知る人ぞ知る文系の名門「一橋大学」!その偏差値や入試情報などまとめ

大学

学校紹介

皆さん一橋大学と聞いてどのようなイメージを持つでしょうか?「商法講習所としてはじまった大学であるため、商学部が看板学部となっていて、日本の経済界に大きな影響力を持つ人材を多く輩出してきた。」などとスラスラ答えられた方は少ないでしょう。東大、京大、東工大と並んで難易度の高い国立大学であるのに、世間からの認知度は低くてコスパが悪いなどの話をよく一橋の学生がしていますが、この記事を読めば一橋大学の魅力特徴がよく分かると思います。是非読んでみてください!

大学概要

一橋大学の沿革・理念

明治8(1875)年に、森有礼商法講習所を私設し、これをもとにして、大正9(1920)年に大学令によって、東京商科大学となる。昭和24(1949)年に、学制改革に伴い、現在の大学名である一橋大学へと改称し、商学部、経済学部、法学社会学部を設置し、新制の一橋大学に前期部が設けられる。この法学社会学部が、法学部と社会学部の分離し、現在は、商学部、経済学部、法学部、社会学部の4学部がある。

一橋大学の研究教育の理念は同校のホームページを参照すると

『1.充実した研究基盤を確立し、新しい社会科学の探究と創造の精神のもとに、独創性に富む知的、文化的資産を開発、蓄積し、広く公開する。

2.実務や政策、社会や文化との積極的な連携を通じて、日本及び世界に知的、実践的に貢献する。

3.豊かな教養と市民的公共性を備えた、構想力ある専門人、理性ある革新者、指導力ある政治経済人を育成する。』

と書かれており、この理念のもとで一橋大学は日本における政治経済社会の発展とその推進者を育成し、国内のみならず国際的に活躍する人材を多く輩出してきている。

著名な業績・有名人

上記した通り、一橋大学は政治経済社会に有力な人材を輩出してきた。著名な人物を上げると、運輸大臣、東京都知事を歴任した石原慎太郎、楽天の創業者である三木谷浩史が一橋大学の出身である。また政界や経済界以外でも、いきものがかりのギターである水野良樹といった芸能界で活躍する人材も輩出している。

学部・学科

学部・学科についての概要

先述の通り、一橋大学には商学部経済学部法学部社会学部の4つの学部がある。

商学部

経営学・会計学・マーケティング学・金融学などをメインとして、ほかの様々な社会科学と合わせて、企業と市場に関連した現実の諸現象について、そのメカニズムの解明や今後の予測を行う学部

経済学部

主に経済活動のモデルを作り、数理的に分析していく理論経済学と理論経済学を応用させていく応用経済学を学んでいく学部

法学部

人権の感覚と公共性に裏打ちされた法学の専門的教養国際的洞察力を身に着ける学部。

社会学部

環境問題、戦争と平和、格差と貧困といった、一元的な答えがない課題に対し、多元性・総合性・国際性を備えた“知”をもって取り組む学部

入学定員

商学部…275人(前期日程260人、推薦15人)

経済学部…275人(前期日程200人、後期日程60人、推薦入試15人)

法学部…170人(前期日程160人、推薦入試10人)

社会学部…235人(前期日程225人、推薦入試10人)

キャンパス・周辺地域の環境

一橋大学には国立キャンパス小平国際キャンパス千代田キャンパスの3つのキャンパスがある。

国立キャンパス

一橋大学の中心的なキャンパス。オープンキャンパスやKODAIRA 祭、一橋祭などのイベントもこの国立キャンパスで行われるので一橋といったらみながイメージするキャンパスである。商学部、経済学部、法学部、社会学部に加え、各種大学院もここにある。キャンパスは道路を挟んで東キャンパスと西キャンパスがあり、学生たちは授業の休み時間に横断歩道を通って移動している。キャンパスの奥の方には森があり、夏にはカブトムシやクワガタがでるほど自然豊かで都会の喧騒から外れた静かなキャンパスである。

アクセス:

JR中央線 国立駅より徒歩約10分

JR南武線 谷保駅より徒歩約20分 バス約6分

小平国際キャンパス

かつては小平国際キャンパスでも授業が行われていたが現在は行われていない。国際共同研究センター、国際学生宿舎、小平国際ゲストハウス、如水スポーツプラザ、グランドなど様々な施設があり、国際色豊かなキャンパスである。

アクセス:

JR 中央線 国分寺駅にて西武多摩湖線乗り換え一橋学園駅より徒歩約7分

千代田キャンパス

一橋講堂、法学研究科、経営管理研究科などがある。ふつうの学生がいくことはあまりない。

アクセス:

