く深く学びます。「歴史・地理」と「文化」を横断して学ぶプログラムにより幅広い教養を身に付け、発掘調査や古文書解読、民族調査、更に海外研修などのアクティブラーニングも重視していることが特徴です。学べる専門領域は歴史学、地理学、美術史、民俗学、芸能史、考古学、文化財学と多岐にわたっています。[viii]
  • 人間社会学部
    • 心理学科:
      「認知」「発達」「臨床」「社会心理」の4分野について、基礎を幅広く学んだ後に専門分野を深め、他者や自己を柔軟に理解する力を養います。このため、あえてコース制はとっていません。また、様々なプロジェクトを通して社会の実例を題材に心理学を学べることも特徴の一つです。公認心理士に対応したカリキュラムも展開しています。[ix]
    • 福祉社会学科:
      地方共生社会の実現を目指し社会福祉士や保育士、言語聴覚士などの国家資格取得を目指します。また、実際の現場で課題解決のプロジェクトを行い実践的な能力も養えるのも特徴です。学びの対象は地域、保健医療、国際・多文化福祉、児童家庭福祉の4分野で、「ソーシャルワークコース」と「言語聴覚士コース」に分かれて専門性を高めます。[x]
    • 初等教育学科:
      「小学校教諭+幼稚園教諭」(児童教育コース)か「保育士+幼稚園教諭」「言語聴覚士コース」(幼児教育コース)の2つの免許・資格を取得し教育現場で多用な活躍が出来る人材を育成します。附属校・地域と連携した実践教育カリキュラムにより実際に必要なスキルを身に付け、更に英語教育が可能な語学力も身に付けることができます。[xi]
    • 現代教養学科:
      社会科学分野を中心に「社会構想」「メディア創造」「多文化共創」の3領域を横断的に学び、現代社会の諸問題を探求します。更に国内外のフィールドに出て実際の社会課題を認識・解決するプロジェクト科目で実践的なスキルを身に付けることも可能です。専門分野を社会で活かすためにリテラシーと資格に関連する科目も充実しています。[xii]
  • 生活科学部
    • 健康デザイン学科:
      「食」「運動」「美」の3分野の知識を身に付けた「健康のスペシャリスト」を育成します。4年間で栄養士資格取得と長期海外留学を両立できる点が魅力の一つです。また、様々なプロジェクト活動を通して知識を応用し、実践能力とともにチームワークや責任感なども身に付けることができます。[xiii]
    • 管理栄養学科:
      医療・福祉の現場や研究開発の場、行政などで管理栄養士として貢献する「栄養と食のスペシャリスト」を育成します。グローバルに活躍するための「科学英語」カリキュラムアメリカ栄養士研修の制度、更に実践で専門知識を応用するプロジェクト科目も用意されているのが特徴です。[xiv]
    • 食安全マネジメント学科:
      食に関する科学的知識と食品が生産者から消費者に届くまでの一連の流れ(食品関連企業における研究開発・流通・販売・経営など)を学び食の安全・安心と供給・ビジネスに関わる専門家を育成します。ビジネスコンテストやプロジェクトなどで実践能力を身に付け、ボストンでフードマネジメントを学ぶ留学プログラムもあります。 [xv]
  • 環境デザイン学部 ※生活科学部から独立し、2020年4月に新設された新しい学部です。
    • 環境デザイン学科:
      コア科目で表現力や伝える力、社会を学び、デザイン力とデジタル対応力を活かして社会の課題を解決できる人材を育成します。地域・企業協働の実験・演習で実践力も鍛えられます。専門領域は「建築・インテリアデザイン」「プロダクトデザイン」「ファッションデザインマネジメント」「デザインプロデュース」の4コース制です。[xvi]

