幅広い分野と140年もの歴史を誇る「大阪市立大学」!その学部や入試情報など

大学

1.Abstraction

大阪市立大学140年以上の歴史のある大学である。日本で初めてできた市立大学であり、加えて商科大学であったことから、国立大学である一橋大学、神戸大学と共に旧三商大のひとつに数えられている。略称は市大や大阪市大、OCU(Osaka City University)である。また、大阪府立大学との統合が現在議論されており、2019年には両大学の運営法人を統合して公立大学法人大阪が発足した。2022年度の開学を目指している。現在公立大学の中では2番目の規模を誇るが、さらに大きくなり存在感を増していくであろう大阪市立大学について詳しく見ていこう。

2.大学概要

2.1 学校の沿革・理念・使命

  1. 沿革

    1880年に創設された大阪商業講習所が源流。1901年に大阪高等商業学校の設立、1928年日本初の市立大学として旧制大阪商業大学の誕生を経て、1949年新制大阪市立大学(商・経済・法文・理工・家政)が発足。1953年、法文学部を法学部、文学部に分離。1955年、大阪医科大学を編入し医学部を設置。1959年、理工学部を理学部、工学部に分離。1975年家政学部を生活科学部に改称。

  2. 理念・使命

    大学の普遍的使命「優れた人材の育成と真理の探究の達成に加えて市民の誇りとなる大学・市民に親しまれる大学を目指す。

  • 市民の誇りとなる大学
    • 都市を学問創造の場としてとらえ、都市の諸問題に英知を結集して正面から取り組む。
    • 教育及び研究の成果を都市と市民に還元し、地域社会及び国際社会の発展に寄与する。
  • 市民に親しまれる大学
    • 都市型総合大学として、都市・大阪の伝統と文化を継承する。
    • 自由で創造的な教育と研究及び高水準の医療を推進する。
    • 市民とともに、都市の文化、経済、産業、医療などの諸機能の向上を図り、真の豊かさの実現を目指す。

2.2 著名な業績や有名人

 大阪市立大学出身の有名人を紹介する。

  • 橋本英朗・・・プロサッカー選手。経済学部。
  • 桂きん枝・・・落語家。
  • 坂根正弘・・・小松製作所会長。工学部。
  • 喜岡浩二・・・カゴメ社長。法学部。

3.学部学科

3.1 学部・学科

 大阪市立大学には商学部、経済学部、法学部、文学部、理学部、工学部、医学部、生活科学部の8学部がある。それぞれの学部について紹介する。

  • 商学部(商学科、公共経営学科)
    大阪市立大学商学部は130年を超える歴史と伝統を持つ。戦前は現在の一橋大学、神戸大学とともに「三商大」の一角を担い、日本有数の学部としてとして今日まで日本の経済学・商学・会計学の分野をリードしてきた。商学部では、経済を構成する最小単位であり、社会における財・サービス生産の担い手である「企業」の活動を通して、「生きた経済」を学ぶ。
  • 経済学部(経済学科)
    経済学部では「どういう仮定のもとであれば現実が説明できるのか」というアプローチから、本質は何かを見極めようとする。さらに、実証分析によって、「現実に何が起こっているのか・理論に間違いはないのか」を検証する。
  • 法学部法学科)
    法学・政治学は人間の歴史の中で積み重ねられた学問であると同時に、社会の新たな変化に立ち向かう学問でもある。法学部では、主体的に問題を発見する能力と、自己の見解を社会に発信する能力を持つ人材を養成する。また、法学敵意政治学的知識を主体的に展開する能力、特に自己の主張を論理的に構成し表現・文章化する能力を持つ人材を養成する。
  • 文学部(哲学歴史学科、人間行動学科、言語文化学科、文化構想学科)
    文学部に共通するのは、”人間と人間の作り上げてきた文化を総体として深く理解しようとする姿勢”で、その根底にはヒューマニズムがあり、対象は地球上のいたるところに拡がる。研究対象は人間自身と、人間が生み出した言語、思想、宗教、歴史、制度などの文化的事象と社会的現象である。
  • 理学部(数学科、物理学科、化学科、生物学科、地球学科)
    わからないことに明確な問題意識を持ち、複雑な自然の奥にある規則性や関係を探し出して、ことばの世界に写し取る。
  • 工学部(機械工学科、電子・物理工学科、電気情報工学科、化学バイオ工学科、建築学科、都市学科)
    安全で快適な暮らしや、人々の夢を実現するための原理や技術を創造する学問である。
  • 医学部(医学科、看護学科)
    医学部の基本理念は「智・仁・勇」である。この基本理念の下、深く温かい心を持つ高度な医療を実践する医療人を育成するとともに、最先端の創造的な医学研究を達成できる、世界的に活躍する研究指導者を育てることを目指す。
  • 生活科学部(居住環境学科、食品栄養科学科、人間福祉学科)

