おしゃれで都会的な「青山学院大学」!その偏差値や入試情報などまとめ

大学

 青山学院大学は、よく言う“MARCH”のAに当たる都内有名私立大学の1つである。キリスト教信仰を背景とした教育方針に基づき、都心の立地を活かした学術研究や文化創造の情報発信型キャンパスにおいて、青山学院の伝統を受け継ぎながら最先端の教育を行う総合大学である。

大学概要

青山学院大学の歴史・理念・教育方針

歴史

 青山学院大学のもととなる青山学院は、米国のメソジスト監督教会が日本に派遣した宣教師によって創設された3つの学校(1874年にドーラ・E・スクーンメーカー女史によって麻布に開校された「女子小学校」、1878年にジュリアス・ソーパー博士によって築地に開校された「耕教学舎」、そして1879年にロバート・S・マクレイ博士によって横浜に開校された「美會神学校」)をその源流とする。

 この青山学院を母体として、青山学院大学は1949年に新制大学として開設された。1949年当時は文学部、商学部、工学部を置き、翌年1950年には文学部と商学部にそれぞれ第二部が設置された。その後1953年に商学部が経済学部に改組され、法学部、経営学部などが設けられ現在に至る。

教育方針

 学校HPによる「青山学院教育方針」は以下の通りである。

青山学院の教育はキリスト教信仰にもとづく教育をめざし、神の前に真実に生き心理を謙虚に追求し愛と奉仕の精神をもってすべての人と社会とに対する責任を進んで果たす人間の形成を目的とする。

スクール・モットー

 青山学院大学の母体である青山学院にはスクール・モットーが存在する。それが「地の塩、世の光」である。この言葉は聖書、マタイによる福音書から取られたもので、「あなたはかけがえのない存在だ」という宣言にあたる。青山学院に集う人がオンリー・ワンとしての存在感を発揮し活躍するという願いが込められている。

理念

 これらの教育方針やスクール・モットーに基づいた、青山学院大学の理念が以下である。

青山学院大学は、「青山学院教育方針」に立脚した、神と人とに仕え社会に貢献する「地の塩、世の光」としての教育研究共同体である。本学は、地球規模の視野にもとづく正しい認識をもって自ら問題を発見し解決する知恵と力をもつ人材を育成する。それは、人類への奉仕をめざす自由で幅広い学問研究を通してなされる。本学のすべての教員、職員、学生は、互いの人格を尊重し、建学以来の伝統を重んじつつ、おのおのの立場において、時代の要請に応えうる大学の創出に努める。¹

著名な業績・有名人 

 青山学院大学は様々な学部から多くの著名人を輩出してきており、その活躍のフィールドも非常に幅広い。政治家の蓮舫や、田中みな実をはじめとする数々のアナウンサー、また小説家のあさのあつこや、ねじめ正一、ミュージシャンでは桑田佳祐などが、青山学院大学の卒業生である。

学部・学科

学部・学科についての概要

 青山学院大学は人文・社会科学系8学部17学科、理工学部6学科、社会情報学部1学科がある。  

入学定員・男女比率

 それぞれの学部(学科)の入学定員や、男女比率について。

  • 文学部
    • 入学定員:計740(英米文300 , フランス文115 , 日本文120 , 史学120 , 比較芸術85)
    • 新入生の男女比率(2019年):男28%・女72%
  • 教育人間科学部
    • 入学定員:計298(教育188 , 心理110)
    • 新入生の男女比率(2019年):男28%・女72%
  • 経済学部
    • 入学定員:計539 (経済407 , 現代経済デザイン132)
    • 新入生の男女比率(2019年):男61%・女39%
  • 法学部
    • 入学定員:計500(法学)
    • 新入生の男女比率(2019年):男51%・女49%
  • 経営学部
    • 入学定員:計520 (経営360 , マーケティング160)
    • 新入生の男女比率(2019年)男55%・女45%
  • 国際政治経済学部
    • 入学定員:計304 (国際政治115 , 国際経済115 , 国際コミュニケーション74)
    • 新入生の男女比率(2019年):男44%・女56%
  • 総合文化政策学部
    • 入学定員:計259(総合文化政策)
    • 新入生の男女比率(2019年):男35%・女65%
  • 理工学部
    • 入学定員:計650 (物理・数理130 , 化学・生命科学115 , 電気電子工120 , 機械創造工95 , 経営システム工95 , 情報テクノロジー95)
    • 新入生の男女比率(2019年):男79%・女21%
  • 社会情報学部
    • 入学定員:計220(社会情報)
    • 新入生の男女比率(2019年):男58%・女42%
  • 地球社会共生学部
    • 入学定員:計190(地球社会共生)
    • 新入生の男女比率(2019年) 男31%・女69%
  • コミュニティ人間科学部
    • 入学定員:計240(コミュニティ人間科)
    • 新入生の男女比率(2019年):男28%・女72%

