勉強中に音楽を聴くのはアリ?マルチタスクについて

その他

皆さんは勉強するときに、静かな環境を好みますか?

それとも、ざわざわしていた方が集中できる方ですか?

好き好きだとは思いますが、東大生にアンケートをとったところ、東大に現役で合格した学生の実に80%近くが、兄弟が居て、かつ小学生のころからリビングで学習する習慣があった、と解答しているそうです。

リビングで学習するということは、時間によってテレビの音が聞こえていたり、また、お母さんが食事の支度をしていたり、他の兄弟が勉強や遊びなど別のことをやっていたりと、常に他人の気配や物音がしている状況の中で読み書きをする、ということになります。

試験の本番も含めて、世の中の様々な状況を考えると圧倒的に静かな環境よりも周りに他人が居てざわざわした環境の方が多いと思いませんか。

学校、試験会場、仕事場、カフェ、図書館等々…。

静かな環境でなら集中して学習できる、というのももちろん良いのですが、その場合、静かな環境が確保出来なくなった時にちょっとした物音や他人の気配でも気になってしまって自分の作業に集中できなくなってしまう恐れがありますね。

しかし、ざわざわしていた方が集中できる人にとっては、たまたま静かな環境にいても関係なく集中できることになりますから、ざわざわしていた方が集中できるということは、どんな状況でも自分がやろうと思った作業に打ち込める、ということになる訳です。断然、その方がおトクですよね。

しかし、例えば兄弟がいなかったり、両親が共働きで二人とも帰宅が遅く自宅には自分しか居なくてたとえリビングでも静かな環境しか手に入らないという人もいるでしょう

そんな人におススメなのが、BGMを上手く活用する学習方法です。

なにも、ジャカジャカうるさい音楽をかける必要はありません。

自分が心地よいと感じる、静かな音楽でも全然かまわないのですが、今自分がやろうとしている作業(=ここでは勉強を想定)と違う種類の物音が同じ場所に流れている、ということが重要なのです。

人間の耳は、聴こうという気がなくても自然と音が入って来て頭のどこかに聴いたものがインプットされています。

つまり、同じ時間の流れの中で勉強するという作業と、音楽を聴くという作業の二つを同時に行っているということになります。

二つ以上のことを同時に行うことを

マルチタスク

といいますが、特に仕事上でよく用いる言葉で、これが出来ると単純に作業効率が二倍、三倍へと上がります

作業効率が例えば二倍に上がると言うことは、同じ作業をやり終えるのに時間が半分で済む、ということになりますから、その余った時間を気分転換にあてるのも良し、別の作業を追加で行うも良しです。

また東大生の話になりますが、東大生に

「きっとものすごく勉強したんでしょう。」

と言うと、ほとんどの場合こう返ってきます。

「自分、部活やバイトもやっていたので本当にそんなに勉強してないですよ。」

と。

彼らは決して嘘をついている訳ではなく、ものすごく勉強したというと通常は時間的なことを言う場合が多いので、いえそんなに長時間勉強したわけでもないですよ、と言っているのだと思います。

でも、部活もバイトも勉強もやって、それでどうやって東大に合格したのかと言うと、彼らはマルチタスクなので、作業効率が普通の人の5倍も10倍も良いのです。

どうしてそうなのかというと、おそらく小さい頃からマルチタスクの訓練が出来ていて、同じ時間枠で人の2倍3倍の量の勉強をこなす練習を無意識的に積んできているので彼らにとって1時間は普通の人の5時間にも10時間にも相当してしまうのです。

でも普通の人には、とても今から彼らに追いつくことは無理だとしても、訓練すれば近づくことは出来ます。

そんな時におススメなのが、先ほど述べたBGMなのです。

たかが音楽ですが、されど音楽です。

リラックス効果もありますし、歌詞があるものでしたら、その歌詞は言葉としてちゃんと頭の中にインプットされていくのです。

BGMが気にならなくなってきたら、マルチタスクに少し慣れてきたということですから,少しグレードアップして、例えば数学の問題を解きながらリスニングの問題を(やらずに)流しておく、とか、キク単のCDを流しておく、といったこともやってみると面白いですよ。

ただ、一つだけ言うと、同じ種類のことをやらない方が良いということです。

例えば、英語の長読解をやっている時に、英語のリスニング問題を聴く、というのは避けた方がいいでしょう

同じ時間枠で二つ以上の作業をする際に、その作業内容が似通っていれば似通っているほど、共通項が結びついてしまって混乱してしまいやすいそうです。

とにかく受験でも仕事でも日常生活でも、どんな場合でも作業効率が良いに越したことはありませんね。

心の余裕を作るためにも,ぜひマルチタスクを目指してBGMを上手く活用してみてください。

この記事を書いた人