東京メトロ半蔵門線 都営地下鉄三田線、新宿線 神保町駅より徒歩約3分

東京メトロ東西線 竹橋駅より徒歩約4分

学科・専攻

一橋は人数が少ないためか、学科は多岐にわたらない。

商学部経営学科商学科

経済学部経済学科

法学部法律学科

社会学部社会学科

上のように学部から学科に分かれるのは商学部だけである。だからといって学部全員でうける授業ばかりというわけではなく、法学部では法学コースと国際関係コースに分かれたり、各学部でゼミの授業が行われていたりして、どちらかというと少人数の授業が多い

特徴・資格

ここからは現役一橋大学生(経済学部)にきいた各学部の特徴を紹介していく。

商学部

一橋大学の全4学部のうち唯一、一年生から4年生まで少人数のゼミがある。一年次は本の課題を出され、それを通読し、その本のテーマについて個人またはグループで調べるゼミが行われる。二年次は英語の本になる。3,4年次は専門のゼミになっていく。

経済学部

入試での数学の配点が最も高いため、女子の割合が低い学部(男87%・女13%2018 年)

数学の授業は必修になっている。出席を取る授業が少ないため、成績は期末テスト一発勝負になることが多い。後期日程では理系でも受けられる試験科目になっているので、理系出身の人も割といる

法学部

法学部といっても国際系の仕事に興味のある人が多いが、もちろん司法試験のためにダブルスクールしている人もいる。1、2年生は国内法と国際法・国際関係論を学び、3年生になると法学コースと国際関係コースに分かれる。

社会学部

経済学部とは対照的に、女子の割合が高い(男58%・女42%2018 年)。

商学部と同じで1年生からゼミがある。レポートがとても多く大変だが、逆にテストは少ないのでテスト期間は比較的楽。

名物行事

一橋大学は行事が1 年生の4~6 月に固まっている。新歓合宿→ボート大会→スポーツ大会→KODAIRA祭の流れで行われるので、これらを紹介していく。

新歓合宿

クラスごとにバーベキューしたり富士急ハイランドに行ったりする。

ボート大会

ボートは一橋の校技であるので、クラス対抗戦として行う

スポーツ大会

仮想競争、リレー、多足競争などが行われ、スポーツ大会の前には1 年生がクラスごとにキャンパス内で熱心に練習している。

KODAIRA祭

1年生がクラスごとに模擬店を出す。6月に行われ、ここでクラスの絆が完成する。ちなみに11月には一橋祭が行われるがこれは主にサークルごとで模擬店を出す。

入試情報

入試種別

一橋大学は前期入試、後期入試、推薦入試の3通りの入試の種類がある。

受験日程/科目/難易度/最高点・最低点

前期日程の入試日程は全学部共通で以下の通り。

出願期間

1月28日~2月6日

試験日

2月25・26日

合格発表

3月8日

後期の経済学部の日程は以下の通り

出願期間

1月28日~2月6日

試験日

3月12日

合格発表

3月20日

偏差値は前期日程の商学部、経済学部、法学部、社会学部みな67.5(河合塾)であり、後期の経済学部は72.5(河合塾)である。

商学部

センター試験

5~6教科7~8科目(250点満点)

国語…国語(50)

数学…数IA必須,数IIB・簿記・情報から1 科目,計2科目(50)

理科…物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎から2科目,または物理・化学・生物・地学から1科目(50)

外国語…英・独・仏・中・韓から1[リスニングを課す](50[10])

地歴…世界史B・日本史B・地理Bから選択(25)

公民…「倫理・政経」(25)

※理科は,「基礎2科目」または「発展1科目」から選択

選択→地歴・公民から2科目

二次試験

4教科(750点満点)

国語…国語総合(125)

数学…数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)(250)

外国語…コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II[音声テストを課す](250)

地歴…世界史B・日本史B・地理Bから選択(125)

公民…倫理・政経(125)

選択→地歴・公民から1科目

合格最高点…756点

合格最低点…581点

経済学部(前期日程)

センター試験

5~6教科7~8科目(210点満点)

国語…国語(40)

数学…数IA必須,数IIB・簿記・情報から1 科目,計2科目(40)

理科…物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎から2科目,または物理・化学・生物・地学から1科目(50)

外国語…英・独・仏・中・韓から1科目[リスニングを課す](40[8])

地歴…世界史B・日本史B・地理B(20)

公民…「倫理・政経」(20)

※理科は,「基礎2科目」または「発展1科目」から選択

※選択→地歴・公民から2科目

二次試験

4教科(790点満点)

国語…国語総合(110)

数学…数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)(260)

外国語…コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II[音声テストを課す](260)

地歴…世界史B・日本史B・地理Bから選択(160)

公民…倫理・政経(160)