3.5 特徴・資格

大学の大きな特徴は3つあります。1つ目は世界とつながるです。テンプル大学との連携により、学内にいながらも国際交流が出来る環境が整っています。国際学部では5年間でテンプル大学の学位も取得できるダブルディグリープログラムが始まりました。また、昭和ボストンや協定大学への留学制度も充実しています。2つ目は社会とつながるです。企業や地域と連携したプロジェクト活動により知識を応用することができます。また「学寮研修」でグループワークを行い、自主性や協調性も身に付けます。3つ目は未来とつながるです。きめ細かいサポートにより、生涯のキャリアをデザインする力を備えることができます。

取得できる主な資格は以下の通りです。学部・学科により異なるもののたくさんの資格を取得するチャンスがあり、社会で活躍するための良い準備が出来るでしょう。

表2 取得可能な資格

(髙橋作成、転載は名前・記事名を明記の上で許可)

3.6 名物行事や教授・講義など

名物行事は学園祭である「秋桜祭(コスモスさい)」です。毎年11月の上旬に開催され、様々な企画が催されています。主な企画としてはクラブ・サークルによるステージでの実演や環境デザイン学科が行うファッションショー、スピーチコンテスト、有志による模擬店やバザー、学科による研究発表などがあります。また、お笑い芸人やアーティストを招いたライブも人気の企画です。そして、一番の目玉は人見記念講堂で行われるライブでしょう。2017年の家入レオさんや2018年のSKY-HIさん、2019年のきゃりーぱみゅぱみゅさんなど大物アーティストが来場し学園祭を盛り上げます。

また、宿泊研修プログラム「学寮研修」も伝統ある行事です。これは「東明学林」(神奈川県足柄上郡)と「望秀海浜学寮」(千葉県館山市)という2つの宿泊施設で、3泊4日のプログラムを学科ごとに毎年行うものです。学生の主体性や協調性、コミュニケーション力を養う目的があり、学生自らが企画から運営まで行う「プロジェクト型学寮」を実施している学科もあります。自然の中でのフィールドワークなど東京では経験できない学びが出来るほか、グループワークやレクリエーションを通して同じ学科の友人との絆を深めることもできる行事です。

学生からの評判が良い授業は、建築家やインテリアコーディネーターの先生が講義しテーマごとにデザイン事例を考える「インテリア計画」、ボランティア活動を実際に行い学んだことを発表する「ソーシャルワークプロジェクト」などがあります。
また、プロジェクト型学習も特徴の一つです。生活科学部の「輝け☆健康『美』プロジェクト」は企業や団体とのコラボを含む授業です。実際に商品の企画・開発やマーケティングを行い、知識を実践に活かすことができます。2019年度のプロジェクトは、日本科学未来館とコラボした「宇宙食のコンセプトから作る次世代メニューの提案と実践」「アサイー&アマゾンフルーツ レシピ開発」などがありました。

この他にも日本語日本文学科の「児童文学プロジェクト」(実用的・魅力的なブックリストの作成・配布など「子どもたちと本をつなぐ」ことを目標としたプロジェクト)、現代教養学科の「社会調査研修」(フィールドワークを行いレポートや報告会で成果を発表する。テーマは東京オリンピックや日本の「地方」、更にドイツの環境問題への取組など様々)、初等教育学科の「アメリカ初等教育演習」(ボストンの小学校・幼稚園・保育園で日本の文化を紹介する活動を企画し実践する)など特徴的な科目があり多彩な学びが経験できます。

4.入試情報

入試制度は多くの種類がありますが、一般入試とAO入試の募集人数が多くなっています。際学のHPに過去問も掲載されているのでしっかり準備して臨みましょう。

4.1 入試種別

受験方式は一般・共通テスト利用型入試、AO・推薦入試、外国人留学生入試、編入・転入・学士入試の4種類です。(この他に指定校推薦や附属校推薦などが別枠で募集されます。)ここでは一般・共通テスト利用型AO・推薦の2つについて書いていきます。

