日本一の規模と多様な学部を誇る「日本大学」!その学部や入試情報など

大学

1.Abstraction

日本大学学生数が7万人を超え、日本で一番人数の多い大学となっている(2017年)。

このため、OB・OGが多くいるので各分野にわたって太いパイプを有しているといえる。学生が多い分様々な人と巡り合うチャンスがあり、自分の未知なる才能を開花させるには、うってつけの大学といえるかもしれない。学部が16学部、学科が87学科もあるので、自分の本当に勉強したい分野について、専門的に学ぶことも出来る。

2.大学概要

2.1 大学の歴史・理念

  • 歴史
    日本大学は1882年に設立された皇典講究所の国法科が1889年に創立した日本法律学校(現・法学部)を母体としている。1903年に日本大学と改称し、その後も拡大を続けて現在では16学部を擁する一大私立大学に発展している。
  • 理念
    日本大学の前身である日本法律学校の創立目的は、「日本の法律は新旧問わず学ぶ」「海外の法律を参考として長所を取り入れる」「日本法学という学問を提唱する」 という3点(1)としていたが、日本大学が成長し社会状況が変化するにつれ、その教育理念を変容させてきた。現在の教育理念は「自主創造」としている。

2.2 著名な業績・有名人

黒島結奈、蒼井優、佐藤隆太、中村獅童、柴田恭兵といった俳優・女優や太田光、田中裕二、春日俊彰といったお笑い芸人など数多くの芸能人が日本大学の卒業者である。加えてケンブリッジ飛鳥、村田修一といったアスリート、小沢一郎などの政治家も日本大学出身である。

3.学部・学科

3.1 学部・学科についての概要

  • 法学部(法律学科、政治経済学科、新聞学科、経営法学科、公共政策学科)
  • 文理学部(哲学科、史学科、国文学科、中国語中国文学科、英文学科、ドイツ文学科、社会学科、社会福祉学科、教育学科、体育学科、心理学科、地理学科、地球科学科、数学科、情報科学科、物理学科、生物科学科、化学科)
  • 経済学部(経済学科、産業経営学科、金融公共経済学科)
  • 商学部(商業学科、経営学科、会計学科)
  • 芸術学部(写真学科、映画学科、美術学科、音楽学科、文芸学科、演劇学科、放送学科、デザイン学科)
  • 国際関係学部(国際総合政策学科、国際教養学科)
  • 危機管理学部(危機管理学科)
  • スポーツ科学部(競技スポーツ学科)
  • 理工学部(土木工学科、交通システム工学科、建築学科、海洋建築工学科、まちづくり工学科、機械工学科、精密機械工学科、航空宇宙工学科、電気工学科、電子工学科、応用情報工学科、物質応用化学科、物理学科、数学科)
  • 生産工学部(機械工学科、電気電子工学科、土木工学科、建築工学科、応用分子化学科、マネジメント工学科、数理情報工学科、環境安全工学科、創生デザイン学科)
  • 工学部(土木工学科、建築学科、機械工学科、電気電子工学科、生命応用化学科、情報工学科)
  • 医学部(医学科)
  • 歯学部(歯学科)
  • 松戸歯学部(歯学科)
  • 生物資源科学部(生命農学科、生命科学科、獣医学科、動物資源科学科、食品ビジネス学科、森林資源科学科、海洋生物資源科学科、生物環境工学科、食品生命学科、国際地域開発学科、応用生命科学科、くらしの生物学科)
  • 薬学部(薬学科)

3.2 入学定員

法学部 法律学科533人、政治経済学科350人、新聞学科200人、経営法学科200人、公共政策学科250人 計1533人
文理学部 哲学科88人、史学科133人、国文学科133人、中国語中国文学科70人、英文学科133人、ドイツ文学科80人、社会学科210人、社会福祉学科60人、教育学科120人、体育学科200人、心理学科130人、地理学科80人、地球科学科80人、数学科73人、情報科学科80人、物理学科70人、生物科学科70人、化学科90人 計1900人
経済学部 経済学科916人、産業経営学科450人、金融公共経済学科200人 計1566人
商学部

