都会ながらも落ち着いている「学習院大学」!その偏差値や入試情報などまとめ

大学

Abstraction

 皇室が通うことでも知られている学習院大学は、1847年に設立された公家のための教育機関に起源を発する非常に歴史ある大学です。近年は「GMARCH」の一角、早慶に次ぐ大学の一つとして存在感を放っています。最大の強みともいえる都会に近いながらも落ち着いていて静かなキャンパスは学習や研究、そして息抜きにも最適な環境です。もちろん教育面も特長をもっており、ハイレベルな教授の下で行われる少人数制ゼミ授業では関心ある分野を掘り下げて学ぶことができます。今回はそんな学習院大学について、学習面や生活面を中心に詳しく見ていこうと思います。

 

大学概要

学習院大学はその成立の歴史ゆえに多くの皇族が通った大学です。多方面で活躍するOB・OGを輩出している他、最近では高品質な研究でも脚光を浴びています。

学校の沿革・理念・使命など

学習院大学の起源は1847年に仁孝天皇が京都御所内に設けた公家のための教育機関です。明治時代に東京の神田錦町で官立学校「学習院」として改めて開校したものの、戦前までは宮内庁が管轄する華族のための教育機関であり、それ以外の階層からの入学は限定的でした。1908年に現在キャンパスが置かれている目白に移転し、戦後になると私立学校として新しい経営が始まります。そして1949年、新制大学「学習院大学」となりました。

大学の理念・目的を精深な学術の理論と応用とを研究教授し、高潔な人格及び確乎とした識見並びに健全で豊かな思想感情を有する、文化の創造発展と人類の福祉に貢献する人材を育成することを目的とする[i]としており、知識・学術の面では当然ながら人格面でも優れた人材を育成したいという考えが分かります。

著名な業績や有名人

研究の最前線で活躍しているハイレベルな教授陣が揃っており、『Nature Index 2018 Japan』[ii]によれば日本の学術機関の中で「高品質な科学論文を最も効率的に発表している」のが学習院大学であるそうです。またこれは企業も含めた日本の全機関の中でも2位にあたります。

そして、この学習院大学は辿ってきた経緯もあり多くの皇族が通ってきた大学です。その他にも多数の著名人の出身校であり、その歴史を感じさせます。元総理大臣で現在は財務大臣などを務める麻生太郎さんなどの政治家や様々な大企業の社長、東大などの他大学で教授を務めるような研究者を輩出してきました。また作家の塩野七生さんやオノ・ヨーコさん(中退)、宮崎駿さん、俳優の角野卓造さんやタレントのクリス松村さん、マラソンの川内優輝さんなどもこの大学で学び各界で活躍しています。

学部・学科

学習院大学は5学部17学科を有する大学で、大学院も含め緑豊かな目白のワンキャンパスで教育・研究が行われています。学生数は10000人ほどと決して少なくはないですが少人数制の授業の多さが特徴であり丁寧な指導を受けることができます。

学部・学科についての概要

1949年の学習院大学誕生当初は文政学部(文学科、哲学科、政治学科)と理学部(物理学科、化学科)が置かれていましたが、その後改組が行われ現在は法学部、経済学部、文学部、理学部、国際社会学部が置かれています。法学部には法学科と政治学科が、経済学部には経済学科と経営学科が、文学部には哲学科と史学科、日本語日本文学科、英語英米文化学科、フランス語圏文化学科、ドイツ語圏文化学科、心理学科、教育学科が、理学部には物理学科、化学科、数学科、生命科学科が、国際社会科学部には国際社会科学科が、それぞれ設置されています。

入学定員

2019年度の入学者数は2119人であり、例年全体で見ると定員よりやや多く入学する傾向にあります。学部・学科の定員の内訳は以下の通りです。

法学部:480人(法学科250人、政治学科230人)

経済学部:500人(経済学科250人、経営学科250人)

文学部:675人(哲学科95人、史学科95人、日本語日本文学科115人、英語英米文化学科115人、ドイツ語圏文化学科50人、フランス語圏文化学科65人、心理学科90人、教育学科50人)※2020年度入試の予定人数です。

理学部:210人(物理学科48人、化学科54人、数学科60人、生命科学科48人)

