頑張る受験生へ!勉強のやる気が出る映画9選

特集

日夜勉強に励んでいるみなさま、本当にお疲れ様です

毎日何時間も勉強していると、いくら「勉強するぞ!」と思っていても、なかなか集中力の続かない日ってありますよね。筆者は大学受験勉強をする際、やる気が出ないときは映画やドラマを観てモチベーションを上げつつ、息抜きをしていました。

今回は「勉強のやる気が出る!映画特集」と題しまして、以下の3つのテーマに沿う映画をご紹介します。 

 

  1. 受験生が主人公の映画
  2. こんな大学生・社会人になりたい!と思える映画
  3. 元気が出る・前向きになれる映画 

 

 中には筆者が大学受験の際に何度も見返してやる気をもらっていた映画もあります。たまには映画で息抜きをして、明日から頑張ってみるのも良いのではないでしょうか?紹介した映画を観て、みなさんが元気になってもらえたら嬉しいです。 

 

1.受験生が主人公の映画 

キューティ・ブロンド2001 

製作国/アメリカ 上映時間/96分 ジャンル/コメディ 

視聴可能なサービス/U-NEXT 

監督/ロバート・ルケティック 

キャスト/リース・ウィザースプーンルーク・ウィルソンセルマ・ブレアら 

あらすじ 
裕福な家庭に育ち、美容とファッションが大好きな女の子エル。ところが恋人で政治家志望のワーナーから「髪の毛がブロンドすぎて政治家を目指す僕の妻にふさわしくない」と振られてしまう。エルは持ち前のポジティブシンキングで猛勉強を始め、ワーナーの通うハーバード大学の法学部へ入学。しかし再会したワーナーは、すでにヴィヴィアンと婚約していた。 

見どころ・感想 
なんと言ってもエルの持ち前のポジティブさに元気をもらえること間違いなしです。恋もオシャレも勉強も諦めない前向きなエルを見ていると、「自分も何かを頑張りたい!」という気持ちになれます。1時間半ほどでサクッと見られるのもオススメポイントです。 

 

ビリギャル2015) 

製作国/日本 上映時間/117分 ジャンル/ドラマ 

視聴可能なサービス/Amazon Prime VideoU-NEXT 

監督/土井裕泰 

キャスト/有村架純伊藤淳史野村周平ら 

あらすじ 
名古屋の女子校に通うさやかは、毎日友達と遊び放題。このままでは大学への内部進学すら危ういと心配した母・ああちゃんはさやかに塾へ通うことを提案する。そこで出会った塾講師の坪田とさやかは打ち解け、さやかは慶應大学を目指すことに。しかしさやかは偏差値30の学年ビリ。果たして無事慶應大学に合格することができるのか? 

見どころ・感想 
偏差値30から必死に勉強を頑張るさやかを見ていると、一緒に勉強を頑張っている気持ちになれます。ところどころでクスッと笑えるジョークもあり、泣ける家族ドラマもあり、2時間で十分満足できる作品です。筆者は大学受験の際にこの映画を繰り返し観ていました。映画を観終わってから、主題歌であるサンボマスターの「可能性」を聴けば、勉強が捗ること間違いなし! 

 

「レディ・バード」(2017) 

製作国/アメリカ 上映時間/93分 ジャンル/青春ドラマ 

視聴可能なサービス/レンタルのみ 

監督/グレタ・ガーヴィグ  

キャスト/シアーシャ・ローナンローリー・メトカーフティモシー・シャラメら 

あらすじ 
2002年、カリフォルニア州サクラメント。都会の大学に行きたいクリスティンは、地元の大学に行かせたい母親と大げんかに。高校最後の1年、友情に恋に家族に進路に、悩める17歳の心情を描いた感動作。 

見どころ・感想  
多感な高校生の時期、悩めるクリスティンに思わず共感してしまう作品です。特に田舎から都会の大学に進学したいと考えている人にオススメで、家族との折り合いのつけ方や、苦悩しながらも恋や友情に対する答えを見つけていくクリスティンから多くのことを学べる映画だと思います 

 

2.こんな大学生・社会人になりたい!と思える映画

ソーシャル・ネットワーク」(2010 

製作国/アメリカ 上映時間/120分 ジャンル/ドラマ 

視聴可能なサービス/Netflix 

監督/デヴィッド・フィンチャー  

キャスト/ジェシー・アイゼンバーグアンドリュー・ガーフィールドジャスティン・ティンバーレイク 

あらすじ 
世界最大級のSNSであるFacebookを創設したマーク・ザッカーバーグ氏がハーバード大学在学中のFacebook創立からサービスを成功させるまでの実録物語。 

見どころ・感想 
「セブン」や「ファイト・クラブ」のデヴィッド・フィンチャー監督作というだけあって、見直すたびに新しい発見があります。社会的成功と友情や恋愛、自分にとって大切なのは何か?と考えさせられる作品です。アメリカのキャンパスライフを体験してみたい方にもオススメです。 

