ゼミ形式の授業が有名な「武蔵大学」!その偏差値や入試情報などまとめ

大学

Abstraction

ゼミの武蔵

電車の中で一度はこのような広告を見たことがありませんか?今回紹介する武蔵大学は、近年少人数制のゼミ形式の授業と就職率の高さで人気を集めている大学です。都内にありながら自然豊かなキャンパス内には御三家の一つとしても知られる進学校、武蔵高校・中学校があり、こちらも有名かもしれません。学生数の少なさを最大限に活用し、学生一人一人に対して丁寧で面倒見の良い授業と進路指導を行うことで卒業後に不安なく社会に出ることをサポートしています。

大学概要

武蔵大学は非常に歴史ある大学であり、建学に当たって掲げられた「三理想

は現代においても価値を持つ先進性を持ったものでした。3学部しかない小さな大学ではありますが、それゆえ一人ひとりに目が行き届き丁寧な指導が可能です。一方で学生側も「三理想」に則って自立し世界に羽ばたいていくことが期待されているのです。

学校の沿革・理念・使命など

武蔵大学・武蔵高等学校・中学校から構成される武蔵学園の前身は1921年に設立された日本初の私立旧制七年制高等学校である武蔵高等学校です。1948年に学制改革によって新制武蔵高等学校が、1949年に新制武蔵大学が開設されました。当初は経済学科だけでしたが学部・学科も増設された他、1969年には大学院も設置されました。

武蔵学園には「三理想」があります。
それは「東西文化融合のわが民族理想を遂行し得べき人物」「世界に雄飛するにたえる人物」「自ら調べ自ら考える力ある人物」というものです。この目標に基づき、武蔵大学では「自立」「対話」「実践」を教育の基本目標とし、「知と実践の融合」を重んじています。i

著名な業績・有名人など

旧制武蔵高校時代から政治・経済・学術に至る様々な分野に貢献してきました。武蔵大学となってもその伝統は受け継がれており、特に様々な大学の教授や大企業の社長を輩出しています。昨今の有名人では、人気若手講談師の神田松之丞さんが卒業生です。また部活動も盛んです。特に野球部は首都大学リーグ1部に属し、プロ野球選手も輩出しています。阪神タイガースなどで活躍し新人王を獲得した上園啓史選手も武蔵大学で活躍しました。

学部・学科

この章では学部やキャンパスについて記していきます。武蔵大学は3学部8学科の比較的小さい大学で、キャンパスもそれほど大きくはありませんが自然があふれ非常に居心地がよい環境です。

学部・学科についての概要

学部は経済学部・人文学部・社会学部があります。経済学部は1949年の大学開設当時に設置された最も歴史ある学部です。現在は経済学科、経営学科、金融学科が設置されています。人文学科は1969年に設置され2011年に改組されました。英語英米文化学科、ヨーロッパ文化学科、日本・東アジア文化学科が設置されています。社会学部は1998年開設の比較的新しい学部です。社会学科とメディア社会学科が設置されています。

入学定員

武蔵大学は全体の定員が1000人ほどの大学です。最も多い経済学部は全体の定員が420人、その内訳は経済学科と経営学科が150人ずつで金融学科が120人です。人文学科は全体の定員が325人で、英語英米文化学科が115人、ヨーロッパ文化学科と日本・東アジア文化学科が105人ずつとなっています。社会学部の定員は254人で、社会学科が137人、メディア社会学科が117人です。

キャンパス・周辺地域の環境

キャンパスは江古田キャンパス朝霞グラウンドがあります。江古田キャンパスは武蔵高校・中学校もあり、自然豊かな環境と歴史の感じられる建物が特徴です。構内には「濯川」という名前の川(現在はポンプにより水は循環しています)が流れており、その周囲には木々が生い茂ってさながら森林のようです。また1928年建築の大講堂は趣あるレンガ造りの建物で、映画『帝一の國』のロケにも用いられました。キャンパスの最寄り駅は都営大江戸線新江古田駅か西武池袋線の江古田駅、西武有楽町線の新桜台駅で新宿や池袋、渋谷といった大きな駅からのアクセスもよくなっています。日大芸術学部や武蔵野音大も近くにある江古田駅前はまさに「学生街」といった雰囲気で、安く美味しい定食屋やラーメン屋、居酒屋、またカラオケなどもあり賑わっています。