国際社会科学部:200人

キャンパス・周辺地域の環境

全ての学部が目白キャンパスにあり、目白駅から徒歩30秒ほどの場所にあります。山手線の沿線とは思えないほど静かで落ち着いた環境ながらも、新宿や池袋に近いため通学・遊ぶのにも便利でしょう。学生の街なので近くに専門学校なども多く、美味しいカフェやレストランもあります。キャンパス内は「目白の森」と呼ばれるように豊かな自然が特徴で、春には学内のいたるところにある桜が咲いてとても綺麗だそうです。

学科・専攻[iii]

ここでは各学部・学科について詳しく見ていきます。

法学部

  • 法学科[iv]:法について幅広い知識・教養を身に付け、法を通じて物事を考える力(リーガルマインド)や具体的に法による争いの解決力を身に付けます。リーガルマインドとは、「紛争の原因を公正に、法的に分析する力」、「紛争解決のためのルールを法律の根拠に基づいて考える能力」、「紛争予防のためのルールを考える能力」の3つを指します。この力の習得のために基礎的な科目と応用的な科目をバランスよく履修できる段階的なカリキュラムを組んでいるのが特徴的です。
  • 政治学科[v]:政治学や国際関係論、社会学の科目の他、メディアや政策の実務を総合的に学びます。更に講義と演習から構成されたカリキュラムにより「理論と知識に基づく問題発見能力」、「状況を把握する課題分析能力」、「意思伝達と建設的な議論のための合意形成能力」を身に付け、社会が必要とする「主体的市民」を育成することが目的です。

経済学部

  • 経済学科[vi]:経済に限らずどの分野にも応用できる課題解決力、またデータ分析や意思決定の手法を身に付けることが目的です。具体的には「社会の現状を把握するため情報を分析する力」、「課題解決に導くために具体的な戦略を立てる力」、「教養として日常生活でも生きる合理的な思考・判断力」を養い、世の中に対する見方を変えることができます。
  • 経営学科[vii]:持続可能ないい企業、いい組織に共通する要素を見出し、他の組織に応用することで人々の生活をより豊かにし得る組織を増やすことが目的です。「企業・組織の経営問題を体系的に捉える力」、「自ら問題・課題を設定し、自ら解決する力」、「組織を動かすコミュニケーション力とリーダーシップ」を身に付け、営利企業や公共組織において、または起業しても役に立つでしょう。

文学部

  • 哲学科[viii]:1952年の発足当時からある、文学部の中で最も歴史のある学科です。哲学・思想史系と美学・美術史系の2つから構成されています。前者は古代ギリシアから至る西洋哲学などの思想史的研究や、日本や中国、仏教などの東洋諸思想研究を、後者は美術史研究や建築士、音楽史、美学など多様な芸術領域に関わる研究を行っています。
  • 史学科[ix]:日本史、東洋史、西洋史のうち、1年次の学習の過程で興味を持った専門分野に2・3年次から分かれていく3分野一体の教育が特徴です。文字として残った史料を手掛かりに歴史の真実に迫っていく「文献史学」という手法を伝統的に重視しています。この営みは社会に出ても、独自に証拠を調べて他人を説得するという重要な能力として応用することができます。
  • 日本語日本文学科[x]:2年次から日本語日本文学系と日本語教育系に分かれます。前者では古代から現代にいたる日本語・日本文学を中心に日本文化の研究を、後者では日本語教育に携わる者の育成を行います。日本語教育系では相手の言語を理解するために海外留学も可能で、韓国や台湾で日本語教育海外研修も行っています。
  • 英語英米文化学科[xi]:言語や社会、歴史や思想など様々な視点から英語圏の文化を研究します。1、2年次で基礎知識を学んだうえで3年次から現代研究コース、英語文化コース、言語・教育コースに分かれるカリキュラムです。英語を重視した通常授業以外にも海外語学文化研修や英語教育インターンシップなどの実習が用意されています。
  • ドイツ語圏文化学科[xii]:ドイツ語圏の言語、文化、社会事情について学び、ドイツ語圏を通して国際関係を養うことが目的です。3年次から言語・情報コース、文学・文化コース、現代地域事情コースの3つに分かれて研究を行います。レベルに応じ充実したドイツ語教育の他、自己表現力を養う授業も豊富なことも特徴です。
  • フランス語圏文化学科[xiii]:徹底したフランス語教育を特色とする本学科では、ヨーロッパ以外のフランス語圏も含め文化に関わる事象を幅広く扱います。3年次からは言語・翻訳コース、文学・思想コース、舞台・映像コース、広域文化コースの4つに分かれ研究を行います。フランスの協定校への留学も用意されています。
  • 心理学科[xiv]:実験心理学や教育心理学、発達心理学、社会心理学、臨床心理学など幅広い領域をバランスよく学習し、3年から興味のあるゼミナールに選択することができます。文献を読むだけでなく実験や調査を通じてデータを集めることも特徴です。小グループで研究計画を立てて実施する能力やデータ分析力は一般企業においても役立つでしょう。
  • 教育学科[xv]:教育や社会に関する知見と教育における専門的技能を持ち、次代を担う人々の成長と共生社会の形成に貢献できる人材の育成が目標です。自然体験やモノづくりなど体験型学習やアジアなどの外国語習得も含めたコミュニケーション能力向上、地域社会と連携した学校教育など多文化共生社会における教育を重視しています。