キャンパス・周辺地域の環境

 青山学院大学には青山キャンパス・相模原キャンパスの2つのキャンパスがある。以下にそれぞれ紹介する。

青山キャンパス

 

 青山キャンパスは、都心の立地を活かした学術研究や文化創造の情報発信型キャンパスとして、青山学院の伝統を受け継ぎながら常に最先端の教育環境が整う。文化・情報の発信地“渋谷・青山エリア”に立地するキャンパスで、人文科学系・社会科学系の7学部16学科が集結し、キャンパスの内外を“学ぶ場”として、積極的な知的探究が進められている。

学部学科:文学部・教育人間科学部・経済学部・法学部・経営学部・国際政治経済学部・総合文化政策学部の1~4年次がこの青山キャンパスで開講されている。また、現在は募集停止となっている文学部第二部(夜間部)も青山キャンパスにある。さらに、文学研究科・教育人間科学研究科・経済学研究科・法学研究科・経営学研究科・国際政治経済学研究科・総合文化政策学研究科・社会情報学研究科ヒューマンイノベーションコース・国際マネジメント研究科・法務研究科(※募集停止)・会計プロフェッション研究科がある。

所在地:〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25

アクセス:JR山手線、JR埼京線、東急線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線 他「渋谷駅」より徒歩10分

東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」より徒歩5分

相模原キャンパス

 相模原キャンパスは、理学2学科と工学4学科を擁する理工学部、社会情報学部、地球社会共生学部、そしてコミュニティ人間科学部の4学部の知が集う、先進の研究環境を誇るキャンパスである。