3.2 入学定員

<入学定員(2020年)>

学部

学科

募集人員

商学部

商学科

公共経営学科

235

経済学部

経済学科

220

法学部

法学科

165

文学部

哲学歴史学科

人間行動学科

言語文化学科

文化構想学科

155

理学部

数学科

27

物理学科

32

化学科

41

生物学科

31

地球学科

20

理科選択

9

工学部

機械工学科

56

電子・物理工学科

42

電気情報工学科

48

化学バイオ工学科

56

建築学科

34

都市学科

50

医学部

医学科

95

看護学科

55

生活科学部

食品栄養科学科

35

居住環境学科

43

人間福祉学科

45

(自己作成・転載OK)

3.3 キャンパス・周辺地域の環境

大阪市立大学には杉本キャンパス阿倍野キャンパスの2つのキャンパスがある。それぞれのキャンパスについて紹介する。

  • 杉本キャンパス
    医学部以外の学部が使用する大阪市立大学のメインキャンパスである。杉本キャンパスは道路を挟んで本館地区、旧教養地区、理工地区の3つに分かれている。
    • 使用学部:医学部を除く全学部
    • アクセス:JR「杉本町(大阪市立大学前)」駅下車東口からすぐ/地下鉄御堂筋線「あびこ」駅下車、4号出口より南西へ徒歩約15分
  • 阿倍野キャンパス
    • 使用学部:医学部
    • アクセス:JR・地下鉄「天王寺」駅、近鉄「大阪阿倍野橋」駅より西へ徒歩約10分