理学部

  • 数学科[xvi]:数学を基礎から学ぶことで論理的思考力や数学に対する直観力を養い、数学の奥深さを理解させることが目標で、単なる計算技術にとどまらない専門的研究を目指しています。1.2年次では基礎的な科目を、3年次で多くの選択科目を受講し、4年次には研究室で専門テーマの研究に移るというカリキュラムになっています。
  • 物理学科[xvii]:学科の規模はそこまで大きくないものの研究レベルの高さが特徴です。応用物理学や物性物理学、量子工学、生物物理学、宇宙論など幅広い分野をカバーしており、1年次から3年次では講義、演習、実験を通した基礎学習を、4年次では研究室に所属して本格的な研究に参加します。
  • 化学科[xviii]:各分野で研究の最先端を行く教授の下で実験を重視した教育を行い、実験を通じた基礎の確認により発見力や想像力、応用力が養われます。1~3年次は基礎を重んじた講義と選択科目、演習や工作実習が用意され、4年次は希望する研究室で卒業研究を行います。物理化学の基礎や新しい機能性素材、地球・環境科学、有機金属化学など多彩な分野からの選択が可能です。
  • 生命科学科[xix]:トップレベルの教授陣の下、基礎学習・実験を通じた最先端の知識の習得とその実践を重視しています。生化学など「基礎生命科学」や生理学など「統合生命科学」だけでなく生態環境科学や免疫生物学などの幅広い生命科学分野、また食糧問題や環境汚染、高齢化といった社会問題を法学や心理学などの見地からも議論する「生命社会学」など幅広く網羅しています。

国際社会科学部:2016年に設置された新しい学部です。

  • 国際社会科学科[xx]:国際的なビジネスの場で活躍できる人材の育成を目指し、社会科学と語学教育を融合させた教育を行っています。具体的には法学、経済学、経営学、地域研究、社会学を幅広く学び、グローバルな企業が求めている課題発見・解決力や国際経済・社会に関する理解力を身に付けることが目標です。2年次以降は段階的に社会科学についても英語で学び、全員が卒業までに4週間以上の海外研究を経験することも特徴です。

特徴・資格

教育の特徴はレベルの高い教授陣少人数制のきめ細かい授業です。特に授業は約7割が1クラス40名以下の少人数制をとっており、教授や同級生などの距離感も自然と近くなるでしょう。

資格については、各学部で中学校・高等学校の教員免許を取得することが可能です。また必要な授業を取ることで学芸員の資格も取得できます。他にも教育学科で小学校の教員免許の取得が可能、経済学部で簿記の資格取得に対し教育・経済的支援を行っているなど学部・学科に応じて様々な資格取得への道があります。