朝霞グラウンドは江古田キャンパスからバスが出ている他、朝霞駅や大泉学園駅から出ているバスの「朝霞警察署前」停留所前が最寄りです。東京ドーム約1.4個分の広大な敷地に野球やサッカー、アメフトなどのグラウンドや部室棟などが揃っています。江古田キャンパスのグラウンドは大学生はほとんど使わないため部活はここで行うことが多いようです。

学科・専攻[ii]

ここではそれぞれの学科について詳しく記していきます。

経済学部:社会の変化と新しい問題の出現に対応できるよう、経済の基本とそして「自ら考える力」を身に付けることを目標としています。その中で少人数ゼミ授業や企業との合同の活動を特長としています。

  • 経済学科:経済についての知識を身に付け、多様な視点から経済を分析し経済の動きや変化が生活に及ぼす影響を考え予測する能力を養うことを目標としています。また国際社会で必要な語学力向上も目指しています。
  • 経営学科:企業の活動を学び、得た知識を企業経営の実践に活かす方法を学びます。ゼミやディスカッションの授業でコミュニケーション能力向上を目指すほか、会計やITに関する専門知識の習得も可能です。
  • 金融学科:私立大学では日本初の金融学科です。基礎から最先端の分野まで金融を専門的に学び、国際化する金融の世界での実践的能力を身に付けます。最終的には証券アナリスト第1次レベル試験に合格する力に到達することができます。

人文学部:人文学部では英語圏、ヨーロッパ、日本・東アジアの各文化と地域言語を学習し、グローバル化が進む現代社会での課題解決能力の獲得を目指します。多彩な留学制度が充実している他、語学力を徹底して鍛える「グローバル・スタディコース」も設置しました。

  • 英語英米文化学科:系統的かつ多様な英語学習により高度な英語力の習得を目指します。またゼミ形式の授業で興味に応じて英語圏の文化や歴史について学びます。
  • ヨーロッパ文化学科:ドイツとフランスを中心に、文学や歴史、思想、芸術、生活文化など様々な観点からヨーロッパ世界について学びます。また第一外国語としてドイツ語かフランス語を学ぶなど外国語学習にも力を注いでいます。
  • 日本・東アジア文化学科:日本文化および東アジア諸国の文化について、歴史や思想、芸術、文学などの分野から学びます。東アジアでの海外実習や日本でのフィールドワークも推奨し実践的な学習も目指しています。

社会学部:社会の様々な問題の調査と分析、そして調査結果や自己の見解を発信するスキルの習得を目標としています。全員が履修する1年次のゼミで基礎を学び、またフィールドワークや制作実習を精力的に行うことで社会の実相にも触れることができます。毎年「社会調査士」を数多く輩出しています。

  • 社会学科:社会学の基礎を学んだ後、フィールドワークなどで学外で実際にデータ収集・分析を行い、そして論理的な言葉や文章にする力を磨きます。科目選択の自由度の高さも特徴の一つです。
  • メディア社会学科:メディアを活用して情報を読み解き自ら発信する力を身に付けます。メディアの実際を理解するためにアンケートやインタビューを行って調査レポートなどのコンテンツ制作を行い、自ら考えて実践に移す行動力を養います。

特徴・資格

ほとんどの学科で開講されている少人数のゼミ授業が最大の特徴と言えるでしょう。更に学科の中でもさらに細かく、個人の興味のある分野に応じた自由な科目選択を行える学科が多く能動的な学習が期待できます。

取れる資格については学部・学科によっても異なりますが全学部で学芸員の資格は取得可能です。また経済学部では証券アナリスト、人文学部では日本語教員、社会学部では社会調査士の資格も取得を目指せます。その他キャリアアップセミナーを開講しており秘書や簿記、宅建などの試験対策講座が行われています。資格によっては取得すれば単位が認定されるものもあります。