商業学科666人、経営学科350人、会計学科250人 計1266人

芸術学部 写真学科100人、映画学科150人、美術学科60人、音楽学科90人、文芸学科120人、演劇学科126人、放送学科120人、デザイン学科100人 計866人
国際関係学部 国際総合政策学科383人、国際教養学科283人 計666人
危機管理学部 危機管理学科300人
スポーツ科学部 競技スポーツ学科300人
理工学部 土木工学科220人、交通システム工学科120人、建築学科250人、海洋建築工学科120人、まちづくり工学科100人、機械工学科160人、精密機械工学科140人、航空宇宙工学科120人、電気工学科160人、電子工学科100人、応用情報工学科100人、物質応用化学科200人、物理学科140人、数学科100人 計2030人
生産工学部 機械工学科198人、電気電子工学科176人、土木工学科198人、建築工学科198人、応用分子化学科176人、マネジメント工学科176人、数理情報工学科154人、環境安全工学科132人、創生デザイン学科132人 計1540人
工学部 土木工学科150人、建築学科180人、機械工学科180人、電気電子工学科180人、生命応用化学科160人、情報工学科180人
医学部 医学科120人
歯学部 歯学科130人
松戸歯学部 歯学科130人
生物資源科学部

生命農学科130人、生命科学科130人、獣医学科120人、動物資源科学科136人、食品ビジネス学科136人、森林資源科学科130人、海洋生物資源科学科136人、生物環境工学科130人、食品生命学科136人、国際地域開発学科130人、応用生命科学科126人、くらしの生物学科80人 計1520人

薬学部

薬学科244

3.3 キャンパス・周辺地域の環境

日本大学は本部を市ヶ谷の日本大学会館においているが、キャンパスは各学部分かれている。文理学部キャンパスが桜上水に、芸術学部に江古田にあるなど、各地に点在している。