名物行事や教授・講義など

名物行事は学園祭の「桜凛祭」です。今年は11月2日~4日に開催され、今回で50回目を迎えます。ミスターコンテストや玉木宏さんや吉沢亮さんなどの俳優の方を招待したトークショー、お笑いライブやプロのアーティストによるライブ、声優イベントが開催される他、たくさんの模擬店が出店されたりサークルなどの有志による企画が行われたりと非常に盛り上がるようです。

ダンスや音楽の発表なども含め参加団体は100を超え、来場者数は約3万人以上にも上ります。毎年恒例で変わった企画には「スマブラ大会」があります。人気ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」を対戦する企画で、学習院大の学生以外も参加できます。決勝大会が桜凛祭で行われ、レベルも高く大画面でとても迫力があるそうです。また近隣の目白地域の飲食店とのコラボレーションも行っており、桜凛祭のスタンプラリーと引き換えにクーポン券をもらうことができます。この機会に学生にも人気のお店に行ってみてはいかがでしょうか。

他に行事としては成蹊大、成城大、武蔵大と対抗で行われる運動競技大会「四大戦」があります。今年で70回を迎える歴史ある大会で、運動部員だけでなくサークルに所属する学生も参加できる競技や教職員による試合も行われます。学習院大学は最も優勝回数が多く、2018年度の第69回大会も優勝を果たしました。

授業は一流教授陣による面白いものが多く、2年次生から少人数によるゼミ形式の授業が行われます。先生から一方的に教わるだけでなく、自主的に調べ考えさせるような内容の授業も多いそうです。以下にいくつかのゼミを紹介していきます。

法学部法学科の「商法演習」はビジネスの世界で重要な会社法について学びます。また政治学科の「ヨーロッパ政治史演習」では現代の世界で大きな問題となっているポピュリズムについて研究します。その他にも『君の名は。』と19世紀絵画に共通する眺望から芸術を理解していく文学部哲学科の「2年次演習B」、ドイツ式の働き方改革が日本で成功しない理由を考えドイツの労働政策から日本へ提言をするドイツ語圏文化学科の「現代地域事情コースゼミナール」、スターバックスのコーヒーが高価なのに売れる理由など身近な題材から企業の経済活動を学ぶ国際社会科学部の「専門演習Ⅱ」など学生の興味を引き出す授業が多く用意されていることが特徴的です。

理学部の研究室にはリニアモーターカーにも用いられる超電導などから物質の性質を解明する物理学科の「町田研究室」、光学顕微鏡を通してナノ粒子の世界を研究する化学科の「齋藤研究室」などがあります。いずれも、1.2年次までの基礎的な学習を通じて興味を持ったゼミや研究室で専門的な研究を行うことが可能です。

入試情報

この章では入学試験について簡単に記していきます。法学部や国際社会学部などを中心に難易度は高く十分な対策が必要でしょう。学部・学科によって入試種別や受験科目は異なるので注意してください。

入試種別

入試種別には一般入試、指定校推薦入試、公募制推薦入試、その海外帰国入試や社会人入試などもあります。対応している学部・学科は以下の通りです。また、一般入試にはコア試験とプラス試験の2種類があります。プラス試験はほぼ全学部・学科で行われますが、文学部は心理学科と教育学科のみでの募集になります。

表2 各学部・学科の入試種別

(髙橋作成、転載は名前・記事名を明示の上で許可)

受験日程/科目/難易度/平均点など

一般入試については、コア試験・プラス試験ともに2月上旬に行われ、各学部それぞれの試験の日程は異なります。学部によって異なりますが英語など3科目の受験が必要です。またプラス試験の募集人数はコア試験と比べかなり少なくなっており、倍率もほとんどの学科で高くなる傾向にあります。

推薦入試は調査書や志望理由書などの書類審査と面接、小論文や筆記により選考されます。出願期間は11月の上旬です。また法学部政治学科の自己推薦特別入試は一定の英語力が求められ、英文読解による小論文と面接を受けることが必要です。AO入試についても書類審査と筆記試験、口頭試問が選考基準になります。

近年、「GMARCH」とも呼ばれるように私大では早慶に次ぐ難関大の一つと見なされています。学部ごとに見てみると法学部や国際社会学部の偏差値が高くなっています。特に近年国際系の学部が人気ということもあり、新設の国際社会学部はこれからも人気が高くなっていくかもしれません。