3.4 学科・専攻

  • 商学科
  • 公共経営学科
  • 経済学科
  • 法学科(司法コース、行政コース、企業・国際コース)
    • 司法コース・・・弁護士や裁判官などの法曹をめざす人が法律科目を中心として学ぶ
    • 行政コース・・・公務員希望の人などが法律科目とともに行政関係科目を学んで政策立案能力を身につける
    • 企業・国際コース・・・グローバルな世界で活躍する企業人やマスコミを目指す人が法律科目、政治科目、国際関係科目を広く学ぶ
  • 哲学歴史学科(哲学コース、日本史コース、世界史コース)
    • 哲学コース・・・古代ギリシアより現代に至る西洋哲学の歴史についての理解を基礎としつつ、まず哲学部門の基本的分野を学ぶ。そのうえで、科学哲学・心の哲学・言語哲学など、哲学の中の新しい分野についても学ぶ。
    • 日本史コース・・・ある事件や現象、政治・経済・社会・文化の仕組みは、前段階のどのような状況からうまれ、そのためにどのような本質を持ち、次の段階にどのように影響するかを史料によって明らかにする。
    • 世界史コース・・・東洋史と西洋史の2つの分野のいずれかに重点を置いて学ぶ。実習旅行や史跡建学会などに参加し、現物や実物について歴史学の方法を考えることもある。
  • 人間行動学科(社会学コース、心理学コース、教育学コース、地理学コース)
    観察・調査・実験といった科学的方法に基づいて、人間ンお行動、人間をとりまく社会・環境、そして両者の関わりについて、さまざまな角度から明らかにしている。
    • 社会学コース・・・社会現象を常に人間・社会関係・集団のあり方や行為として解釈していく。
    • 心理学コース・・・多様で複雑な人間の営みを、こころのはたらきという視点から解明する。
    • 教育学コース・・・人のライフサイクル全体を視野にいれて、学校教育と学校外教育の両面にわたる思想・制度および実践について、実証的に研究することを大切にする。
    • 地理学コース・・・人間をとりまく「空間」や「景観」について考える。
  • 言語文化学科(国語国文学コース、中国語中国文学コース、英米言語文化コース、ドイツ語フランス語圏言語文化学コース)
    言語を通して人間にアプローチし、人間が作り上げた文化を探求する。また言語と関係する文化、例えば演劇・音楽・映画なども分析の対象とする。
    • 国語国文学コース・・・長い歴史を有する日本語と、その言葉によって織りなされる古代以来の文学作品、前者を研究するのが国語学、後者を研究するのが国文学である。
    • 中国語中国文化コース・・・語学の分野では、古代漢語から現代漢語に至る中国語の歴史的な展開に即して、文法、音韻、文字などの側面から多角的に研究している。文化論の分野では、現代中国に重点を置き、映画などの表象芸術を中心と知った研究を行っている。
    • 英米言語文化コース・・・英米文化、イギリス文学、アメリカ文学および英語学を研究対象としている。
    • ドイツ語フランス語圏言語文化コース・・・ドイツ語圏言語文化領域とフランス語圏言語文化領域とがある。
  • 文化構想学科(表現文化コース、アジア文化コース、文化資源コース)
    従来の学問分野からはこぼれ落ちてしまいがちな文化的事象をも積極的に考察対象とすることで、現代社会で必要とされる文化への深い理解を養う。
    • 表現文化コース・・・現代社会の文化現象を「表現」という切り口から考察・研究する。
    • アジア文化コース・・・「地域」「共生」「比較」という3つのコンセプトを掲げている。
    • 文化資源コース・・・あらゆる文化的な所産に「価値」を見出し、文化を社会の中で積極的に活用するための理論や実践について学ぶ。
  • 数学科
    微積分と行列、群や位相といった基本的事項を自分の思考の道具とするまでじっくり時間をかけ、さらに特別研究における教員との真剣な議論を通して、個性を生かし自由に考えること、アイディアを実現する過程を自ら進むことの悦びと大切さを学ぶ。
  • 物理学科
    自然界を支配する基本的な法則を物理学の両輪である理論と実験の両面から学ぶ。基礎の古典物理から現代物理に至る専門知識を学び、最先端の研究を通じて理論的な思考力を養い、その研究方法の修得を目指す。
  • 化学科
    物質の機能と変化に関する原理を追及し、人類の夢にかなう新物質を作る。科学の研究対象は、自然界の科学現象にとどまらず、天然にはない新しい機能を持つ化学物質を設計したり、それを合成したりする研究にまでおよぶ。
  • 生物学科
    分子・細胞レベルおよび個体から宇宙レベルに至る幅広い分野にわたって、動物・植物・微生物と多様な生物群を対象として研究を行っている。この中で、生命現象に共通する性質を明らかにすること、生物多様性の本質を探求することを目標としている。
  • 地球学科
    過去・現在の地球の実体を学祭的に認識し、未来を予測するための知識や技術を構築する学問である。研究範囲は、地球を構成する岩圏、水圏、気圏、生物圏の全体を含み、それらの自然現象間の相互作用および人間生活との関連を主な研究対象としている。
  • 機械工学科
    環境やロボット、マテリアル、航空・宇宙、輸送、医療など、幅広い産業分野で必要とされる基盤的な学問分野である。
  • 電子・物理工学科
    身近な電子・通信機器や情報家電をはじめさまざまな産業分野を支える電気・電子工学、応用物理学の基礎教育と、次世代の新しい技術パラダイムを生み出す先端k額技術の研究開発を行っている。
  • 電気情報工学科
    電気・電子工学、通信工学、計算機科学などを基礎とし、これら幅広い科学技術を複合化し、新たな先端技術領域を生み出している。
  • 化学バイオ工学科
    化学の原理や方法に基づき、原子や分子の世界から生活に欠かせない物質や材料を創り出す分野と、複雑な生体分子や細胞機能に基づき先端バイオ技術を創造する分野が共存し融合することで、化学・生物・工学をキーワードとした新しい分野を開拓していく。
  • 建築学科
    芸術・学術・技術に立脚した「総合建築教育」を特色としており、「発展」から「持続」へ、「効率性」から「人間性」へという、成熟期を迎えた社会の要求や課題を的確に把握し、それらの実現や解決に対して「理論的」かつ「実践的」に対応しうるデザイナーやエンジニアの育成を目指している。
  • 都市学科
     社会の要請を的確に把握し、倫理観と責任感に基づいて主体的に行動する「環境都市づくり」のプロフェッショナル育成を目指す。
  • 医学科
    修業年限である6年に加えて2年間の初期臨床研修で実務的な経験を通して、意思としてさまざまなことを学んでいきます。この8年間で患者さんの命を預かる意思として必要な知識、技能、精神、儀礼を身につけていく。
  • 看護学科
    看護学科は大阪市内にあり、交通の利便性を兼ね備えていることや、公立大学では最大規模の総合大学で、医学研究科・医学部や医学部附属病院が近くにあり、教育・研究の環境が整っていることが特徴である。
  • 食品栄養科学科
    健康で真に豊かな食生活の創造をめざし、人々の食と栄養に関わる複合領域を学際的に教育することで、優れた科学的思考力と実践力を併せ持つ食品栄養科学のプロフェッショナルとなる人材育成をめざす。実際には、官公庁における公衆衛生・公衆栄養施設の立案実践の場から学校や病院での個人・集団に対する栄養教育、さらにはきぎょうにおける新たな食品素材や商品開発、食の安全確保まで幅広いニーズに対応できる基礎的能力を培う。
  • 居住環境学科
    人間生活と社会、文化、環境に関する総合的理解とバランスのとれた判断力を培い、専門分野である居住生活・空間について幅広く深い理解と計画能力の獲得をめざす。
  • 人間福祉学科
    現代社会において社会構造や地域社会の変化により、また個人の生き方の価値観の多様化が進み、生まれたさまざまな問題や矛盾を把握し、多様かつ深刻な個人および地域・社会の課題に対応できる視野、知識、洞察力、課題解決能力、実践力を身につけ、人・社会の幸福の向上に貢献することを目指す。

