工科系大学として有名な「京都工芸繊維大学」!その偏差値や入試情報などまとめ

大学

京都工芸繊維大学は工芸科学部1学部で構成される工科系大学で、規模は大きくないが、先端科学技術分野から建築・デザインまでの幅広い分野において、ものづくりを基盤とした「実学」を目指している個性ある教育研究を行う国公立大学である。大学の通称は工繊である。国際学術研究都市である京都にあり、都心に近いにもかかわらず、比叡山のふもとの豊かな緑と数多くの史跡に囲まれている。歴史と自然に触れ合いながら、創造性と感性を磨くことのできる大学である。そんな京都工芸繊維大学について詳しく紹介する。

大学概要

学校の沿革・理念・使命など

京都工芸繊維大学の沿革や理念・使命について紹介する。

(1) 沿革

  • 1899年
    • 前身である京都蚕業講習所開設。
  • 1949年
    • 京都工芸繊維大学設立(機会工芸学科、色染工芸学科、窯業工芸学科、建築工芸学科、養蚕学科、製糸紡績学科、繊維化学科)。
  • 1951年
    • 蚕糸別科設置。
  • 1954年
    • 意匠工芸学科、工芸学専攻科、繊維学専攻科設置。
  • 1959年
    • 繊維別科設置。
  • 1961年
    • 生産機械工学科設置。
  • 1963年
    • 電気工学科設置。
  • 1965年
    • 工業化学科設置。
  • 1968年
    • 機械工学科、繊維工学科設置。
  • 1970年
    • 無機材料工学科設置。
  • 1972年
    • 電子工学科設置。
  • 1974年
    • 住環境学科設置。
  • 1977年
    • 建築学科設置。
  • 1983年
    • 高分子学科設置。
  • 1985年
    • 応用生物学科設置。
  • 1988年
    • 機械システム工学科、電子情報工学科、物質工学科、造形工学科設置。
  • 1998年
    • デザイン経営工学科設置。
  • 2006年
    • 工芸科学部(応用生物学課程/生体分子工学課程/高分子機能工学課程/物質工学課程/電子システム工学課程/情報工学課程/機械システム工学課程/デザイン経営工学課程/造形工学課程/先端科学技術課程)設置。
  • 2014年
    • 生体分子応用課程、デザイン・建築学課程設置。
  • 2015年
    • 機械工学課程設置。
  • 2018年
    • 応用化学課程設置。

(2) 理念・使命

京都工芸繊維大学は伝統文化の源である古都の風土の中で、知と美と技を探求する独自の学風を築き上げ、学問、芸術、文化、産業に貢献する幾多の人材を輩出してきた。今後も社会の期待に応えるために以下を基本姿勢とする。

  • 人類の存在が他の生命体とそれらを取り巻く環境によって支えられていることを深く認識し、人間と自然の調和を目指す。
  • 人間の感性と知性が響きあうことこそが、新たな活動への礎となることを深く認識し、知と美の融合を目指す。
  • 社会に福祉と安寧をもたらす技術の必要性を深く認識し、豊かな人間性と高い倫理性に基づく技術の創造を目指す。

著名な業績や有名人

京都工芸繊維大学に関係のある有名人を紹介する。

  • サトウサンペイ
    • 漫画家。文藝春秋漫画賞、東京都民文化栄誉賞、紫綬褒章、旭日小綬賞を受賞。「平凡なサラリーマンの生活」を描いた。
  • 前田育男
    • カーデザイナー。マツダ株式会社執行役員デザイン本部長。
  • 有馬裕之
    • 建築家。
  • 吉武東里
    • 建築家。国会議事堂の実質的デザイナー。

学部学科

学部・学科についての概要

京都工芸繊維大学の学部は工芸科学部のみである。工芸科学部では、幅広い教養と高い倫理性を持ち、自らの構想力と遂行力によって、21世紀の産業、社会、文化に貢献できる理工科系専門技術者を養成することを目的として設置されている。工芸科学部には応用生物学域、物質・材料科学域、設計工学域、デザイン科学域の4つの学域がある。それぞれの学域について以下で説明する。