選択→地歴・公民から1科目

合格最高点…763点

合格最低点…562点

経済学部(後期日程)

センター試験

5教科6~7科目(200点満点)

国語…国語(40)

数学…数IA必須,数IIB・簿記・情報から1 科目,計2科目(40)

理科…物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎から2,または物理・化学・生物・地学から1 科目(40)

外国語…英・独・仏・中・韓から1科目[リスニングを課す](40[8])

地歴…世界史B・日本史B・地理Bから選択(40)

公民…「倫理・政経」(40)

※理科は,「基礎2科目」または「発展1科目」から選択

※選択→地歴・公民から1科目

二次試験

2教科(800点満点)

数学…数I・数 A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(400)

外国語…コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(400)

合格最高点…769点

合格最低点…592点

法学部

センター試験

5~6教科7~8科目(270 点満点)

国語…国語(50)

数学…数IA必須,数IIB・簿記・情報から1 科目,計2科目(50)

理科…物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎から2,または物理・化学・生物・地学から1 科目(50)

外国語…英・独・仏・中・韓から1[リスニングを課す](50[10])

地歴…世界史B・日本史B・地理Bから選択(35)

公民…「倫理・政経」(35)

※理科は,「基礎2科目」または「発展1科目」から選択

※選択→地歴・公民から2科目

二次試験

4教科(730点満点)

国語…国語総合(110)

数学…数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)(180)

外国語…コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II[音声テストを課す](280)

地歴…世界史B・日本史B・地理Bから選択(160)

公民…倫理・政経(160)

選択→地歴・公民から1科目

合格最高点…795点

合格最低点…615点

社会学部

センター試験

5~6教科7~8科目(180点満点)

国語…国語(20)

数学…数IA必須,数IIB・簿記・情報から1 科目,計2科目(20)

理科…物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎から2,または物理・化学・生物・地学から1科目(100)

外国語…英・独・仏・中・韓から1[リスニングを課す](20)

英語は筆記180点リスニング20 点を20 点に圧縮

地歴…世界史B・日本史B・地理Bから選択(10)

公民…「倫理・政経」(10)

※理科は,「基礎2科目」または「発展1科目」から選択

※選択→地歴・公民から2科目

二次試験

4教科(820点満点)

国語…国語総合(180)

数学…数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)(130)

外国語…コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II[音声テストを課す](280)

地歴…世界史B・日本史B・地理Bから選択(230)

公民…倫理・政経(230)

選択→地歴・公民から1科目

合格最高点…857点

 合格最低点…667点

学費・奨学金制度

一橋大学は国立大学であるので、私立大学に比べ、良心的な学費になっている。

入学金282,000円

 授業料535,800円

また一橋大学は、経済的理由により授業料の納付が困難でありかつ優秀と認められる学生などは授業料の免除や授業料徴収猶予がある。

学生寮

一橋大学には国際学生館景明館という学生寮がある。今回はこの寮について紹介していく。景明館は従来の量と比べ利便性・流動性を高めるというコンセプトに基づき設計された寮で、大学院生を対象とした外国留学生との混住であり、一橋大学のグローバル化を推進している。部屋は居室A(20.43㎡)51室、居室B(27.61㎡)4室、バリアフリー室(27.61㎡)2室となっている。

使用料金 居室A                        ¥49.000/月

居室B                        ¥60.000/月

バリアフリー室            ¥49.000/月

これに加え共益費が6,000入居費30,000かかる。

進路実績

進学・就職実績

ここでは2018年に一橋大学を卒業した学生がどのような進路を選んだかを紹介していく。

卒業者995名の内、大学院などに進学した人は154人となっている。文系の学部しかない一橋大学はやはり進学者の割合が低くなっている。そのうち法学部は194人の卒業者のうち57人が進学し、他学部に比べ圧倒的に多くなっている。就職した人のうち銀行に勤める人は128人もおり、特に商学部・経済学部の卒業者から多い。官公庁に就職した人は40人である。

大学院・研究機関の概要

一橋大学には8つの大学院がある。

経営管理研究科

イノベーション研究センター

経済学研究科

法学研究科

グローバル・ロー研究センター

社会学研究科

言語社会研究科

国際・公共政策大学院

大学の雰囲気/メリット

一橋大学は人数も多くないため、学部間の垣根が低くなっている。例えば他学部の気になる授業を取ることができ、もちろん単位も取得できる

加えてクラスは学部によってではなく、入試の英語の点数をもとに振り分けられるので、他学部の学生ともたくさん知り合いになることができる。またグローバル化に力を入れているので、一橋大学がサポートをしてくれる留学制度が豊富にあったり、国際交流センターなどで日本にいても留学生と触れ合えたりすることで、自分の国際的な視点を養うことができる。

この記事を書いた人