学部学科:理工学部・社会情報学部・地球社会共生学部・コミュニティ人間科学部(1~4年次)理工学研究科・社会情報学研究科社会情報学コース

所在地:〒252-5258 神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1

アクセス:JR横浜線「淵野辺駅」より徒歩約7分

「相模原キャンパスへの車輌での来校はご遠慮ください。」と公式HPにあるので注意が必要である。

 学科・専攻

 青山学院大学には学部によって多くの学科・専攻がある。
学部ごとに紹介する。¹

  • 文学部
    • 文学・語学・歴史・芸術という人文学的教養を通して、“人間の営みと文化の本質”をそれぞれの角度から究明し、学科の枠を超えた学際研究を推進している。
      中でも英米文学科は、“英語の青山”とも言われるように大学を象徴する学科で、イギリス文学・文化、アメリカ文学・文化、グローバル文学・文化、英語学、コミュニケーション、英語教育学の6つのコースがあり、コースにとらわれず幅広く学ぶこともできる。語学・専門科目の大半を英語で学べる「PESE(ピース)」と、スペシャリストを養成する「通訳・翻訳プログラム」が設けられている。
      フランス文学科では、フランス語の基礎技能を修得し、文化研究を通して文化と社会への理解を深める。2年次からは文学・語学・文化の3分野を中心に専門的に学ぶ。ネイティブスピーカーから学ぶ少人数教育が特徴フランスの大学への交換留学制度もある
      日本文学科では、「日本文学コース」と「日本語・日本語教育コース」を設置し、充実したカリキュラムと豊富なスタッフ数で、少人数できめ細やかな指導を行っている。
      史学科には、日本史・東洋史・西洋史・考古学の4コースがある。自ら史料を解読・分析したり、3年次に実施する研修旅行で史跡を調査したりして、自らの歴史観を確立させる
      比較芸術学科では、伝統的・古典的な芸術として長い歴史を刻んできた美術・音楽・演劇映像の3つのジャンルについて、古典重視・鑑賞教育・比較学習を総合的に実施している
  • 教育人間科学部
    • 一人ひとりの“人間”を考究の対象とし、現代の人間が直面する様々な問題の解決に取り組む行動力と自己教育力のある人材を育成している。
      教育学科では、人間形成探究、臨床教育・生涯発達、教育情報・メディア、幼児教育学、児童教育学の5コースを設置。幼稚園教諭一種、小学校教諭一種などの教員免許状の取得が可能
      心理学科では、研究テーマに応じて、「臨床」「発達」「社会」「認知」の4領域を中心に学ぶ。3年次からは、多様な進路に向けた「一般心理」と、公認心理師や臨床心理士を目指す「臨床心理」の2コース制により学ぶことができる。
  • 経済学部
    • 日々変化する世界経済の中で、その問題の核心をとらえ、解決する能力を持つ人材を育成している。経済学科と現代経済デザイン学科に分かれる。
      経済学科では、1年次に入門科目を履修した後、2年次以降は経済学を系統だてて段階的に学べるように以下の3コースを配置している
      理論・数量コースでは、経済現象の実態を理論的に解明するとともに、経済データをコンピュータを使って数学的思考で分析している。
      政策・産業コースでは、現実の経済現象を、政府の政策や企業活動、金融システムといった視点から学ぶことができる。
      歴史・国際・地域コースでは、国際問題や環境問題などを、時間的(歴史)あるいは空間的(地域)な切り口から総合的・学際的に考察している。
      現代経済デザイン学科では、経済学に基礎を置きながら、「公共」と「地域・コミュニティ」の視点を重視した教育・研究を行う。現代経済デザイン学科は公共コースと地域コースに分かれる。
      このうち公共コースでは、公共経済学を柱に、「政府」「公共性」について理解を深め、税制、社会保障、第三セクターなど、公共部門のマネジメントにかかわる諸問題に取り組んでいる。
      地域コースでは、地域経済学を柱に「地域・コミュニティ」について理解を深め、国際的な視点も取り入れ、地域社会の諸問題、求められる政策など、多様な検討を行っている。
  • 法学部
    • グローバル化が進展するいま、問題の解決や対処に役立つ法律の知識が注目されている。こうした社会的要請に応える法学を専門的、多面的に学ぶことができる。
      1年次後期から関心や目標に沿って、次の4コースのいずれかに所属する。
      • ビジネス法コース…民法や商法を出発点として、ビジネスの現場で要求されるさまざまな法知識を修得することができる。
      • 公共政策コース…行政法や政治学をはじめ、政策の立案・実施・評価にかかわる幅広い法知識を修得することができる。
      • 司法コース…法律のプロフェッショナルが備えるべき広範な法知識を修得することができる。
      • ヒューマン・ライツコース…NPOやマスメディア、国際機関などでの業務に必要なヒューマン・ライツ(人権)の法について学ぶ。グローバルな視野と現場の感覚を結ぶ、新領域の知識を修得することができる。
  • 経営学部
    • 世界市場の中で、明日を先取りしたビジネスを進め確かなマネジメント戦略を行うために、最先端の情報技術などを駆使して自立型の経営者を育成している。
      経営学科では、経営学、商学、会計学という3つの専門分野に区分されたカリキュラムによって、体系的かつ柔軟な履修が可能である。1・2年次では、経営学の基礎的知識を身につけられるよう分野別にコアとなる科目が配置されている。加えて、専門的な文献を読みこなす能力を養う入門ゼミ、コンピュータをフルに使いこなす技術をマスターするための実習授業などが充実している。3・4年次では、より細分化された専門領域を深く学修するようカリキュラムが工夫されているが、特にゼミナール教育に力を入れている。
      マーケティング学科では、「統合マーケティング思考」を知的基盤とし、「青山マーケティング」の確立という斬新な経営学教育を行う。現代の企業が直面する課題に対応し、現代メディアの特質や消費者の感性、国際文化的なビジネス環境を理解し、多様な次元での統合マーケティングを実践する知恵と方法を身につけ、あらゆる領域で自立思考力を発揮できる人材を育成する。学生自らが卒業後の進路に合わせ、履修計画を自由に設計できる
  • 国際政治経済学部
    • 学科の枠を超えた学際的なカリキュラムで、国際社会の理解と問題の解決に不可欠の多角的な視点を養い、国際政治や国際経済に積極的に関わることが出来る人間を育成している。
      3学科による独自の専門教育と学科を横断した学際教育が特色である。「3学科×各学科から派生した5コース制(政治外交・安全保障、グローバル・ガバナンス、国際経済政策、国際ビジネス、国際コミュニケーションの各コース)」を敷き、興味・関心・将来の目標に応じて、他学科・コースの科目を組み合わせて履修できる。
      外国語教育にも力を入れており、聞く・話す・読む・書くの4つの技能修得から、通訳や翻訳、ビジネスや広報コミュニケーションといった高度な専門能力までを学習できる実践的な英語カリキュラムと、海外の教授を招いて行う夏期集中講義、学部独自の短期海外研修などもある。
  • 総合文化政策学部
    • 2008年に新設されたばかりの新しい学部である。世界の人々と共通の目線で協働できる知恵と力、「共生」マインドを持ち、高い倫理観と社会奉仕の精神を備えた青学らしいグローバル人材を育成する。また、メディアのプロデュース、都市のプランニングなど、文化芸術の創造と発信に取り組める人材の育成を目指す。2年次から3つの専門分野別科目群を設けている。
      メディア文化分野は、多様なメディアにおいて生み出され、伝達される文化や情報を解読・分析し、メディアのデザインやプロデュースを目指す人のための科目群。
      都市・国際文化分野は、都市文化創造・国際文化貢献・地域文化再生などにかかわる政策や事業の立案を目指す人のための科目群。
      アート・デザイン分野は、芸術活動、自治体の文化活動や企業のメセナ活動などの運営を目指す人のための科目群。
  • 理工学部
    • 理工学部は以下6学科からなる。
      • 物理・数理学科では、物性物理、宇宙物理、高エネルギー天体物理など現代物理数学・理科学を学ぶことができる。2年次からは物理科学、数理サイエンスの2コースに分かれる。
      • 化学・生命科学科では、無機化学、有機化学、生命科学、物理化学、分析化学の5つの基幹分野を中心に、幅広い分野を学ぶことができる。
      • 電気電子工学科では、半導体や磁性体の基礎研究に取り組む「物性系」および通信、情報、電力などを追究する「回路系」の2大領域を系統的に学ぶことができる。
      • 機械創造工学科では、これからの時代と社会が求める新しい“ものづくり”のできる技術者と研究者の育成を目指している。
      • 経営システム工学科では、環境・省エネルギーに配慮した分析技術、モデル化の専門分野について、先端ITを駆使して学ぶことができる。
      • 情報テクノロジー学科では、メカトロニクス技術、ソフトウェア技術、ヒューマンファクタ技術、ネットワーク技術の4分野を総合的に学ぶことができる。
  • 社会情報学部
    • 2008年に設置された新しい学部である。
      社会・情報・人間の3領域と各2領域が融合する学際エリア(リエゾン)の知識とスキルをバランスよく学ぶことができる。現代の社会人に不可欠な「数理的素養」「論理的思考」「情報の高度な活用」「豊かなコミュニケーション能力」の4つの能力を、現実の問題発見を通して確実に磨いていく。3年次からは、進路選択の目安となる複数の履修モデルに基づき、「社会・情報」「社会・人間」「人間・情報」の各コースに分かれ、より実践的に学びを深めることができる。
  • 地球社会共生学部
    • 2015年に設置された新しい学部である。世界中の人と共に働き貢献できる「メディア/空間情報領域」「コラボレーション領域」「経済/ビジネス領域」「ソシオロジー領域」の4つの専門領域を中心とした学びと、世界のどこででも“使える英語力”を習得することができる。さらに必須の東南アジアへの半期留学によるフィールドワークを通して、理論と体験を一体化した学習を行うことができ、真のグローバル人材を育成している
      基礎演習では、留学先で学び・体験する際に必要な「共存」をキーワードにして、「人間力」の強化につながる考え方を多様な角度から学ぶ。
      複数開講される特殊講義には、これまで学んだ基礎演習や留学で学び体験した内容をさらに深めるための科目が用意されている
  • コミュニティ人間科学部
    • 2019年新設の学部。地域生活と職業生活とを密接につなぐことのできる新しいタイプの人間として、地域社会の活性化に直接寄与できる人間を育成している。地域社会と人々にかかわる諸課題を以下の5つの履修プログラムとして設計している。
      子ども・若者活動支援プログラムでは、子どもと若者の活動を支援するための知識・技術を学ぶことができる。
      女性活動支援プログラムでは、女性の活動を支援するための知識・技術を学ぶことができる。
      コミュニティ活動支援プログラムでは、日常生活や職業生活の諸活動を支援する知識・技術を学ぶことができる。
      コミュニティ資源継承プログラムでは、文化資産や情報資源について、後世への継承、同時代における伝達と活用に必要な知識・技術を学ぶことができる。
      コミュニティ創生計画プログラムでは、より豊かな地域社会を創出する方策について、実践的な計画策定に必要な知識・技術を学ぶことができる。