3.4 学科・専攻

  • 法学部
    法律学科は弁護士・検察官・裁判官を養成する。政治経済学科は現代の政治・経済現象の解析を行う。新聞学科はジャーナリストやメディアに携わる人を養成する。経営法学科では、経営に必要な法律に関する知識を学ぶ。公共政策学科は、公共領域における政策能力の向上を目指す。
  • 文理学部
    哲学科は哲学・倫理学・宗教学などを研究する。史学科では日本史、東洋史、西洋史、考古学、文化財学のなかから歴史研究の基礎を学習する。国文学科では、日本文学を通じ、言葉の理解を深める。中国語中国文学科では中国の言語・歴史・社会・文化を学ぶ。英文学科では、英語で書かれた文学作品を通じて、表現を学ぶ。ドイツ文学科では、ドイツ文学に加え、ドイツ語やドイツ文化を研究する。社会学科は、現代社会における諸問題を浮き彫りにし、その解決策を提示することを目指す。社会福祉学科では社会福祉士を養成する。教育学科では学校教育のみならず、人文学諸領域を教育の視点からの理解を行う。体育学科では、スポーツ・健康についての科学的な知識を身に着ける。心理学科では、幅広い心理学分野に対応したカリキュラムを開設している。地理学科では、自然地理、人文地理、地誌などを学ぶ。地球科学科は、地球上の諸現象や相互関係について考察する。数学科では純粋数学に加え、コンピューターにおける数学についても研究している、情報科学は急速に進化するIT技術を学ぶ。物理学科では古典物理学と先端物理学を学ぶ。生物科学科は、生命現象を様々な角度から研究する。化学科では無機・有機・物理・分析・化学の5つの専門分野に分かれている。
  • 経済学部
    経済学科では2年次から経済理論、社会経済、経済政策、福祉・労働、環境・都市の6プログラムから一つ専攻する。産業経営学科は、企業マネジメント、国際マーケティング、会計・ファイナンス、経営情報の4つのプログラムに分かれる。金融公共経済学科は、公共経済と金融の2つのコースに2年次から分かれる。
  • 商学部
    商業学科では、刻々と変化する市場経済に対応しうる能力の養成を目指す。経営学科では、企業運営について学ぶ。会計学科は組織の財務の管理・把握のための理論を学ぶ。
  • 芸術学部
    写真学科は写真を通じた表現技術や作品制作のための技術理論などを学ぶ。映画学科は、映像表現・理論、監督、撮影・録音、演技の4コースに分かれている。美術学科は、絵画と映画の2コースである。音楽学科では、作曲理論、音楽教育、声楽、ピアノ、管弦打楽、情報音楽の6コースに分かれて、深い専門知識を有した音楽人の育成がなされている。文芸学科は、文学作品における創造力と表現力の獲得を目指す。演劇学科は、舞台の構想や演技などを学ぶ。放送学科は、テレビ制作、ラジオ制作、映像技術、音響技術、CMの5つの専攻に分かれる。デザイン学科はデザインの理論と実技を履修する。
  • 国際関係学部
    国際総合政策学科は、国際関係と国際ビジネスの2コースがある。国際教養学科は、世界の文化・思想・歴史・技術・言語をグローバルに学ぶ。
  • 危機管理学部:危機管理学科は、自然災害や犯罪など現代社会に蔓延する様々な危機から社会を守る制度や仕組みを学ぶ。
  • スポーツ科学部競技スポーツ学科は、優秀なアスリートになることを目指す。
  • 理工学部