名物行事や教授・講義など

名物行事としては学園祭「白雉祭」があげられるでしょう。学生が自主的に行っている学園祭で、毎年11月頃に部活やサークルにより江古田キャンパスの構内全体で様々な企画が催されます。お笑いライブやトークショーでは、中川家や銀シャリといった人気芸人や本郷奏多さんや佐藤二朗さんなどの芸能人を招待し人気を博しています。また音楽企画でも有名アーティストのライブを開催しています。珍しいところでは「いきもの企画」として動物を見たり触れ合ったりする企画が開催されています。去年はアルパカが来たそうです!

その他の行事としては「学内戦」と「四大戦」があります。
学内戦は5月に行われるスポーツ大会のことで、5月に行われる新年度最初のイベントです。
四大戦は学習院大学、成城大学、成蹊大学と対抗で行われる競技大会のことです。旧制七年制高等学校を母体とするこの4校は伝統的に親交があり、大会は2019年で第70回を迎えます。運動部同士の試合だけでなく有志での参加や教職員の種目があることも特徴です。

授業の特徴としてはやはり1年次から始まる豊富なゼミ授業でしょう。自分先生も面倒見がよくまた学部や学科の枠を超えて興味のある講義を取れる環境も評判が良いようです。自分の好きな分野について「自ら調べ自ら考え」、同級生とのコミュニケーションを交えながら理解を深めることができます。

授業の面白さは他の大学と比べても特筆すべきポイントです。講師や教授の中にはテレビなどに出演して活躍している方もいます。金融学科や社会学科、メディア社会学科などでは実践的な能力を身に付けられる講義があり、将来を見据えた時に大きな経験になるのではないでしょうか。講師もその現場で働いている人や著名人を招いて最先端の話を聴くことができます。他にもヨーロッパ文化学科には一つの国や地域に限定したマニアックな授業があるなど多くの知的好奇心をくすぐる授業があり、単位を取るためではなく内容を目的として講義を選ぶという大学としてあるべき姿が見られます。

入試情報

この章では入試について簡単に書いていきます。武蔵大学は「成成明学獨國武」と呼ばれる大学グループに属している、と言われることがあります。MARCHに次ぐ存在として人気が高まっている武蔵大学ですが、十分に対策すれば合格は難しくないでしょう。

入試種別

入試方式は一般方式とセンター方式、経済学部の特別選抜入試、人文学部と社会学部のAO入試があります。また帰国生対象入試や社会人入試も若干名ながら用意されています。一般入試は全学部統一試験(2科目型とグローバル型の2種類)と個別学部試験があり、センター方式は前期日程と後期日程があります。募集人数は一般方式の個別学部試験が最も多く、続いて前期のセンター方式や全学部統一の一般方式が多くなっています。

受験日程/科目/難易度/平均点など

一般入試は全学部統一が2/2、個別学部試験が2月の第1週に行われます。

またセンター方式の後期日程は出願締め切りが2/28と遅くなっています。また特別選抜入試とAO入試は10月上旬に試験があります。

受験科目については入試方式により異なります。個別学部試験については3教科が必要で国語・外国語の他に地歴公民・数学から1科目を選択します。全学部統一2科目型試験は国語・地歴公民・数学・外国語から2科目を選択して受けます。またグローバル型試験は国語・地歴公民・数学から1科目の他に英検など外国語検定試験の成績が必要です。偏差値は経営学科やヨーロッパ文化学科、日本・東アジア学科、社会学部の2学科で比較的高くなっており、どの学部でも75%~80%ほどの得点率が必要です。ただ十分に対策を行えば合格は見えてくるでしょう。

センター方式は2科目~4科目の得点率で合否が判断されます。合格者の得点率は高く、特に後期では合格者最低点でも85%を超える得点率が必要です。経済学部の特別選抜入試は高校か中学の課外活動で顕著な成績を修めた生徒、簿記などの資格を有している生徒などが対象で、総合問題の筆記試験と面接を受けます。AO入試は学科に応じて外国語検定の成績や課題研究の提出が必要で、こちらも小論文の試験と面接を受験します。