3.5 特徴・資格

それぞれの学部・学科で取得できる資格について紹介する。

<教員免許>

学部

学科

中学校教諭一種免許状

高等学校教諭一種免許状

商学部

商学科

社会

地理歴史、公民、商業

公共経営学科

 

商業

経済学部

経済学科

社会

地理歴史、公民

法学部

法学科

社会

地理歴史、公民

文学部

哲学歴史学科

社会

地理歴史、公民

人間行動学科

社会

地理歴史、公民

言語文化学科

国語、英語、中国語、ドイツ語、フランス語

国語、英語、中国語、ドイツ語、フランス語

理学部

数学科

数学

数学

物理学科

物質科学科

化学科

生物学科

理科

理科

地球学科

理科

理科

工学部

機械工学科

 

工業

電子・物理工学科

 

工業

電気情報工学科

 

工業

化学バイオ工学科

 

工業

建築学科

 

工業

都市学科

 

工業

生活科学部

食品栄養科学科

家庭

家庭

居住環境学科

家庭

家庭

人間福祉学科

   

(自己作成・転載OK)

<その他の免許>

  • 文学部:社会調査士(人間行動学科社会学コース)、公認心理士(心理学コース)
  • 理学部:測量士補(地球学科)、技術士補(地球学科)
  • 工学部:安全管理者、甲種危険物取扱者(化学バイオ工学科)、一級建築士(建築学科、都市学科)、二級建築士(建築学科、都市学科)、測量士(都市学科)、測量士補(都市学科)
  • 医学部:医師(医学科)、看護師(看護学科)、保健師(看護学科)
  • 生活科学部:栄養士(食品栄養科学科)、管理栄養士(食品栄養科学科)、食品衛生管理者・食品衛生監視員(食品栄養科学科)、栄養教諭1種免許状(食品栄養科学科)、一級建築士(居住環境学科)、二級建築士(居住環境学科)、インテリアプランナー(居住環境学科)、社会福祉主事(人間福祉学科)、社会福祉士(人間福祉学科)、公認心理士(人間福祉学科)