    土木工学科は、土木工学の主要分野たる構造・材料・地盤・水理・計画・環境について学ぶ。交通システム工学科は、道路や鉄道など交通システムについて学ぶ。建築学科では、一級建築士の資格取得に向けた科目も開講される。海洋建築工学科は、海洋建築工学を構成する環境・計画・構造・施工・資源エネルギー開発の各分野を学ぶ。まちづくり工学科には、エンジニアリング科目群とマネジメント科目群がある。機械工学科では、エンジニアの育成を行う。精密機械工学科では、システム技術の急速な進化に対応できるエンジニアを養成する。航空宇宙工学科では、航空機や宇宙機の開発に携わるエンジニアを育成する。電気工学科は、エレクトロニクス系をはじめ様々な分野を学ぶ。電子工学科は、電子工学について実践的な学習を行う。応用情報工学科は、ソフトウエアの開発を行う。物質応用化学科では、物理化学、有機化学、無機化学、生命科学の4分野について、複合的に学ぶことができる。物理学科は、物理の理論と実験により、物理学の理解を深める。数学科では純粋数学だけでなく、コンピューター理論などの情報数学も学ぶことができる。
  • 生産工学部
    機械工学科は、自動車・航空宇宙・機械想像の3コースに分かれる。電気電子工学科には、エネルギーシステムとeコミュニケーションの2コースがある。土木工学科は、都市機能のマネジメントを学ぶ。建築工学科は、安全な居住空間を作れる建築技術について研究する。応用分子化学科は、大量生産大量消費社会からの脱却が求められている現代社会にとって役立つ新素材・物質を開発する。マネジメント工学科は、生産効率の向上のための理論を学ぶ。数理情報工学科では、高い対応力を持つ情報処理技術者を養成する。環境安全工学科は、環境安全と環境エネルギーの2コースに分かれる。創生デザイン学科では、芸術を工芸品に取り入れることで、使用者にやさしいモノづくりを目指す。
  • 工学部
    土木工学科では、社会基盤デザインと環境デザインの2つのコースを展開している。建築学科では、より良い居住環境のあり方を研究する。機械工学科では、ロハス工学といった独自の科目を展開し、工学と自然環境の共生を目指している。電気電子工学科は急速に発展する電子工学分野において、適応しうる人材を育成する。生命応用化学科では、応用化学系・環境科学系・生命科学系の3つの履修タイプがある。情報工学科はコンピューターによる情報処理の知識を学ぶ。
  • 医学部:医学科は優れた医学者の育成を目指す。
  • 歯学部:歯学科では、歯科医師国家試験合格のために、様々な支援がなされている。
  • 松戸歯学部:歯学科では、歯科医師国家試験合格のために、様々な支援がなされている。
  • 生物資源科学部
    生命農学科は、植物を中心に生命現象を探求する。生命科学科は、生命化学に視点から、様々な分野を研究する。獣医学科は、理論と実習を通じて、獣医師を育成する。動物資源科学科では、畜産学の理論と技法を中心に学ぶ。食品ビジネス学科は、食品の生産から消費に至るまでの課程を研究する。森林資源科学科では、持続可能な森林環境の実現のために必要な技術や知識の取得を目指す。海洋生物資源科学科は、海洋と人間の調和のための研究を行う。生物環境工学科は、人間と自然が共生できる環境に取り組む。食品生命学科は、食について、食品化学・食品工学・食品安全・食品機能の4分野から考える。国際地域開発学科は、農業・農村開発、グローバルビジネスの2コースを選択する。応用生命科学科は、生物が持つ機能を研究する。くらしの生物学科は食と健康・都市と園芸・住まいと環境・動物のいるくらし・くらしのバイオの5領域を中心として学ぶ。
  • 薬学部:薬学科では、薬剤師の育成のための教育がなされる。

