夏休みなのに勉強のやる気が出ない!やる気を出すたった1つの方法

その他

いよいよ夏休みに突入しましたね!

  • さっさと宿題を片づけて,残った時間を思う存分遊ぼう!と思っている人

や,

  • 宿題は最後にまとめてやれば何とかなるだろうから,とりあえず遊ぼう!
    と思っている人。

さまざまだと思います。

しかし,受験生はそうはいかないですよね。この夏休みが頑張りどきです

ところで,つい先日,受験生で夏休みを迎えた教え子から,「夏休みに入るまでは夏休みに頑張るぞ,と思っていたのに,夏休みになって学校が終わった途端,普段より時間ができたたはずなのにちっともやる気がでなくて,さっぱり勉強がはかどらないんです。やらなくちゃいけないのはわかっているんだけど…」と相談を受けました。こういう人,実はたくさんいるのではないでしょうか。

確かに大人でも,普段仕事で忙しいと,「仕事がしばらく休みになればあんなことも,こんなことも出来てたくさん用事が片付くのになぁ~。」と思っているのに,意外と大型連休や三連休があったりしても,「まだまだ時間はあるから!」
と思っているうち,あっという間に明日からまた仕事…なんていうこと,よくあるものです。

でも,受験生は時間に限りがあるからそうも言っていられません。

この,やる気が出ないとか,モチベーションがあがらない理由のひとつとして大きなものに目標が定まっていないということが挙げられると思います。この相談してきた教え子も,漠然と理系でGMARCH以上の大学を目指したい,とは言っているものの,まだ具体的に大学で勉強したいこととか,将来進みたい分野,やりたい仕事など何も具体的に決まっていないという状態でした。

ということは到達点が見えないので,この先受験を迎える日までに何をどれだけやれば良いのか,そして今はそのやるべきことに対してどれだけの割合のことを達成している状態なのか,を逆算することが出来ないわけです。

そうなると,先が見えないので実際より長く感じますし,やるべきこともとてつもなく膨大に思えて来ます。さらには自分の達成度も,やってもやっても上昇しないなぁ,という感覚しか得られないので,気持ちが滅入ってくるのですね。

そこで,その教え子には,
この先目標は変わってもかまわないし,変わるのは当然だけど,ひとまず自分が今の時点で考えられるおおよその方向性(そうなってもいやではない分野や,割と好きな分野)から学部を絞って,挑戦校と相応校と安全校をそれぞれ5つずつ決めようね。」とアドバイスしました。

それから1週間後の授業で,その教え子は受験する大学を見事に15校を決めて来て,「不思議とやる気が出て来ました!」と喜んでいました。

受験生に限らす人間は,目標がないとスイッチが入らない動物なのだなぁ,と改めて感じた瞬間でした。時間はあるのになんだかやる気が出ないなぁ,と悩んでいる皆さん。

どんな小さな目標でもかまわないので,ぜひ目標をたててみませんか。そして,目標を達成するために頑張る喜びを味わってみましょう。


きっとそれがいつの間にかやる気のもとになっているのだと気付いてもらえると思います。

さあ,あなたのやる気で充実した夏休みを送りましょう!

この記事を書いた人