資格・特徴

資格について

 全学部で、司書・学芸員(任用)の資格は取得可能である。さらに教育人間科学部では小学校教諭一種・幼稚園教諭一種・学校図書館司書教諭(任用)の取得ができる。学校図書館司書教諭(任用)は教育人間科学部以外にも、理工学部(経営システム工学科を除く)、社会情報学部で取得可能である。

特徴

  • 留学プログラム
    • 学生の留学を支援するプログラムが多数用意されている。留学年次と修得単位によっては、休学せずに4年間で卒業可能な在学留学や、学部ごとの研修や大学主催の海外語学・文化研修などがある。留学に関するサポートは国際交流センターで行うことができる。
  • 外国語教育
    • 「英語の青山」の伝統をさらに高め、進化させるために、全学部で独自の外国語教育プログラムを展開している。世界の人々を理解し、交流するための学びは、一人ひとりの未来を拓くものであるとし、国際社会で活躍できる英語能力や国際感覚を養うための充実した学習を行うことができる。
  • 地域連携
    • 社会貢献を目指して、国内外のさまざまな地域や企業、団体と連携を図り、「英語教育」「地方創生」「都市計画」などを推進し、活躍の場を広げている。岡山県総社市における英語特区への教育支援、鳥取県との包括連携協定などは、それらの活動の一例となっている。