3.5 名物行事

日本大学は全体として人数が多いため、薬学部が桜薬祭・理工学部が桜理祭といったように各学部が学部祭を行っている。全学部共通としてはNU祭という学園祭がある。

4.入試情報

4.1 入試種別

日本大学が提供している入試種別には、一般入試一般推薦入試AO入試自己推薦入試・社会人入試がある。

4.2 受験日程/科目/難易度/合格最低点

ここでは、一般入試について紹介する。

  1. 試験科目

    • 法学部(A方式1期・2期、N方式1期・2期):国語・外国語・地歴公民数学から1つの合計3科目
    • 法学部(A方式3期):小論文・口述試験
    • 文理学部(哲学科・国文学科・中国語中国文化学科・英文学科・ドイツ文学科・史学科・社会学科・教育学科・社会学科・教育学科・社会福祉学科・体育学科・心理学科・地理学科A方式1期・2期、N方式):国語・外国語・地歴公民数学から1つの合計3科目
    • 文理学部(地球科学科・生命科学科・数学科・情報科学科・物理学科・化学科・地球科学科A方式1期・2期(地球科学科)、N方式)
      :数学・理科・外国語の合計3科目
    • 文理学部(数学科A方式2期):数学・外国語の2教科
    • 文理学部(情報科学科・物理学科・生命科学科・化学科、A方式2期):数学、外国語、理科の3科目
    • 経済学部(A方式1期・2期、N方式1期):国語・外国語・地歴公民数学から1つの合計3科目
    • 経済学部(国際交コース以外、N方式2期):外国語・国語数学から1つの合計2科目
    • 商学部(A方式1期・2期、N方式1期):国語・外国語・地歴公民数学から1つの合計3科目
    • 商学部(N方式1期):外国語・国語地歴公民数学から1つの合計2科目
    • 芸術学部(美術学科、デザイン学科、音楽学科、A方式1期・2期):国語・外国語・実技・面接
    • 芸術学部(写真学科、放送学科、文芸学科、映画学科、演劇学科 A方式1期・2期):国語・外国語・実技・面接
    • 芸術学部(写真学科、放送学科 N方式1期):国語・外国語・地歴公民数学から1つの合計3科目
    • 芸術学科(映画学科、N方式1期):国語・外国語・地歴公民数学理科から1科目の合計3科目
    • 芸術学部(美術学科、デザイン学科、N方式1期):国語地歴公民数学理科外国語から2科目を選択
    • 芸術学部(音楽学科、文芸学科、演劇学科、N方式1期):国語・外国語
    • 国際関係学部(国際関係学科、A方式1期・2期):国語・外国語・地歴公民数学から1つの合計3科目
    • 国際関係学部(国際関係学科、N方式):外国語・国語地歴公民数学理科から2つの合計3科目
    • 危機管理学部(危機管理学科 A方式):国語・外国語・地歴公民数理から1つの合計3科目
    • 危機管理学部(危機管理学科、N方式1期・2期):外国語・国語地歴公民数学から1つの合計2科目
    • スポーツ科学部(A方式):国語・外国語。地歴公民数学から1つの合計3科目
    • スポーツ科学部(N方式):外国語・国語地歴公民数学から1つの合計2科目
    • 理工学部(理工学科):数学・理科・外国語
    • 生産工学部(機械工学科、電気電子工学科、土木工学科、建築工学科、数理情報工学科、応用分子化学科、A方式1期・2期・3期、N方式1期)
      :数学・理科・外国語
    • 生産工学部(マネジメント工学科、環境安全工学科、創生デザイン学科、A方式1期・2期、N方式1期)
      :数学・外国語・国語理科から1つの合計3科目
    • 工学部(工学科、A方式、N方式1期):数学・理科・外国語
    • 医学部(医学科、A方式、N方式):数学・理科・外国語・小論文・面接
    • 歯学部(歯学科、A方式):数学・理科・外国語・小論文・面接
    • 歯学部(歯学科、N方式1期):数学・理科・外国語
    • 松戸歯学部(松戸歯学科、A方式1,2期):外国語・小論文・面接・数学理科から1つを選択の4科目
    • 松戸歯学部(松戸歯学科、N方式):外国語・数学理科から1つの2科目
    • 生物資源科学部(生命農学科、生命化学科、動物資源科学科、森林資源科学科、海洋生物学科、資源科学科、生命環境工学科、食品生命学科、応用生命科学科、くらしの生物学科、A方式1、2期、N方式):理科・外国語・国語数学から1つの計3科目
    • 生物資源科学部(獣医学科、A方式1、2期、N方式1期):数学・理科・外国語
    • 生命資源科学部(食品ビジネス学科、国際地域開発学科、A方式1期、2期、N方式1期):外国語・国語地歴公民数学理科から2つの合計3科目
    • 生命資源科学部(食品ビジネス学科、森林資源科学科、生物環境工学科、環境地域開発学科、N方式2期)
      :外国語・国語地歴公民数学理科から1つの合計2科目
    • 薬学部(薬学科、A方式、N方式1期):数学・理科・外国語
  2. 試験日程
    方式・学部学科によって日程は異なる。ここに各方式の大まかな日程を記載するが、詳しくは日本大学の募集要項を参照

    • A方式1期…2月第1週
    • A方式2期…2月半ば
    • A方式3期…3月第3週
    • N方式1期…2月第1週
    • N方式2期…3月第1週