  • 応用生物学域
    • 応用生物学域ではテクノロジーの進歩によって増加した高齢化、ストレスなどによる癌、脳疾病、アレルギーといった病気や地球環境保全の問題を、バイオテクノロジーで解決し人間生活を豊かにできる人材を育成する。
  • 物質・材料科学域
    • 物質科学、材料科学、生命科学の発展には身近な物質や材料から最先端科学を支える物質や材料が必要不可欠である。物質・材料科学域では先端の科学技術や物質・材料について広い視野をもち、次世代の物質・材料の探求・開発ができる人材の育成を目指す。
  • 設計工学域
    • 工学は自然原理の理解のもと、社会に役立つ事物や安全で快適な環境を設計し構築することを目的とする学問である。課題を発見し、目的を明確にし、解決するためには様々なことを学び理解し、その知識を駆使して総合的に判断する能力を身につけなくてはならない。設計工学域では事物や環境を構築するための具体的な手法を修得し、有用さや安全性、快適さの視点で総合的な判断ができる技能をもつ高度専門技術者を育成する。
  • デザイン科学域
    • 社会では課題解決のための新たな「デザイン」が期待されている。期待に応じるためにデザイン科学域では建築・デザイン分野を背景としつつ、①人の相互コミュニケーションに対する科学的理解、②人工物を成立させるための工学的理解、③文化・芸術に関する洞察力と歴史的視点、④想像を社会実装化するビジネス戦略などを、統合的授業体系により学ぶ。

入学定員

令和2年度の各学部・学域・課程の入学定員を示す。

学域 課程 募集人員
合計 一般プログラム 地域創生Teach Program 特別入試

 

私費外国人

一般入試 ダビンチ(AO)入試 ダビンチ(AO)入試
前期日程 後期日程 一般 グローバル 一般 地域 社会人
応用生物学域 応用生物学課程 50 30 14 3 1 1 1 若干名 若干名
物質・材料科学域 応用化学課程 169 105 42 9 3 5 5 若干名 若干名
設計工学域 電子システム工学課程 61 34 20 3 1 1 2 若干名 若干名
情報工学課程 61 34 18 5 1 1 2 若干名 若干名
機械工学課程 86 50 27 4 1 2 2 若干名 若干名
デザイン科学域 デザイン・建築学課程 156 91 38 16 3 4 4 若干名 若干名
合計 583 344 159 40 10 14 16

(自己作成・転載OK)

キャンパス・周辺地域の環境

京都工芸繊維大学には松ヶ崎キャンパス、嵯峨キャンパス、福知山キャンパスの3つのキャンパスがある。それぞれのキャンパスについて紹介したいと思う。

(1) 松ヶ崎キャンパス

京都松ヶ崎にある京都工芸大学のメインキャンパス。全ての学部・学科・課程はここで学ぶ。大学の塔という虹色の塔はキャンパス内でも目立つ。

一般の方でも入ることができる美術工芸資料館や新しくできた食堂(オルタス)も魅力的である。周辺には高野川や松ヶ崎浄水場がある。道路を挟み東西にキャンパスが分かれている。東部は主にグラウンド、体育館、図書館、造形科学系などが配置されている。西部は主に生命物質科学系・設計工学系などがある。最寄り駅の松ヶ崎周辺にはあまり施設は無いが、松ヶ崎から地下鉄で2駅の北大路には大きなショッピングモールがある。また10分ほど歩けば京都のラーメン激戦区である一乗寺がある。通りのあちこちにラーメン屋さんがあって飽きないだろう。

アクセス

  • 京都駅より
    • 市営地下鉄烏丸線「国際会館」行きに乗車「松ヶ崎駅」下車、徒歩約8分
  • 京阪三条駅より
    • 市営地下鉄東西線「太秦天神川」行きに乗車、「烏丸御池駅」で地下鉄烏丸線・国際会館行きに乗り換え、「松ヶ崎駅」下車、徒歩約8分

(2) 嵯峨キャンパス

京都市立嵯峨中学校に隣接しており、周囲には京都府立嵯峨高校や広沢池がある。敷地の大部分は生物資源フィールド科学研究部門所轄の付属農場であり、他にも昆虫先端研究推進拠点などがある。

アクセス

  • JR京都駅
    • 嵯峨野線亀岡・園部・福知山方面行きに乗車(約20分)、嵯峨嵐山駅で下車、北東へ徒歩約15分
  • 地下鉄・市バス
    • 市バス93系統の嵐山行きに乗車し「嵯峨中学前」で下車

(3) 福知山キャンパス

2016年度から、理工科系の知識を生かし、地域産業の活性化などに向けて他分野の人たちと協働し、対処できる人材の育成などを目的に、「地域創生TechProgram」を開設した。プログラムの学生達は3年の前期までは松ヶ崎キャンパスで専門の基礎知識をみにつけ、3年の後期からは福知山キャンパスで、インターンシップや課題解決型学習に取り組む。