一般入試はA日程とB日程・3月期の3つの日程があり、A日程は世田谷キャンパスの他に仙台・宇都宮・新潟・静岡・福岡・東京駅など全国11会場で実施されます。また共通テスト利用型入試もⅠ期とⅡ期の2日程が用意され、一般方式と英語4技能試験活用方式(国際学科、英語コミュニケーション学科、ビジネスデザイン学科のみ)の2種類があります。

募集人数は一般入試A日程が最も多く、次いでB日程やAO、共通テスト利用型Ⅰ期が多くなっています。

4.2 受験日程/科目/難易度/平均点など

一般入試の日程は、A日程が1月の下旬、B日程が2月の上旬、3月期入試が3月の上旬となっています。A日程は2~3科目、B日程と3月期は2科目の得点により選抜され、国際学部(英語が必須)や人間文化学科(国語と英語が必須)など学科によっては選択科目に制限があるので注意が必要です。

2020年度までのセンター試験利用入試ではⅠ期、Ⅱ期ともにセンター試験2教科2科目の得点により評価されました。共通テスト利用型入試でも同じ方式が採られる予定です。学科により成績を採用する科目が異なるので注意してください。英語4技能試験活用方式は英検やTOEFL、TOEICなど英語検定試験の基準以上のスコアを有している人のみ出願でき、大学入学共通テスト1科目の点数により選考されます。

AO入試1次選考が10月中旬に、2次選考が10月下旬に行われます。1次選考は調査書などの書類審査に加え、小論文レポート適性テスト等です。合格者が2次選考に進み、小論文や適性テストなどの筆記試験と面接の結果により選考されます。

公募制推薦入試11月の下旬に行われ、書類審査小論文適性テスト面接が評価基準となります。

偏差値を学科ごとに見ていくと、ビジネスデザイン学科や現代教養学科、心理学科、国際学科で高くなっています。同じ女子大である大妻女子大学や津田塾大学、東京女子大学と同じくらいの難易度と言えるでしょう。また、センター試験利用入試のセンター試験得点率は約80%~88%となっています。

5.学費・奨学金制度

各学科の学費は以下の通りです。1年次の1年間に必要な額はおよそ140万円で、生活科学部などは比較的高くなっています。

表3 学費

(髙橋作成、転載は名前・記事名を明記の上で許可)

奨学金制度は、日本学生支援機構奨学金民間企業などが主催する奨学金など学外奨学金の他に、学内奨学金も充実しており、学生の学業の向上を支援しています。

表4 主な奨学金制度

(髙橋作成、転載は名前・記事名を明記の上で許可)

6.学生寮

学生寮「昭和女子大学学生会館」はキャンパスに隣接する土地にあります。三軒茶屋駅から徒歩5分という便利な立地にあり、周辺には商店街もあるので買い物などには困らないでしょう。収容定員は131名で、1人部屋・2人部屋・3人部屋の3種類の部屋があります。部屋に机やベッドなどの家具の他キッチンやユニットバス、トイレも付いているので必要最低限のものだけで生活できます。費用は室料・管理費・光熱費などを合わせ月額75,000円~90,000円です(部屋の種類により異なります)。門限などの規則はあるものの、協調性などを身に付けることができるでしょう。

この他にも賃貸物件の業者と提携し、安全な女子学生向けの賃貸アパートやマンションも紹介しています。

7.進路実績

2019年卒業生の就職率は99.3%とかなり高い数字になっています。また学科によっては専門的な知識を活かせる職種に就く卒業生も多く、在学中から社会とつながりを持つことでこのような実績を残すことができているのでしょう。

7.1 進学・就職実績

学科ごとに就職状況を見ていくと就職率(就職希望者に対する就職者数の割合)が100%になっている学科も多くあります。また、進路となる業種は多くの学科で総合職や一般事務職、次いでシステムエンジニアや営業・販売職が多い一方、その中で、客室乗務員・サービス業の割合が比較的高い国際学科や英語コミュニケーション学科、保育士・福祉職・医療ソーシャルワーカーが多い福祉社会学科、教員・保育士が多い初等教育学科、栄養士・管理栄養士の多い健康デザイン学科と管理栄養学科、建築技術・製図職の多い環境デザイン学科などの特徴的な学科もあります。