5.学費・奨学金制度

  1. 学費

日本大学の各学部学科の初年度納入金額は以下の通り

    • 法学部(経営法学科、公共政策学科、新聞学科、政治経済学科、法律学科)…1.260.000 ※法学部(法律学科≪夜間≫)…660.000
    • 文理学部(数学科)…1.670.000、文理学部(化学科、生命科学科)…1.740.000、文理学部(物理科)…1.710.000、文理学部(地球科学科)…1.660.000、文理学部(地理学科)…1.620.000、文理学部(情報科学科)…1.680.000、文理学部(教育学科・社会学科、中国語中国文化学科)…1.305.000、文理学部(心理学科)…1.380.000、文理学部(体育学科)…1.390.000、文理学部(国文学科、史学科)…1.300.000、文理学部(ドイツ文学科、英文学科、哲学科)…1.290.000、文理学部(社会福祉学科)…1.350.000
    • 経済学部(金融公庫経済学科、経済学科、産業経営学科)…1.240.000
    • 商学部(会計学科、経営学科、商業学科)…1.240.000
    • 芸術学部(写真学科)…1.870.000、芸術学部(放送学科)…1.900.000、芸術学部(映画学科)…1.800.000、芸術学部(演劇学科)…1.840.000、芸術学部(音楽学科)…1.890.000、芸術学部(美術学科)…1.880.000、芸術学部(文芸学科)…1.750.000、芸術学部(デザイン学科)…1.850.000
    • 国際関係学部(国際教養学科、国際総合政策学科)…1.350.000
    • 危機管理学部(危機管理学科)…1.260.000
    • スポーツ科学部(競技スポーツ学科)…1.400.000
    • 理工学部(数学科)…1.690.000、理工学部(海洋建築工学科、機械工学科、建築学科、航空宇宙工学科、精密機械工学科。電気工学科、土木工学科、物質応用化学科、物理学科、まちづくり工学科、応用情報工学科、交通システム工学科、電子工学科)…1.730.000
    • 生産工学部(マネジメント工学科、応用分子化学科、環境安全工学科、機械工学科、建築工学科、数理情報工学科、創生デザイン学科、電気電子工学科、土木工学科)…1.660.000
    • 工学部(機械工学科、建築学科、情報工学科、生命応用化学科、電気電子工学科、土木工学科)…1.660.000
    • 医学部(医学科)…6.350.000
    • 歯学部(歯学科)…6.900.000
    • 松戸歯学部(歯学科)…6.900.000
    • 生物資源科学部(獣医学科)…1.335.000
    • 生物資源科学部(国際地域開発学科、食品ビジネス学科)…820.000、生物資源科学部(応用生物科学科、食品生命学科、生命化学科、海洋生物資源科学科、森林資源科学科、生物環境工学科、動物資源科学科、くらしの生物学科。生命農学科)…960.000
    • 薬学部(薬学科)…2.450.000
  1. 奨学金

    日本大学は、学業・人物ともに優秀な人物に給付する日本大学特待生制度経済的理由で修学が困難な優秀な人物に給付する日本大学創立130周年記念奨学金などの奨学金を用意している。

6.学生寮

日本大学が提供している学生寮としては男子寮のバンデリアン町田・バンデリアン松戸・バンデリアン稲城・バンデリアン郡山・武蔵俊英学寮、女子寮のレガーメリアン赤堤・レガーメリアン宮阪・レガーメリアン東が丘がある。

7.進学実績

7.1 進学・就職実績

日本大学の卒業生の主な就職先としては、警視庁JR東日本大和ハウス工業などの大企業となっている。平成29年度では警視庁に就職した人は93人、JR東日本は62人、大和ハウスは46人であった。

7.2 大学院・研究機関の概要

日本大学の大学院には以下の研究所が置かれている。

  • 法学研究科
  • 新聞研究科
  • 文学研究科
  • 総合基礎科学研究科
  • 経済学研究科
  • 商学研究科
  • 芸術学研究科
  • 国際関係研究科
  • 理工学研究科
  • 生産工学研究科
  • 工学研究科
  • 医学研究科
  • 歯学研究科
  • 松戸歯学研究科
  • 生物資源科学研究科
  • 獣医学研究科
  • 薬学研究科

8.大学の雰囲気/メリット

日本大学は学部によってキャンパスが異なるので、他学部との交流はあまりなく、その分各学部の特徴が出やすいようだ。例えば、法学部は弁護士資格などを目指す人も多く、図書館が充実している。経済学部は、クラスがあるのでそこで友達を作ることができる。商学部キャンパスがとてもきれいで、就職にも強いと言われている。文理学部は人数が多いので、サークルが充実している。

 

参考

この記事を書いた人