学費・奨学金制度

年間の授業料は77万円で維持費が別途で30万円かかります。その他入学金と父母会費などの諸経費と合わせ、初年度の学費は130万円ほどです。これは全学部で共通になります。

奨学金は大学オリジナルのものが多数ありこれらは給付型になります。経済的援助を目的としたものは教育ローンを援助するものや成績・人物優秀者に対する年間20万円が給付されるものがあります。また学業奨励を目的とした成績・人物優秀者に対する10万円ほどの奨学金や協定留学生に対する授業料の援助、地方学生の奨励を目的とした奨学金、海外研修や課外活動に対する援助もあります。その他にも日本学生支援機構奨学金や様々な団体の奨学金も用意されています。

学生寮

朝霞グラウンドもある敷地内に学生寮の朝霞プラザがあります。交換留学生も暮らしており共同生活を通した交流も可能です。食費なども含めて月額は51000円です。その他江古田駅や桜台駅周辺の学生向けアパートやマンションの紹介も行っています。

進路実績

武蔵大学の最大の特徴の一つが98%という就職率の高さです。更にきめ細やかなキャリア支援により卒業後の進路満足度も80%以上となっています。

進学・就職実績

4年間を通じたキャリア支援を行っており、大学としても特に力を入れている事業と言えるでしょう。キャリア支援センターでの個別指導や卒業生・就活サポーターによる支援など充実したサポートの結果が高い就職率につながっていると考えられます。就職先の業種としては、経済学部からは製造業や商社、金融・保険業や情報通信業が、人文学部からは製造業や小売り業、情報通信業やサービス業が、社会学部からは製造業や商社、小売業や情報通信業、マスコミがそれぞれ多くなっています。

大学院・研究機関の概要

大学院は経済学研究科と人文科学研究科が設置されています。経済学研究科は経済・経営・ファイナンス専攻のみで、博士前期課程と後期課程合わせて在学者は10人ほどです。また人文科学研究科は欧米文化専攻、日本文化専攻、社会学専攻に分かれ、前期課程と後期課程合わせ25人ほどです。いずれも小規模ゆえに少人数制での丁寧な指導が可能です。

大学の雰囲気/メリット/体験談など

部活動やサークルは生徒数の割に多く、自分の趣味に合ったものを見つけられることが多いそうです。交友関係も部活やサークルを通して形成されることが多くなります。ただ外国語のクラス授業やゼミ授業でも友達を作る機会はあります。

学生数が少なくキャンパスも小さい分、コミュニティは自分次第でかなり広げることができ、また密なコミュニケーションが出来るのでしょう。学生の男女比を見てみると、経済学部では男子の方が多い一方人文学部と社会学部では女子の方が多くなっており、全体としての男女比はほぼ1:1に近い数字となっています。このため男女の壁もなく仲のいい男女グループなども見られます。周囲は住宅街で自然も多くキャンパスは落ち着いた雰囲気ながら学生たちは非常に活気があり明るい印象です。

学習面でも、自分の興味にあった勉強・研究に打ち込める、また実際の現場に触れられるというのは大きなメリットでしょう。特に2年次からは学科に応じた授業が増えてくるため関心のある講義が多い、との声がありました。図書館も、旧制高校時代から集められた本が豊富に揃っています。また、成城大、成蹊大、学習院大とも連携しておりそれらの大学の本も借りることができます。資料は充分にあり研究に打ち込める環境が整っているといえるでしょう。

そして、進路の章でも書きましたが、最大のメリットは就職活動における面倒見の良さでしょう。職員は当然ですが、OB・OGによるサポートが行われている点や企業と連携した授業で社会について在学中から知ることができる点は他の大学にはあまりない強みなのではないでしょうか。偏差値が極めて高い大学というわけではありませんが就職率が高く、また志望する職に就けている割合が高いのはそのあたりに理由があるのだと思います。

参考
武蔵大学HP「建学の理念と教育の基本目標」

ii この章、武蔵大学HP「学部・学科一覧」より抜粋

この記事を書いた人