大学院等に進学する学生は合計30人程度とそこまで多くはありません。その中では心理学科や環境デザイン学科から大学院に進学する卒業生が比較的多くなっています。

7.2 大学院・研究機関の概要

大学院には文学研究科と生活機構研究科があり、各研究科には以下の専攻が置かれています。また、大学院は男女共学となっています。

  • 文学研究科:日本文学専攻、英米文学専攻、言語教育・コミュニケーション専攻、文学言語学専攻
  • 生活機構研究科:生活文化研究専攻、心理学専攻、福祉社会研究専攻、人間教育学専攻、環境デザイン研究専攻、生活科学研究専攻、生活機構学専攻

入学定員は全部で85名、学生数は83名という小規模な大学院です。また、大学・大学院に附設する研究機関として、現代ビジネス研究所現代教育研究所近代文化研究所女性文化研究所国際文化研究所生活心理研究所女性健康科学研究所の7つが置かれており、地域・社会に研究成果を発信しています。

8.大学の雰囲気/メリット/体験談

7章で就職率の高さを紹介しましたが、この就職率の要因となっているのが充実したキャリア支援です。キャリア支援にも3種類があります。一つ目の「キャリア教育」は授業を通して人生設計の力を身に付けるものです。全学科共通でキャリアコア科目を設置し、入学直後から働き方のロールモデルや企業と社会のルールなどキャリアに関する知識や経験を体系的に学ぶことができます。またプロジェクト活動などで実践的なスキルを身に付けられるのも特徴でしょう。2つ目の「キャリア支援プログラム」は一人ひとりに合わせたキャリア支援の在り方です。面接対策や業界研究など年間150以上の就職活動支援講座が開講され、個別面談では個人の状況に応じキャリアカウンセラーが的確なアドバイスを送ります。またインターンシップも単位として認定しており、多くの学生が就職に役立てています。3つ目は「社会人メンター制度」です。これは豊富な社会経験を持つ女性メンターとキャリアプランやライフスタイルについて相談できるもので、メンターとの交流を通じ将来の自分の姿を具体化することができます

立地と学内の環境も大きなメリットと言えそうです。最寄り駅の三軒茶屋周辺はとても賑わっており、一人暮らしの学生が住みやすいだけでなく、カラオケ店などもあるため遊びに行くのにも困らないでしょう。また、世田谷区には大学が多く、他の大学のサークルにも参加しやすいため人脈を広げることができます。周辺の大学(国士舘大学、駒澤大学、成城大学、東京農業大学、東京都市大学)と協定を結んでおり図書館を利用することができるので学びを広げることもできます。また、人見記念講堂で行われるウィーン少年合唱団やオーケストラの公演なども格安で鑑賞できるそうです。

学科にもよりますが、留学しやすい環境も整っています。ボストンのキャンパスで「英語漬け」の生活を送ることで英語の実力を大きく上げることができます。また、大学の所有する施設ということもあって日本語の通じるスタッフもおり、万が一の事態が起きた時でも安心です。海外でのボランティアやインターンシップが経験できることもあり大きな財産となることでしょう。

クラス制であり、友人はそこで充実させることができます。女子大ということもあって非常に仲は良くなります。穏やかな学生が多く、アットホームな雰囲気が流れているようです。また、学寮研修やボストンへの留学などを通して更に仲良くなることができるでしょう。授業によっては他の学科の友人もできるそうです。クラブ・サークルの種類はそこまで多くなく活動は余り活発ではないそうですが、インカレサークルに入れば人脈も広がることでしょう。恋愛はバイト先やサークルから始まることが多いとのことです。

学科によっては授業や課題、更に留学などで忙しい生活を送ることになるかもしれません。しかし、じっくりと学び様々な実力を身に付けることで就職、そして社会に出た後に成功できる可能性を高めることができるでしょう。

 

参考

この記事を書いた人