 

きっと、うまくいく」(2009 

製作国/インド 上映時間/170分 ジャンル/コメディ 

視聴可能なサービス/Amazon Prime Video, hulu, U-NEXT 

監督/ラージクマール・ヒラニ  

キャスト/アーミル・カーン, R・マーダヴァンシャルマン・ジョシ 

あらすじ 
エリートが集う超難関大学への入学から10年に渡って、親友3人が紡ぐ笑って泣けるエンターテイメント。主人公のランチョーは超がつくほどの自由人。親友たちと奇想天外で最高な大学生活を過ごし、なんとか卒業したが、ある日突然姿を消してしまう。そんなランチョーを探し親友たちが旅に出る。 

見どころ・感想 
3時間という長さですが、とにかく時間を感じさせないほどの楽しさ!!思わずおぉ〜〜っと言いたくなってしまうようなトンチの数々、そして再会のシーンでは誰もが号泣してしまうでしょう。見終わったあと最高に元気が出る映画です! 

 

プラダを着た悪魔」(2006 

製作国/アメリカ 上映時間/110分 ジャンル/ドラマ 

視聴可能なサービス/huluU-NEXT 

監督/デヴィッド・フランケル  

キャスト/メリル・ストリープアン・ハサウェイエミリー・ブラント 

あらすじ 
ジャーナリストを目指してニューヨークへやって来たアンディは、オシャレに全く興味のない女性。ひょんなことから一流ファッション誌のカリスマ編集長、ミランダのアシスタントになったアンディは、仕事に奮闘する中で自分の人生について考え始める。 

見どころ・感想 
私は中学生から高校生にかけてこの映画が大好きで、何度も何度も鑑賞しました。オシャレなファッションやきらびやかなファッション誌の世界が素敵なのはもちろんですが、この映画は「働くことは、人生の中で一体どのような意味を持つのか?」という問題を提起します。ラストシーンでアンディがする決断も、大人になる程見方が変わる味わい深い映画です。 

 

3.元気が出る・前向きになれる映画

「イエスマン ”YES”は人生のパスワード」(2008) 

製作国/アメリカ 上映時間/104分 ジャンル/コメディ 

視聴可能なサービス/U-NEXT 

監督/ペイトン・リード  

キャスト/ジム・キャリーズーイー・デシャネルブラッドリー・クーパーら 

あらすじ 
何事にも「ノー」と答える銀行勤務の主人公・カール。とあるセミナーに誘われ、勇気を出して行ってみると「意味のある人生を送るための唯一のルールは、すべてのことに『イエス』と言うだけ」と説かれる。初めは疑心暗鬼なカールだったが、あらゆることに「イエス」と答えた途端、カールの人生が変わり始める。 

見どころ・感想  
ポジティブシンキング、フットワークの軽さが人生にいかにプラスに働くかということを、これでもか!というほどにデフォルメして描いた作品。ご都合主義なところもありますが、それもまた映画の良いところ。観たあとは何にでも「イエス!」と答えてしまうでしょう。 

 

スクール・オブ・ロック」(2003 

製作国/アメリカ 上映時間/110分 ジャンル/コメディ 

視聴可能なサービス/Amazon Prime Video, Netflix, huluU-NEXT 

監督/リチャード・リンクレイター  

キャスト/ジャック・ブラックジョーン・キューザックマイク・ホワイト 

あらすじ 
所属するロックバンドをクビになってしまった主人公デューイは、友達になりすまして名門小学校の臨時教師になる。彼が子どもたちに教えたのは、数学や社会ではなく、「ロック」だった。バンド・コンテストを目指して駆け抜ける青春コメディ。 

見どころ・感想 
最初から最後まで最高の映画です。デューイは家賃も払わずロックに夢中なだらしないおじさんなのかと思いきや、子どもたちを褒めて伸ばすのがとっても上手。観ているこちらまで褒められているような気分になります。きっとデューイとともに経験したことは、大人になっても子どもたちの記憶に残り続けるでしょう。そんなキラキラした気持ちをくれる作品です。 

 

「ドリーム」2017 

製作国/アメリカ 上映時間/127分 ジャンル/伝記, ドラマ 

視聴可能なサービス/レンタルのみ 

監督/セオドア・メルフィ  

キャスト/タラジ・P・ヘンソンオクタヴィア・スペンサージャネール・モネイ 

あらすじ 
1962年、アメリカで初の有人地球周回飛行であるマーキュリー計画を成功させたNASAの黒人系女性スタッフを描いたヒューマンドラマ。 

見どころ・感想 
黒人差別や性差別によって虐げられながらも、実力で上層部をギャフンと言わせてしまう3人を観られるのが最高に楽しいです。宇宙に関する研究開発をテーマとしているので難しそうなイメージがあるかもしれませんが、内容は誰でもわかりやすく楽しめるエンターテイメントとなっています。 

この記事を書いた人