アクセス

  • 福知山駅から徒歩約23分

学科・専攻

京都工芸繊維大学の学域・課程を紹介する。

  • 応用生物学域(応用生物課程)
  • 物質・材料科学域(応用科学課程)
  • 設計工学域(電子システム工学課程、情報工学課程、機械工学課程)
    • 電子システム工学課程は現代社会の便利さや豊かさの実現に寄与している電気工学、電子工学を中心に、デバイス、通信、計測、エネルギー、制御に関する知識と技術の教育を行うことで専門的知識を備え、かつ広い視野を持つ創造性豊かな技術者・研究者の養成を目指している。
    • 情報工学課程ではハードとソフトを扱うための基礎を養うコンピューター科学(CS)と、基礎を応用して新しいシステムの創出を目指すコンピューター工学(CE)の両方を学ぶことができる。
    • 機械工学課程では「ものづくり」の進展に寄与するテーマの具体的な実現に向けて理論と実験の両面を考慮しつつ、自分自身で課題を見出し、それを解決できる「自己デザイン能力」を有する高度専門技術者の養成を目指している。
  • デザイン科学域(デザイン・建築学課程)

特徴・資格

各学部・学域・課程で取得できる資格について紹介する。

  • 学芸員(工芸科学部)
  • 一級建築士(工芸科学部【デザイン・建築課程】)
  • 甲種危険物取扱者(工芸科学部【応用科学課程】)

名物行事や教授・講義など

京都工芸繊維大学の学園祭や名物行事を紹介する。

(1) 松ヶ崎祭

京都工芸繊維大学の学園祭である。毎年11月に開催される。松ヶ崎祭には工学から建築・デザインを勉強している学生が多く関わり、手作りテントや創作ゲームなど特徴的な模擬店や展示品がある。近年は手作り市も好評だ。

(2) 工業デザイン論

岡田栄造教授が教鞭を執る。教授は「red dot賞 ベスト・オブ・ザ・ベスト」(2014)やグッドデザイン賞(2015)などを受賞している。授業ではイスのデザインや棚のデザイン等工業の絡むデザインを学べる。有名なプロダクトデザインやデザイナーを多く紹介してくれる。

(3) デザイン表現演習

木谷庸二先生が教鞭を執る。身の回りのプロダクトや建築の演習を行う。プロダクトでは自転車、時計、鞄、スマホケースなどの制作をRhinoceros(3次元モデリングツール)を用いて行う。

入試情報

入試種別

京都工芸繊維大学の入試形式について紹介する。

  • 一般入試(前期・後期)
    • 大学入試センター試験の成績と、大学が実施する個別学力検査などの結果を総合的に判断して選抜する。課程によっては、実技試験を行っている。
  • ダビンチ(AO)入試
    • 大学入試センター試験と個別学力検査を免除し、個人の資質・能力を総合評価して選抜する。第1次選考(提出書類、調査書、スクーリング)と最終選考(スクーリング)の2回の選考で判定する。
  • 私費外国人留学生入試

受験日程/科目/難易度/平均点など

受験日程(令和2年度)

日程 前期日程 後期日程
出願期間 令和2年1月27日(月)~2月5日(水)
試験実施日 2月25日(火)・26日(水) 3月12日(木)
合格発表日 3月6日(金) 3月23日(月)
出願期間 令和元年9月2日(月)~9月10日(火)
第1次選考 試験実施日 10月5日(土)
第1次選考 合格発表日 10月16日(水)
最終選考 試験実施日 11月2日(土)
最終選考 合格発表日 11月13日(水)

合格者最低点・平均点

課程 センター試験配点 個別試験配点 配点総合点 センター試験 個別試験 総点
平均点 最低点 平均点 最低点 平均点 最低点
応用生物学課程 500 800 1300 373 340 514 458 887 835
応用化学課程 400 600 1000 292 260 384 330 677 636
電子システム工学課程 450 700 1150 335 298 440 389 775 737
情報工学課程 450 700 1150 349 307 438 374 787 730
機械工学課程 450 725 1175 334 275 462 396 796 746
デザイン・建築学課程 450 600 1000 313 278 394 346 708 672

(自己作成・転載OK)

学費・奨学金

学部生の学費や受けられる奨学金について紹介する。

⑴ 学費

  • 授業料年額:535,800円
  • 入学料:282,000円
  • 検定料:17,000円

⑵ 奨学金

受けられる奨学金は以下の通りである。

  • 日本学生支援機構(JASSO)奨学金
  • 国立大学法人京都工芸繊維大学基金奨学生
  • 京都工芸繊維大学地域創生TeachProgram社会人学生奨学金
  • 地方公共団体及び民間育英団体の奨学金
  • 国の教育ローン(株式会社日本政策金融公庫)

学生寮

京都工芸繊維大学の学生及び提携大学の留学生等の居住用施設として松ヶ崎学生館がある。松ヶ崎学生館は松ヶ崎キャンパスの西側に隣接した場所にある。完成年月は2013年7月で新しく、最寄り駅である京都市営烏丸線「松ヶ崎」駅までは徒歩4分である。地上5階建で299部屋ある(1K292室(男子192室 女子100室)、1LDK7室)。