3.6 名物行事や教授・講義など

大阪市立大学の学園祭や授業について紹介する。

  1. ふたば祭
    大阪市立大学の新入生歓迎祭である。毎年4月中旬に行われ、2020年で15回目を迎えた(2020年はコロナの影響で中止)。
  2. 銀杏祭
    毎年11月上旬に杉本キャンパスで行われる学園祭である。さまざまなステージ企画、仮想イベント、音楽ライブなど、子どもから大人まで楽しめる。
  3. 地域産業論
    商学部の授業。毎回ゲストとして中小企業経営者の方がお話に来る。地元大阪に関する事についての話が多く、地元民は聞けば楽しい。就活に役立つ知識等も教えてもらえる。
  4. 教育学実習
    文学部の授業。大阪市内の小中高等学校でのボランティア活動を通じて、教室内を観察したり、先生に実際にインタビューをしたりする。教育現場を実際にみて知ることができ、ためになる。
  5. ジェンダーと現代社会
    性風俗の実態や、世間一般ではタブー視されていて実際なかなか聞くことのできない話を多く聞くことができる。

4.入試情報

4.1 入試種別

大阪市立大学には以下の入試方法がある。

  • 一般入試(前期・後期)
  • 専門学科・総合学科卒業生入試
  • 推薦入試
  • アドミッション・オフィス(AO)入試
  • 帰国生徒入試
  • 社会人入試
  • 学士・社会人入試

 また、それぞれの募集人員は以下の通りである。

募集人員

前期

後期

専門学科・総合学科

卒業生(前期)

推薦

アドミッション・

オフィス(AO)

社会人

学士・社会人

合計

1,189

201

6

83

5

5

5

1,494

大阪市立大学HPより引用)

4.2 受験日程/科目/難易度/平均点

 一般入試(前期・後期)の受験日程(2020年度)および受験科目について紹介する。

  • 受験日程
    • 出願期間:2020年1月27日(月)~2月5日(水)
    • 個別学力検査等実施日:前期 2020年2月25日、26日(医学部のみ)/後期 2020年3月12日(木)
    • 合格者発表日:前期 2020年3月9日(月)/後期 2020年3月23日(月)
    • 入学手続き指定日:前期 2020年3月12日(金)/後期 2020年3月27日(金)
  • 受験科目
    • 商学部 前期
      • センター試験:国語、地歴公民から2科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から1科目または理科基礎から2科目、外国語
      • 個別学力検査:国語、数学、外国語
    • 商学部 後期
      • センター試験:国語、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、外国語
      • 個別学力検査:なし
    • 経済学部 前期
      • センター試験:国語、地歴公民から2科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から1科目または理科基礎から2科目、外国語
      • 個別学力検査:国語、数学、外国語
    • 経済学部 後期
      • センター試験:国語、地歴公民から2科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から1科目または理科基礎から2科目、外国語
      • 個別学力検査:なし
    • 法学部 前期
      • センター試験:国語、地歴公民から2科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から1科目または理科基礎から2科目、外国語
      • 個別学力検査:国語、外国語
    • 法学部 後期
      • センター試験:国語、地歴公民から2科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から1科目または理科基礎から2科目、外国語 
      • 個別学力検査:論文
    • 文学部 前期
      • センター試験:国語、地歴公民から2科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から1科目または理科基礎から2科目、外国語
      • 個別学力検査:国語、外国語
    • 文学部 後期
      • センター試験:国語、地歴公民から2科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から1科目または理科基礎から2科目、外国語
      • 個別学力検査:論文
    • 理学部数学科 前期
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から2科目、外国語
      • 個別学力検査:数学、理科から2科目、外国語
    • 理学部数学科 後期
      • センター試験:数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、外国語
      • 個別学力検査:数学
    • 理学部物理学科 前期
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から2科目、外国語
      • 個別学力検査:数学、物理、その他理科から1科目、外国語
    • 理学部物理学科 後期
      • センター試験:数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、物理、その他理科から1科目、外国語
      • 個別学力検査:数学、物理
    • 理学部化学科 前期
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から2科目、外国語
      • 個別学力検査:数学、化学、その他理科から1科目、外国語
    • 理学部化学科 後期
      • センター試験:数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から1科目、外国語
      • 個別学力検査:化学を中心とする基礎的事項についての口頭試問
    • 理学部生物学科 前期
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から2科目、外国語
      • 個別学力検査:数学、理科から2科目、外国語
    • 理学部生物学科 後期
      • センター試験:数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から1科目、外国語
      • 個別学力検査:生物
    • 理学部地球学科 前期
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から2科目、外国語
      • 個別学力検査:数学、理科から2科目、外国語
    • 理学部地球学科 後期
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から2科目、外国語
      • 個別学力検査:地学基礎を中心とする基礎的事項についての口頭試問
    • 理学部理科選択
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から2科目、外国語
      • 個別学力検査:数学、理科から2科目、外国語
    • 工学部機械工学科 前期
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から2科目、外国語
      • 個別学力検査:数学、物理、化学、外国語
    • 工学部機械工学科 後期
      • センター試験:物理、化学、外国語
      • 個別学力検査:数学
    • 工学部電子・物理工学科 前期
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から2科目、外国語
      • 個別学力検査:数学、物理、化学、外国語
    • 工学部電子・物理工学科 後期
      • センター試験:物理、化学、外国語
      • 個別学力検査:数学
    • 工学部電気情報工学科
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から2科目、外国語
      • 個別学力検査:数学、物理、化学、外国語
    • 工学部電気情報学科 後期
      • センター試験:物理、化学、外国語
      • 個別学力検査:数学
    • 工学部化学バイオ工学科 前期
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から2科目、外国語
      • 個別学力検査:数学、物理、化学、外国語
    • 工学部化学バイオ工学科 後期
      • センター試験:国語、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、化学、物理・生物のいずれか、外国語
      • 個別学力検査:数学、化学や生物の勉学に必要な適性と能力を見る
    • 工学部建築学科 前期
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から2科目、外国語
      • 個別学力検査:数学、物理、化学、外国語
    • 工学部建築学科 後期
      • センター試験:物理、化学、外国語
      • 個別学力検査:数学
    • 工学部都市学科 前期
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から2科目、外国語
      • 個別学力検査:数学、物理、化学、外国語
    • 工学部都市学科 後期
      • センター試験:物理、化学、外国語
      • 個別学力検査:数学
    • 医学部医学科
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から2科目、外国語
      • 個別学力検査:数学、理科から2科目、外国語、面接
    • 医学部看護学科
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から1科目、外国語
      • 個別学力検査:国語または数学、外国語
    • 生活科学部食品栄養科学科
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から2科目、外国語
      • 個別学力検査:数学、化学または生物、外国語
    • 生活科学部居住環境学科
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から1科目または理科基礎から2科目、外国語
      • 個別学力検査:数学、外国語
    • 生活科学部人間福祉学科
      • センター試験:国語、地歴公民から1科目、数学Ⅰ・A、その他数学から1科目、理科から1科目または理科基礎から2科目、外国語
      • 個別学力検査:国語または数学、外国語