入試情報

入試種別

 青山学院大学に入学するには、一般入試、AO入試、大学入試センター試験利用入試、推薦・特別入試、のいずれかを突破しなければならない。さらに一般入試は、すべての学部・学科が同じ日程で行われる全学部日程と、学部ごとに異なる日程で実施される個別学部日程の2種類がある。ここでは2種類の一般入試を中心に詳しく紹介する。

受験日程/科目/難易度/合格最低点

受験日程(2020年度)

(※最新年度は大学HPにてご確認ください。)

  • 文学部
    • 全学部日程:2/7
    • 個別学部日程:2/13・2/14
      • 英米文、フランス文(A方式)…2/13
      • 日本文(B方式)…2/13
      • 比較芸術…2/13
      • 英米文(B方式、C方式)…2/14
      • フランス文(B方式)…2/14
      • 日本文(A方式)…2/14
      • 史…2/14
  • 教育人間科学部
    • 全学部日程:2/7
    • 個別学部日程:2/13
      • 教育…2/13
      • 心理…2/13
  • 経済学部
    • 全学部日程:2/7
    • 個別学部日程:2/19
      • 経済学科(A方式、B方式)…2/19
      • 現代経済デザイン(A方式、B方式)…2/19
  • 法学部
    • 全学部日程:2/7
    • 個別学部日程:2/18・2/21
      • 法(A方式)…2/18
      • 法(B方式)…2/21
  • 経営学部
    • 全学部日程:2/7
    • 個別学部日程:2/15・2/21
      • 経営(A方式)…2/15
      • マーケティング学科(A方式)…2/15
      • 経営(B方式)…2/21
      • マーケティング学科(B方式)…2/21
  • 国際政治経済学部
    • 全学部日程:2/7
    • 個別学部日程:2/18
      • 国際政治(A方式、B方式)…2/18
      • 国際経済…2/18
      • 国際コミュニケーション(A方式、B方式)…2/18
  • 総合文化政策学部
    • 全学部日程:2/7
    • 個別学部日程:2/10・2/21
      • 総合文化政策(B方式)…2/10
      • 総合文化政策(A方式)…2/21
  • 理工学部
    • 全学部日程:2/7
    • 個別学部日程:2/10・2/11
      • 物理・数理(A方式)…2/10
      • 化学・生命科(A方式)…2/10
      • 電気電子工(A方式)…2/10
      • 機械創造工(A方式)…2/10
      • 経営システム工(A方式)…2/10
      • 情報テクノロジー工(A方式)…2/10
      • 物理・数理(B方式)…2/11
      • 化学・生命科(B方式)…2/11
      • 電気電子工(B方式)…2/11
      • 機械創造工(B方式)…2/11
      • 経営システム工(B方式)…2/11
      • 情報テクノロジー工(B方式)…2/11
  • 社会情報学部
    • 全学部日程:2/7
    • 個別学部日程:2/14
      • 社会情報(A方式、B方式)…2/14
  • 地球社会共生学部
    • 全学部日程:2/7
    • 個別学部日程:2/11・2/21
      • 地球社会共生(B方式)…2/11
      • 地球社会共生(A方式)…2/21
  • コミュニティ人間科学部
    • 全学部日程:2/7
    • 個別学部日程:2/11・2/13・2/21
      • コミュニティ人間科(B方式)…2/11
      • コミュニティ人間科(A方式)…2/13
      • コミュニティ人間科(C方式)…2/21