学費・奨学金制度

入学金が前学部共通で20万円、在籍料が6万円かかります。授業料は学部によって異なり、法学部と経済学部は68万6千円、文学部は77万円、理学部は108万4千円、国際社会科学部は90万5千円必要です。その他に研究実験費(文学部と理学部の一部学科で3万円もしくは8万円)、施設設備費(27万円~33万円)、父母会費などがかかり初年度納入費は120万円~170万円ほどです。詳しい内訳は以下の通りです。

表1 各学部・学科の学費について

(髙橋作成、転載は名前・記事名を明示の上で許可)

奨学金は、受験生向けの入学前予約型給付奨学金と在学生向けの奨学金があります。受験生向けの奨学金は「目白の杜奨学金」と「学習院桜友会ふるさと給付奨学金」です。

また在学生向けのものは大学独自の奨学金が給付型のものと貸与型のものがあり、他に日本学生支援機構や民間奨学財団、地方公共団体等の奨学金もあります。大学独自の奨学金の一部を以下に記します。

【入学前申請】

  • 目白の杜奨学金:100名に対し入学年度に100万円給付。学業、人物ともに優秀かつ経済的な支援が必要な学生が対象。
  • 学習院桜友会ふるさと給付奨学金:10名に対し年額50万円を4年間給付。学業、人物ともに優秀な学生が、模範となって活躍するための支援が目的。

【入学後申請】

  • 学習院大学新入学生特別給付奨学金:入学金20万円を支給。高校での評定点が高く家計が困窮している学生が対象。
  • 学習院大学学費支援給付奨学金:在籍学部学科の第2期分授業料相当額を給付。学業、人物が優秀で家計困窮度の高い学生が対象。
  • 学習院父母会奨学金:上限100万円で、授業料と施設設備費相当額を給付。学費負担者の死亡等で家計が急変した学生が対象。
  • 指定寄付奨学金
    「ゴールドマン・サックス・スカラーズ・ファンド」:50万円給付。家計困窮度が高く学業成績が優秀な2~4年生が対象。
  • 学習院大学奨学金:年額、もしくは半期の学費を貸与。2年生以上で勉学の意欲があり返還の責任が持てる、などの要件を満たした学生が対象。

学生寮

大学が指定している学生マンションと学生会館があります。

マンションは中板橋(グラディード中板橋)氷川台(ヴィンテージ氷川台)に、学生会館は千川(キャンパステラス千川)にありいずれも大学まで徒歩と電車を合わせて10~20分で着くアクセスの良さが魅力の一つです。

学生会館は2019年新築で家具や家電、食事も付いています。学生しかいないため近所とのトラブルの心配もなく、同じ学部の学生と仲良くなれます。またオートロックなどセキュリティの面も充実しており安心して生活することができます。

進路実績

学習院大学の特徴の一つに高い就職率があります。2018年度の就職内定率は98.7%です。大学のHPにもキャリア支援に力を入れているという旨が述べられており、就職率の高さにつながっているのでしょう。また、大学のHPの「キャリア・就職」のページが非常に充実していることも目につきました。このことから情報公開に力を入れており、キャリア支援に自信を持っていることが分かります。

参考:学習院大学HP 「就職実績」

進学・就職実績

全体的な傾向としては金融業、運輸・通信業、サービス業に従事する卒業生が多くなっています。学部ごとの特徴を見ていくと、法学部では他学部に比べ東京23区などの公務員の割合が高く、経済学部は大手銀行などの金融業に就く割合が高くなっています。文学部からはサービス業など多種にわたる業種に進んでいますが、教育学科などを中心に教員となる卒業生が多くなっています。理学部は運輸・通信業と製造業に進む割合が非常に高く、また進学する学生も多くなっています。2018年度は他大も含めた大学院への進学率が35%でした。

大学院・研究機関の概要

学習院大学大学院は法学研究科政治学研究科経済学研究科経営学研究科人文科学研究科自然科学研究科、その他専門職大学院として法務研究科(法科大学院)の7つの研究科から為っています。それぞれ博士課程・後期課程を有しており、学生数は合計で500人弱です。人文科学研究科、自然科学研究科は以下の専攻から構成されます。