5.学費・奨学金

大阪市立大学の学費や奨学金について紹介する。

<学費>

区分

 

入学検定料

 

入学料

授業料

大阪市民

及びその子

その他の者

第1部

 

30,000円

222,000円

382,000円

1年

535,800円

大学院

 

30,000円

222,000円

382,000円

1年

535,800円

法科大学院

 

30,000円

免除

1年

535,800円

科目等履修生

 

9,800円

22,200円

34,200円

1単位

14,800円

研修生・研究生

 

9,800円

66,600円

102,600円

1月

29,700円

大阪市立大学HPより引用)

<奨学金>

大阪市立大学で受けられる奨学金制度には、日本学生支援機構奨学金、大阪市立大学独自の奨学金、民間団体・公的団体奨学金の3種類がある。それぞれについて紹介する。

  • 日本学生支援機構奨学金
    経済的理由で修学が困難な優れた学生に学資の貸与を行い、また、経済・社会情勢を踏まえ、学生等が安心して学べるよう、「貸与」または「給付」する制度である。
    • 奨学金【給付型】…給付月額:自宅通学 20,000円/自宅外通学 30,000円
    • 奨学金【貸与型】…以下の2種類がある。
      • 第一種奨学金(無利子):人物・学業ともに特に優れ、かつ健康であって、経済的理由により著しく就学が困難であると認定された者に対して貸与される。
      • 第二種奨学金(有利子):人物・学業ともに特に優れ、かつ健康であって、経済的理由により著しく就学が困難であると認定された者に対して貸与される。年3%を上限とする利子がつく。
        ※第一種は20,000円~51000円、第二種は20,000円~120,000円貸与される。
  • 大阪市立大学独自の奨学金
    以下の種類がある。
    • 大阪市立大学奨学金
    • 大阪市立大学有恒会
    • 大阪市立大学野瀬健三奨学金
    • 大阪市立大学菅富士夫奨学金
    • 大阪市立大学楊大鵬奨学金
    • 大阪市立大学浦上奨学金
    • さつき会奨学金
  • 民間団体・公的団体奨学金
    地方公共団体などの公的団体や、民間の方々の善意により運営されている民間団体の奨学金である。各種奨学金は、奨学生の資格の資格条件、支給額、給付・貸与、募集時期が異なる。また、出身地の教育委員会など、本人が直接応募するものもある。
    ◎資格条件:申し込みができるのは、次の①~④すべての資格条件を満たす者。
    1. 人物・学業ともに優れており、他の給付型奨学金を受給していない者。
    2. 各種奨学団体の奨学金は、学修を支援する目的で支給されるため、その期待に感謝を持って応えることができる者。
    3. 奨学団体が実施する交流会や親睦会等に、積極的に参加できる者。
    4. 生活状況報告書や受領書への押印など、大学や財団が求める書類等を遅延なく提出できる者。