科目

  • 文学部
    • 英米文(A方式)…3教科(400点満点)
      • 【国語】国語総合(100)
      • 【地歴】世B・日Bから1(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(音声テストを課す)(200)
    • 英米文(B方式)…1教科(400点満点)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(200)
      • 表記科目の他にListening & Composition(コミュ英I・II・III・英表I・II)200点を課す
    • 英米文(C方式)…3教科(400点満点)
      • 【国語】国語総合(100)
      • 【地歴】世B・日Bから1(100)
      •  [外検]TEAP(4技能)総合点280点以上かつ各技能65点以上のスコア要件を出願資格とし、外国語の得点として利用。満点400点を200点に換算
    • フランス文(A方式)…3教科(400点満点)
      • 【国語】国語総合(100)
      • 【地歴】世B・日Bから1(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(仏選択可)(200)
    • フランス文(B方式)…2教科(400点満点)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(200)
      • 【小論文】(200)
      • 小論文は論述試験で、文化・社会等に関する文章を提示し、読解力・論述力をみる。論述試験に基準点を設け、基準点に達した者のうち外国語の得点の上位者を合格としている
    • 日本文(A方式)…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合・古典B(150)
      • 【地歴】世B・日Bから1(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
    • 日本文(B方式)…2教科(300点満点)
      • 【国語】国語総合・古典B(200)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
    • 史学…3教科(300点満点)
      • 【国語】国語総合(100)
      • 【地歴】世B・日Bから1(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
    • 比較芸術…3教科(300点満点)
      • 【国語】国語総合(100)
      • 【地歴】世B・日Bから1(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
    • 英米文、フランス文(全学部日程)…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(古文・漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
    • 日本文、史学、比較芸術(全学部日程)…3教科(400点満点)
      • 【国語】国語総合(150)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)         
  • 教育人間科学部
    • 個別学部日程…3教科(500点満点)
      •  【国語】国語総合(200)
      •  【地歴】世B・日Bから1(100)
      •  【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(200)
    • 全学部日程…3教科(350点満点)
      •  【国語】国語総合(古文・漢文を除く)(100)
      •  【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      •  【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
  • 経済学部
    • 経済(A方式)…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(100)
    • 経済(B方式)…2教科(250点満点)
      • 【数学】数I・数A・数II・数B(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
    • 現代経済デザイン(A方式)…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(100)
    • 現代経済デザイン(B方式)…2教科(250点満点)
      • 【数学】数I・数A・数II・数B(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現
    • 全学部日程…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(古文・漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
  • 法学部
    • 法(A方式)…2~3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地・公・数・英語リスニング(コミュ英I,II,III・英表I,II)から1】
        • 《地歴》世B・日B(出題範囲は17世紀以降)から選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
        • 《外国語》英語リスニング(コミュ英I・II・III・英表I・II)(100)
    • 法(B方式)…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(古文・漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
    • 全学部日程…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(古文・漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
  • 経営学部
    • 経営(A方式)…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)     
    • 経営(B方式)…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(古文・漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
    • マーケティング(A方式)…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)      
    • マーケティング(B方式)…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(古文・漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
    • 全学部日程…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(古文・漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
  • 国際政治経済学部
    • 国際政治(A方式)…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日B(出題範囲は17世紀以降)から選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
    • 国際政治経済(B方式)…2教科(250点満点)
      • 【国語】国語総合(漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      •  [外検]出願要件に英検等の外国語検定試験の成績提出を課す。
    • 国際経済…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日B(出題範囲は17世紀以降)から選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
    • 国際コミュニケーション(A方式)…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日B(出題範囲は17世紀以降)から選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
    • 国際コミュニケーション(B方式)…2教科(250点満点)
      • 【国語】国語総合(漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • [外検]出願要件に英検等の外国語検定試験の成績提出を課す。
  • 総合文化政策学部
    • 総合文化政策(A方式)…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(古文・漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
    • 総合文化政策(B方式)…学科試験なし(300点満点)
      • 【小論文】(300)
        小論文では、文章を読み、分析する能力、自分の文章を論理的に展開できる力、自由に発想する力、自分の意見や発想を十分に表現する力を総合的に問う論述等を課す。
      • 【外検】出願要件に英検等の外国語検定試験の成績提出を課す
    • 全学部日程…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(古文・漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・公民・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
  • 理工学部
    • 物理・数理(A方式)…3教科(450点満点)
      • 【数学】数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(150)
      • 【理科】「物基・物」(150)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
    • 物理・数理(B方式)…3教科(500点満点)
      • 【数学】数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(200)
      • 【理科】「物基・物」(200)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
    • 化学・生命科、電気電子工、機械創造工、経営システム工、情報テクノロジー(A方式)…3教科(450点満点)
      • 【数学】数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(150)
      • 【理科】「物基・物」・「化基・化」から1(150)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
    • 化学・生命科、電気電子工、機械創造工、経営システム工、情報テクノロジー(B方式)…3教科(500点満点)
      • 【数学】数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(200)
      • 【理科】「物基・物」・「化基・化」から1(200)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
    • 物理・数理(全学部日程)…3教科(400点満点)
      • 【数学】数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(150)
      • 【理科】「物基・物」(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
    • 化学・生命科、電気電子工、機械創造工、経営システム工、情報テクノロジー(全学部日程)…3教科(400点満点)
      • 【数学】数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(150)
      • 【理科】「物基・物」・「化基・化」から1(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
  • 社会情報学部
    • 社会情報(A方式)…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(古文・漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
    • 社会情報(B方式)…2教科(350点満点)
      • 【数学】数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(200)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
    • 社会情報(全学部A方式)…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(古文・漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
    • 社会情報(全学部B方式)…2教科(400点満点)
      • 【数学】数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(250)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
  • 地球社会共生学部
    • 地球社会共生(A方式)…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(古文・漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
    • 地球社会共生(B方式)…学科試験なし(150点満点)
      • 【小論文】(150)
    • 全学部日程…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(古文・漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
  • コミュニティ人間科学部
    • コミュニティ人間科(A方式)…3教科(500点満点)
      • 【国語】国語総合(200)
      • 【地歴】世B・日Bから1(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(200)
    • コミュニティ人間科(B方式)…学科試験なし(150点満点)
      • 【小論文】(150)
    • コミュニティ人間科(C方式)…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(古文・漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
    • 全学部日程…3教科(350点満点)
      • 【国語】国語総合(古文・漢文を除く)(100)
      • 【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
      • 【選択→地歴・数学から1】
        • 《地歴》世B・日Bから選択(100)
        • 《公民》政経(100)
        • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)   

