初めてTOEICを受けたい!受ける頻度や対策などを徹底解説

資格試験

~abstraction~

近年あらゆる場面で注目されているTOEICのスコアですが,取得するべきなのはわかっていても、

「まだ受けるようなレベルではないからもうちょっときちんと準備してから…」

と、受験自体をためらう人も少なくありません。

そこで今日は、TOEICはためらうべき種類の資格試験ではないのだ、という点について力説したいと思います。

 

TOEICには合格・不合格がない

TOEICはきちんと準備をしてから臨むものではないと言える第一の理由に、TOEICには合格・不合格がないという点が挙げられます。

合格・不合格を設けていない、ということは、ボーダーラインに到達しているレベルかどうかで受験者を判断するのではなく、あくまで自然な状態で、点数でいうと990点満点中でおよそどのぐらいのレベルに自分が居るのかどうかを客観的に判断するための試験だということです。

つまり、スコアが低いからといって英語のレベルが低いということではなく、「客観的に今は日常会話は難なく行けるレベルだけれどビジネスレベルの会話になってくると少し補強が必要ですよ。」といった指針を得るために現在のレベルを確認する、ということなのです。

ですから、TOEICはとにかく受けてみないと話が始まらない、ということがよくお分かりいただけると思います。

まず、いま自分はどのステージに居てどのステージを目指したいのか。

そこから始めてみましょう。

TOEICはほぼ毎月開催している

次に、TOEICが他の語学系の資格試験と決定的に違う点は、ほぼ毎月開催しているという点です。

ほぼ毎月開催している、ということは、基本的にはその頻度に合わせて出来る限り毎回受験するのがベターだということです。

ほぼ毎月受験するとなると、どんな年齢の人でもじっくり対策をしてから受験する、ということは中々出来ないと思われますので、検定を主催している方も、あるいは検定を何らかの判断基準にしようとしている方も、それを期待していないということになります。

では何を期待しているのかというと、場数を踏んでコツをつかんだり、徐々に時間内に解答出来る問題数を増加させていって、最後は完答できるところまで情報処理能力をあげることに前向きに取り組む姿勢を期待しているのです

そしてその結果として(場数を踏んで慣れた結果として)TOEICのスコアも徐々にあがってくることは、TOEICのスコアを何らかの判断基準にしようとしている側はわかっているので、TOEICはスコア以上にその人を物語る、ということはそういうことだと思います。

したがって、これからTOEICを受けようとなさっているのなら、ぜひ時間が許す限り毎月受験しましょう。

対策が万全かどうかはあまり気にしなくて大丈夫です。

問題自体はそれほど難解なものではない

上記で述べて来たような判断基準のためにあるTOEICなので、時間をかけて万全な対策を必要としないだけあって、問題自体もそれほど難解といえるものではありません。

もちろん、中にはビジネスレベルの単語が使われている問題もありますが、単語がわからなくても文脈から正解を導くことが出来るように問題が作られています

それに、基本的には日常生活で必要なレベルの張り紙とかパンフレットとかレストランのメニューなどの比較的親しみやすいものが問題として出されますので、現に小学生でも何度か受験して慣れてくると、ビジネスマンが査定の評価のボーダーラインとなる640点を簡単に上回ってしまったりすることも珍しくありません。

ですからもし、何らかの対策をする時間が少しでも取れる状況なら、真面目に机に向かってガッツリ過去問を勉強するのではなく、英語で映画を視聴したり、英語の絵本や新聞、ホームページなどを見たり、外国人とメールのやり取りをしてみたりといった日常的な英語に『触れる』チャンスを増やしてみてください。

それだけで十分にスコアアップの効果が期待出来ます。

そして、それがTOEIC本来の存在意義なのです。

TOEICは語彙力より情報処理能力&ソフトスキル

これらのことを総合して考えると、TOEICは勉強としての英語力を判断するというよりも、その人の情報処理能力やソフトスキル(処世術?)を判断するものと言えると思います

これからの時代は、机に向かって真面目に読み書きをしたり、辞書とにらめっこして単語帳を作って知っている語彙の数を増やすことよりも、手早くやるべきことを片づけて、家族や仲間と楽しく遊びや食事に出かけたり、お得な情報を見逃さないとか、国を超えて高い交渉スキルを持つ、ということがより価値あるものとして見られるのだということでしょう。

そんな、今の時代を反映した資格試験がTOEICなのです。

さあ来月から、気軽にTOEICを受験してみませんか。

きっとあなたの付加価値としてだけでなく、目の前の世界がもっともっと開けるはずです。

この記事を書いた人