6.学生寮

大阪市立大学には学生寮はない。(外国人留学生宿舎は堺市にある。)大学生協等で学生マンションの紹介をしている。

7.進路実績

7.1 進学・就職実績

2018年度卒業生の進学・就職実績を紹介する。

学部

卒業者数

進学者数

就職者数

その他

商学部

217

7

195

15

経済学部

221

2

202

17

法学部

159

11

122

26

文学部

172

11

140

21

理工学部

152

92

51

9

工学部

277

190

81

7

生活科学部

122

25

90

6

(自己作成・転載OK)

7.2 大学院・研究機関の概要

大学院の研究科・専攻や研究機関について紹介する。

  • 大学院
    経営学研究科(グローバルビジネス専攻)、経済学研究科(現代経済学専攻)、法学研究科(法学政治学専攻、法曹養成専攻)、文学研究科(哲学歴史学専攻、人間行動学専攻、言語文化学専攻、アジア都市文化学専攻)、理学研究科(数学系専攻、物質分子系専攻、生物地球系専攻)、工学研究科(機械物理系専攻、電子情報系専攻、化学生物系専攻、都市系専攻)、医学研究科(医科学専攻、基礎医科学専攻、臨床医科学専攻)、看護学研究科(看護学専攻)、生活科学研究科(生活科学専攻)、都市経営研究科(都市経営専攻)
  • 研究機関・関連施設
    学術情報総合センター(図書館)、情報基盤センター、医学部附属病院、大学教育研究センター、都市防災教育研究センター、人工光合成研究センター、数学研究所、地域連携センター、都市研究プラザ、都市健康・スポーツ研究センター、理学部附属植物園、健康科学イノベーションセンター、複合先端研究機構、南部陽一郎物理学研究所

8.大学の雰囲気/メリット/体験談

大阪市立大学は国公立であることもあり派手な学生よりは地味で真面目な学生が多い。学生数は約8000人で公立大学の中では、東京都立大学(首都大学東京)に次いで2番目に多い。そのためサークル数も多く、活動も盛んである。キャンパスは立地が良く、駅を降りると目の前に大学がある。また、大学から徒歩約7分で御堂筋線に乗ることができ、梅田や難波、天王寺に一本で行くことができる

キャンパス内には、学術情報総合センターという大学図書館がある。この図書館の蔵書量は大学図書館の中ではかなり大きく、読みたい本や専門書などをすぐに見つけることができる。また、地下には巨大な閉架書庫があり、在校生や職員だけが入れるエリアになっている。この中には、大きかったり、古かったりする専門書や価値の高い本が収められている。5階にはラーニングコモンズという部屋があり、他の階とは違い、友達と話しながら勉強することができる。製図室や研究室が24時間開放されているところも多く、締め切り前でも大学内にこもって作業することができる。

公立大学のため学費が国立大学よりも安く、またさまざまな奨学金が用意されており、あまり裕福でない学生にとっても通いやすい大学である。

就職活動においては教職員が親身になってサポートしてくれる。また、OBに企業の社長やお偉いさんがいて、就職活動の時期になると様子を見に来てくれるなど、在校生とOBの距離の近さを感じられる。就職先でもネームバリューがあり、私立では敵はいないので学歴の面で苦労することはあまりない。また、公務員志望の学生には対策講座を用意するなど手厚いサポートがある。

 

参考

この記事を書いた人