難易度

 “MARCH”のAである青山学院大学の入試を突破するのは決して楽なものではないので、合格を勝ち取るには入念な準備が必要である。

 偏差値は学部や入試方式により異なるが、河合塾による入試難易予想ランキングによれば、偏差値55.0-65.0である。²

合格最低点

 ここでは2019年の合格最低点を記載する。

  • 文学部
    • 英米文学科(全学部日程):280.0/350
    • 英米文学科(個別A方式):281.0/400
    • 英米文学科(個別B方式):297.0/400
    • 英米文学科(個別C方式):306.5/400
    • 英米文学科(セ試):467.0/500
    • フランス文学科(全学部日程):273.0/350
    • フランス文学科(個別A方):256.0/400
    • フランス文学科(セ試):446.0/500
    • 日本文学科(全学部日程):302.0/400
    • 日本文学科(個別A方式):240.0/350
    • 日本文学科(個別B方):214.5/300
    • 日本文学科(セ試):531.0/600
    • 史学科(全学部日程):309.0/400
    • 史学科(個別日程):206.0/300
    • 史学科(セ試):529.0/600
    • 比較芸術学科(全学部日程):309.0/400
    • 比較芸術学科(個別日程):204.0/300
    • 比較芸術学科(セ試):540.0/600
  • 教育人間科学部
    • 教育学科(全学部日程):266.0/350
    • 教育学科(個別日程):345.0/500
    • 教育学科(セ試):446.0/500
    • 心理学科(全学部日程):279.0/350
    • 心理学科(個別日程):343.0/500
    • 心理学科(セ試):404.0/450
  • 経済学部
    • 経済学科(全学部日程):270.0/350
    • 経済学科(個別A方式):264.0/350
    • 経済学科(個別B方式):169.0/250
    • 経済学科(セ試):430.0/500
    • 現代経済デザイン学科(全学部日程):270.0/350
    • 現代経済デザイン学科(個別A方式):257.0/350
    • 現代経済デザイン学科(個別B方式):160.0/250
    • 現代経済デザイン学科(セ試3教科):356.0/40
    • 現代経済デザイン学科(セ試4教科):443.0/500
  • 法学部
    • 法学科(全学部日程):272.0/350
    • 法学科(個別A方式):251.0/350
    • 法学科(個別B方式):235.0/350
    • 法学科(セ試):307.0/350
  • 経営学部
    • 経営学科(全学部日程):272.0/350
    • 経営学科(個別A方式):230.0/350
    • 経営学科(個別B方式):250.0/350
    • 経営学科(個別C方式):287.0/400
    • 経営学科(セ試3教科):495.0/550
    • 経営学科(セ試4教科):569.0/650
    • マーケティング学科(全学部日程):278.0/350
    • マーケティング学科(個別A方式):237.0/350
    • マーケティング学科(個別B方式):242.0/350
    • マーケティング学科(個別C方式):300.0/400
    • マーケティング学科(セ試3教科):495.0/550
    • マーケティング学科(セ試4教科):570.0/650
  • 国際政治経済学部
    • 国際政治学科(全学部日程):281.0/350
    • 国際政治学科(個別A方式):257.0/350
    • 国際政治学科(個別B方式):209.0/250
    • 国際政治学科(セ試3教科):368.0/400
    • 国際政治学科(セ試4教科):526.0/600
    • 国際経済学科(全学部日程):281.0/350
    • 国際経済学科(個別日程):253.0/350
    • 国際経済学科(セ試3教科):364.0/400
    • 国際経済学科(セ試4教科):529.0/600
    • 国際コミュニケーション学科(全学部日程):281.0/350
    • 国際コミュニケーション学科(個別A方式):267.0/350
    • 国際コミュニケーション学科(個別B方):210.0/250
    • 国際コミュニケーション学科(セ試):368.0/400
  • 総合文化政策学部
    • 総合文化政策学科(全学部日程):276.0/350
    • 総合文化政策学科(個別A方式):252.0/350
    • 総合文化政策学科(個別B方式):215.0/300
    • 総合文化政策学科(セ試3教科):450.0/500
    • 総合文化政策学科(セ試4教科):531.0/600
  • 理工学部
    • 物理・数理学科(全学部日程):273.0/400
    • 物理・数理学科(個別A方式):311.0/450
    • 物理・数理学科(個別B方式):317.0/500
    • 物理・数理学科(セ試):486.0/600
    • 化学・生命科学科(全学部日程):305.0/400
    • 化学・生命科学科(個別A方式):292.0/450
    • 化学・生命科学科(個別B方式):321.0/500
    • 化学・生命科学科(セ試):525.0/600
    • 電気電子工学科(全学部日程):289.0/400
    • 電気電子工学科(個別A方式):298.0/450
    • 電気電子工学科(個別B方式):323.0/500
    • 電気電子工学科(セ試):412.0/500
    • 機械創造工学科(全学部日程):281.0/400
    • 機械創造工学科(個別A方式):317.0/450
    • 機械創造工学科(個別B方式):326.0/500
    • 機械創造工学科(セ試):508.0/600
    • 経営システム工学科(全学部日程):306.0/400
    • 経営システム工学科(個別A方式):307.0/450
    • 経営システム工学科(個別B方式):331.0/500
    • 経営システム工学科(セ試):443.0/500
    • 情報テクノロジー学科(全学部日程):307.0/400
    • 情報テクノロジー学科(個別A方式):324.0/450
    • 情報テクノロジー学科(個別B方式):343.0/500
    • 情報テクノロジー学科(セ試):441.0/500
  • 社会情報学部
    • 社会情報学科(全学部A方式):276.0/350
    • 社会情報学科(全学部B方):307.0/400
    • 社会情報学科(個別A方式):243.0/350
    • 社会情報学科(個別B方式):222.0/350
    • 社会情報学科(セ試):267.5/300
  • 地球社会共生学部
    • 地球社会共生学科(全学部日程):270.0/350
    • 地球社会共生学科(個別A方式):244.0/350
    • 地球社会共生学科(個別B方式):86.0/150
    • 地球社会共生学科(セ試):408.0/450
  • コミュニティ人間科学部
    • コミュニティ人間科学科(全学部日程):260.0/350
    • コミュニティ人間科学科(個別A方式):298.0/500
    • コミュニティ人間科学科(個別B方式):98.0/150
    • コミュニティ人間科学科(個別C方式):221.0/350

