適度な距離感が攻略のコツ!過去問のオススメの使い方と使い始めるべき時期とは

大学受験

過去問はもっているか? 

読者諸君の中には、高校3年の受験期に突入して第一志望校の問題傾向を捉えるためにも赤本や青本などといった過去問を購入した者もいるだろう。高校3年でなくてもモチベーション維持の意味を込めて持っている者もよく見かける。

過去問をもって勉強意欲を高めるのは大いに結構なのだが、はたして諸君は過去問とうまく付き合っていけているだろうか。

今回の記事では過去問のもったいない使い方や、実際私がどう過去問を利用していたのか等過去問に関する扱い方のポイントを述べていこう 

「買ってすぐ解き始める!!」はもったいない 

第一志望校の過去問を手に入れると、「早く解いてみたい!」という気持ちが出てくるのも分からなくは無いが、そこで手当たり次第に問題を解くのは非常にもったいない。理由は主に2つある。

ひとつは、いざ受験直前期になって過去問の傾向をつかもうという時に問題に対する既視感が生まれてしまい、新鮮な印象が薄れてしまうからだ。「この問題は以前にやったことがあるから、やらなくても良いだろう」という問題が直前に多くなってしまっては、つかめる傾向もつかむことが出来ない。新しい問題に対する新鮮な感覚は1度しか味わえないのだから、直前に取っておきたいものだ。

もうひとつの理由は、直前期以外ではまだ自分の問題を解く力が不足しているからだ。問題の傾向をつかむというのは過去問を解く上で重要な意義のひとつだが、傾向は解説を見ただけでは印象が薄い。自分で問題が解けてこそ、最大の傾向に対する印象を受けられるのである。

「自分が解いた解法でも解く事は出来たが、大学が公表していた解法はより体系的だった」という私の実体験を踏まえても、やはり実力が伴わないうちに過去問を手当たり次第解いていくのはオススメしない。しっかりと時期とポイントをおさえた付き合いかたが重要である。 

正しい過去問との付き合いかた 

では過去問とはのように付き合っていったら良いのだろうか。私の思う過去問を解く意義とともにそれを述べていこう。私が思うに、過去問を解く意義には2つあると思っている。 

過去問を解く意義① 自分と志望大学との距離感を知る。 

自分が今志望校のどの程度のレベルまで到達できているのか、受験生全体のどの層にいるのか知ることは非常に有用である。その情報を最も簡単に得られるのは過去問だ。

ただし、前述したようにその情報のためだけに何年分も適当に解くのは効果的でない。これは1年分、特に2年前の過去問解く事をオススメする。なぜ2年前のものを採用するかは私の具体的な例の章で解説しよう。 

過去問を解く意義② 志望校の問題傾向を知る。 

自分が志望校の問題の解き方に順応しているか、同じような問題が本番に出題された際に確実に得点出来るかはそのまま合否に直結する。従って過去問を使ってそのような実力を身につけていく事は非常に重要である。多くの読者はこの点については良く理解しているだろう。

では、この意義に基づくと、過去問はいつ始めるのが良いのだろうか。私個人としては、「2ヶ月前」を強く推す。理由は後の具体例で説明しよう。 

私の過去問の付き合いかた 

では実際、私がどのように過去問と付き合っていったのか述べていこう。

私は高校3年の4月に赤本を購入した。まず購入した時点ですぐに、2年前の過去問を解いた。なぜ2年前なのか?1年前の過去問は貴重で、最新の傾向情報がつまっているためだ。ゆえにその最新の問題は最後の演習で使うのが最も効果的だ。でもだからといってあまりに古い年の過去問だと傾向が変化している可能性があるため、自分と志望校の距離を測るには不適当である。従って2年前が最適ということだ。

ここで過去問を解いてみた感想だが、全く歯が立たなかった。小問の初めこそ少しは解けたものの、全完した問題は1問も無く自分の実力の不足をひしひしと実感した。そこからしばらくは学校から配布された演習用問題集などを解き進め、12月になると再び手を付け始めた。受験の約2ヶ月前になったからである。

なぜ2ヶ月前なのかというと、それが受験本番に間にあうギリギリのラインだからだ。さすがに1ヶ月前では過去問を満遍なく解いて志望校の傾向を知りつくすのは無理がある。傾向を知るには同じ問題を何回か解いて理解しなくてはならないから、最低2ヶ月は必要だろう

具体的にどう問題と向き合ったかというと、まず一通り自分なりに過去問を解いてみる。解けない問題や、自分の解き方とは違う解法があったらノートにまとめ、再び時間をおいて解く。これを繰り返すという方法だ。他にも志望校の過去問に関する情報がネットや雑誌などで手には入ったらメモしておく。とにかく、つかめる情報はつかんでおくのだ。

たとえば、私の第一志望校は数学において確率が毎年出題されていたので、確率に関しては特に力を入れて演習に臨んでいた。知っているのといないのでは大きな違いだろう。そうして得た情報のノートは受験本番にも持って行き、直前に確認する資料として大いに役に立った。 

まとめ 

今回の記事では、過去問を上手く扱うにはどうすれば良いのかについて述べた。過去問はもっているだけでモチベーション維持になるが、それだけでは宝の持ち腐れになってしまう。

過去問は自分と志望校との距離を最も簡単かつ正確にしれる有効な参考書である。正しい距離感を抑えて、ポイントをしっかり守って過去問と付き合っていってほしい。 

この記事を書いた人