  K LDK
家賃 3.954.65万円 7.25~7.45万円
管理費 6,000 8,000円
礼金 なし
敷金 一時金5万円
その他費用 公共料金:実費

 

学生総合補償:18,600円/年(税別)

シェアサイクル:500円/月(税別)

光ネット:2,980円/月(税別)

  • 設備
    •  各部屋専用設備:セパレート(バス・トイレ)/電気温水器/温水洗浄便座/洗濯機/冷蔵庫/電化キッチン(IH)/エアコン/インターフォン(TVモニター付)/センサー感知ライト/暗証番号式キー/クローゼット/シューズケース/吊棚/フローリング/バルコニー/居室照明器具/居室仕切ドア/ベッド/机/椅子
    • 共同設備:オートロック/有人管理/エレベータ/宅配ボックス/防犯カメラ/多目的ホール/談話室/学習スペース/BSアンテナ/CSアンテナ/インターネット対応(任意)/シェアサイクル 150台(任意)/浄水器

進路実績

進学・就職実績

学部卒業生(平成30年度卒業)の進学・就職実績を示す。

課程/区分 卒業 進学 就職 進学希望 就職希望 その他 不詳 就職率
応用生物課程 48 35 8 0 0 5 0 100.0
生体分子工学課程

 

生体分子応用化学課程

高分子機能工学課程

物質工学課程

173 158 13 0 2 0 0 86.7
電子システム工学課程

 

情報工学課程

機械システム工学課程

機械工学課程

217 181 32 1 0 3 0 100.0
デザイン経営工学課程

 

造形工学課程

デザイン・建築学課程

157 104 45 1 1 6 0 97.8
合計 595 478 98 2 3 14 0 97.0

(自己作成・転載OK)

大学院・研究機関の概要

京都工芸繊維大学の大学院やその研究科、附属研究施設について紹介する。

大学院

  • 応用生物学域(博士前期課程応用生物学専攻、博士後期課程バイオテクノロジー専攻)
  • 物質・材料科学域(博士前期課程材料創製化学専攻、材料制御化学専攻、物質合成科学専攻、機能物質化学専攻、博士後期課程物質・材料化学専攻)
  • 設計学域(博士前期課程電子システム工学専攻、情報工学専攻、機会物理学専攻、機械設計学専攻、博士後期課程電子システム工学専攻、設計工学専攻)
  • デザイン科学域(博士前期課程デザイン学専攻、建築学専攻、京都工芸繊維大学・チェンマイ大学国際連携建築学専攻、博士後期課程デザイン学専攻、建築学専攻)
  • 繊維学域(博士前期課程・博士後期課程先端ファイブロ科学専攻、バイオベースマテリアル学専攻)
  • 基盤教育学域(基盤教育)

附属研究センターなど

  • 教育研究プロジェクトセンター
  • 昆虫先端研究推進拠点
  • ものづくり教育研究センター
  • 繊維科学センター
  • 伝統みらい教育研究センター
  • グリーンイノベーションラボ
  • 新素材イノベーションラボ
  • 附属図書館
  • 美術工芸資料館
  • 機器分析センター
  • 情報科学センター
  • 環境科学センター
  • アイソトープセンター

大学の雰囲気/メリット/体験談など

大学の雰囲気は理系の大学ということもあり真面目な雰囲気である。古い建物が多く少し学内が汚いこともあるが、一方できれいな食堂などもある。

京都工芸繊維大学のメリットは規模が小さいことである。1学年数千人もいる有名私立とは違い1学年の人数が1000人ぐらいしかいないため学内の個人やイベントに関する情報が耳に入りやすく、自分と興味の方向性・志向性が合う人やグループを見つけやすい。また研究室の人数が少なく(同学年の人数が10人くらい)、教授との距離が近いのも良い点だ。さらにものづくりについて学べる大学であるということもあり、実際に実験やものづくり画できる専用の施設も充実している

京都工芸繊維大学では3つの魅力化を掲げている。1つ目はカリキュラムの魅力化だ。3X3制度という3年の終わりから院試を受けられる制度があり、その分1年間を丸々研究に費やせる。その他にも英語鍛え上げプログラムや外国語のみで卒業できるコースを全専攻においていたりしてカリキュラムの魅力化を図っている。2つ目は、人材の魅力化だ。教職集団のグローバル化や海外一線級ユニットの招待で人材育成を図っている。3つ目は、場の魅力化だ。キャンパスの国際化、混住型学生宿舎の整備、「TECH SALON」や「グローバルコモンズ」の開設で場を魅力化している。

就職面では、京都工業繊維大学は建築が非常に有名で優れているのでその分野の就職には有利だろう。知名度はあまり高くないかもしれないが、企業の方からの評価は高いことが多い。

参考文献

この記事を書いた人