学費・奨学金制度

学費 

 文学部英米文学科を例に挙げれば、初年度納入金額は1,328,200円である。

奨学金

 複数の奨学金制度がある。ここでは名前を挙げるにとどめる。

  •  給付型奨学金…地の塩、世の光奨学金(入学前予約型給付奨学金)、青山学院大学経済支援給付奨学金、青山学院スカラーシップなど。
  •  貸与型奨学金…青山学院万代奨学金

奨学金については、学費・奨学金課に問い合わせが可能である。

  • 問合せ先 学費・奨学金課
  • 所在地 〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4丁目4の25
    TEL(03)3409-7945

学生寮

 青山学院大学には、学生の経済的負担軽減、寮生相互の人間形成、交換留学生との交流を目的として、以下の学生寮がある。                                   

学生寮(相模原キャンパス)

 相模原キャンパスに隣接した場所にある男女共用寮である。

国際学生寮

 2017年4月開設され、武蔵小杉(神奈川県川崎市)と相模原(神奈川県相模原市)にある。

進路実績

進学・就職実績

2018年3月卒業者の主な就職先は全学部計で以下の通りである。

  • 日本航空39(男3・女36)
  • 全日本空輸35(男1・女34)
  • 三菱UFJ銀行28(男2・女26)
  • みずほフィナンシャルグループ23(男10・女13)
  • 楽天23(男8・女15)
  • 野村證券22(男13・女9)
  • あいおいニッセイ同和損害保険20(男7・女13)
  • 三井住友銀行19(男7・女12)
  • 三井住友海上火災保険19(男3・女16)
  • 地方公務員(特別区)18(男6・女12)
  • 三井住友信託銀行17(男7・女10)。

大学院・研究機関の概要

 青山学院大学には、数多くの研究室が再洗体の研究を行っている。

具体的には、文化学研究科・教育人間科学研究科・経済学研究科・法学研究科・経営学研究科・国際政治経済学研究科・総合文化政策学研究科・理工学研究科・社会情報学研究科がある。

大学の雰囲気/メリット

 青山学院大学の雰囲気として、現役の青山学院大学の学生から挙げられたのは、“キャンパスが都会にあり華やか”ということであった。世間が抱くおしゃれなイメージ通り、日本の中心地にあるキャンパスで、都心の立地を活かした学術研究をすることができるだろう。

参考;
  1. 青山学院大学HP
  2. Kei-Net

この記事を書いた人