  • 人文科学研究科:哲学専攻、美術史専攻、史学専攻、日本語日本文学専攻、英語英米文学専攻、ドイツ語ドイツ文学専攻、フランス文学専攻、心理学専攻、臨床心理学専攻、教育学専攻、アーカイブズ学専攻、身体表象文化学専攻
  • 自然科学研究科:物理学専攻、化学専攻、数学専攻、生命科学専攻

大学の雰囲気/メリット/体験談

都会にありながらも自然豊かな環境で、落ち着いた雰囲気、そして伝統が感じられる品の良さが特徴です。新宿や池袋に非常に近いながらも広く静かなキャンパスは他の大学にはない強みと言えます。(キャンパス内に馬術部が飼育している馬もいます!)学生も落ち着いた印象の人が多いようです。大学の規模はそこまで大きくないものの部活動やサークルの数は多い(珍しいサークルも多いようです)ので学生生活も十分に楽しむことができるでしょう。

1年生の内は学科によっても異なりますが法学部などは大人数での授業が多いので、友人は語学のクラスかサークルや部活などで作ることが多いようです。施設も図書館やパソコン室など充実しています。全体の図書館のほかに法学部・経済学部生のための図書センター、理学部図書館もあり、専門的な研究に必要な資料集めや勉強にも利用できます。

学習院大学はスポーツ推薦で学生を入学させてはいないため運動部は強豪というわけではありませんが、活動する環境は整っているようです。東京都一部リーグに所属しているサッカー部をはじめ、関東二部リーグに所属するアメリカンフットボール部、マラソンの川内優輝選手を輩出した陸上競技部などが好成績を目指して日々練習に励んでいます。

メリットは充実した教育と就職率の高さにあるでしょう。教育に関しては3.5でも述べた通り少人数の授業によりきめ細かい教育がレベルの高い教授陣から受けられます。内容が難しい授業もありますが、意欲さえあれば興味のある分野の深い教養を得られるでしょう。マスコミ・広告セミナーや業界研究セミナー、社会現象を学ぶ講座など100以上の就職サポートのプログラムが開催されている中で、就職率が高くなっている最大の要因は「面接対策セミナー」です。これは多くのOB・OGが協力して面接の基本や面接に対する心構えを伝える行事で、これも含めた就職プログラムに500人近いOB・OGが協力しています。

参考

[i] 学習院大学HP 「理念・目的」(10/2閲覧)

[ii]Nature 「Nature Japan/プレスリリース/日本の科学が衰退し続ける中、小規模な大学や研究機関が輝きを放つ」 (10/2閲覧)

[iii] 学習院大学HP 「学部・大学院」

[iv] 学習院大学法学部HP 「法学科の特徴」

[v] 学習院大学法学部HP 「政治学科の特徴」

[vi] 学習院大学経済学部HP 「経済学科」

[vii] 学習院大学経済学部HP 「経営学科」

[viii] 学習院大学文学部哲学科HP 「哲学科案内」

[ix] 学習院大学文学部史学科HP 「史学科 学科紹介」

[x] 学習院大学文学部日本語日本文学科HP 「構成・指導・カリキュラム」

(以上10/3閲覧)

[xi] 学習院大学文学部英語英米文化学科HP 「英語英米文化学科について」

[xii] 学習院大学文学部ドイツ語圏文化学科HP 「学科紹介」

[xiii] 学習院大学文学部フランス語圏文化学科HP 「学科紹介」

[xiv] 学習院大学文学部心理学科HP 「学科紹介」

[xv] 学習院大学文学部教育学科HP 「学科紹介」

(以上10/4閲覧)

[xvi] 学習院大学理学部HP 「学科・専攻紹介 数学科・数学専攻」

[xvii] 学習院大学理学部HP 「学科・専攻紹介 物理学科・物理学専攻」

[xviii] 学習院大学理学部HP 「学科・専攻紹介 化学科・化学専攻」

[xix] 学習院大学理学部HP 「学科・専攻紹介 生命科学科・生命科学専攻」

[xx] 学習院大学国際社会科学部HP 「学部紹介」

(以上10/6閲覧)

この記事を書いた人